処理...
BASTNASITE RARE COLLECTOR SPECIMEN 269.10 CTS TBM-32
バストナサイトレアコレクター標本 269.10 CTS TBM-32
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

商品情報

寸法 (mm) 50 x 41 x 31んん
重量(カラット) 265 カラット
Type
  • Specimen
Treatment
  • No Treatment
処理...

 

 

 BASTNASITE SPECIMEN

PAKISTAN

    RARE SPECIMEN

  TREATMENT-NONE 


From Zagi Mountain in Pakistan , collectors pc with some of the finest quality and amazingly gemmy Bastnasite specimens. Typically the species forms in relatively thin blades and was never suitable enough for cutting stones. The new find in Pakistan has produced some very thick crystals for the species, many of which are of gem quality. The stones cut from some of these crystals are extremely rare and highly prized by collectors. They often have some sort of inclusions, and completely eye clean gems are very hard to find. This particular stone is a beautiful, golden orange color gem with a great cut. The stone is only very very slightly included, which is quite impressive for a stone this size. , and it appears that the locality might be dwindling as less and less Bastnsite comes out each year.

Mohs scale 4 to 4.5

Bastnäsite gets its name from its type locality, the Bastnäs Mine, Riddarhyttan, Västmanland, Sweden. Ore from the Bastnäs Mine led to the discovery of several new minerals and chemical elements by Swedish scientists such as Jöns Jakob Berzelius, Wilhelm Hisinger and Carl Gustav Mosander. Among these are the chemical elements cerium, which was described by Hisinger in 1803, and lanthanum in 1839. Hisinger, who was also the owner of the Bastnäs mine, chose to name one of the new minerals bastnäsit when it was first described by him in 1838.

 

 バストナサイト標本

パキスタン

    希少標本

 治療 - なし 


パキスタンのザギ山から、最高品質で驚くほど宝石のようなバストネサイトの標本を集めたコレクター PC。通常、種は比較的薄い刃で形成され、石を切るのに十分に適していませんでした.パキスタンでの新たな発見により、この種の非常に厚い結晶がいくつか生成され、その多くは宝石品質です。これらの結晶から切り出された石は非常に希少で、コレクターに高く評価されています。多くの場合、ある種のインクルージョンがあり、完全に目がきれいな宝石を見つけるのは非常に困難です。この特定の石は、素晴らしいカットの美しいゴールデン オレンジ色の宝石です。石はごくわずかしか含まれておらず、このサイズの石としては非常に印象的です。 、毎年出てくるバステンサイトがますます少なくなっているため、産地は減少しているようです.

モーススケール 4 ~ 4.5

バストネサイトは、タイプ産地であるバストネス鉱山、リッダルヒッタン、ヴェストマンランド、スウェーデンにちなんで名付けられました。バストネス鉱山の鉱石は、イェンス ヤコブ ベルツェリウス、ヴィルヘルム ヒシンガー、カール グスタフ モサンダーなどのスウェーデンの科学者によって、いくつかの新しい鉱物や化学元素の発見につながりました。これらの中には、1803 年に Hisinger によって記述された化学元素のセリウムと 1839 年にランタンがあります。Bastnäs 鉱山の所有者でもあった Hisinger は、新しい鉱物の 1 つを 2012 年に最初に記述したときに、 bastnäsitと名付けることを選びました。 1838年。

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

$1,300.00 USD
$3,300.00 保存 $2,000

監査情報

Gemstone Sheriffプログラムを使用すると、メンバーはオークションの監査を要求できます。監査は、アイテムの説明と写真の正確性を評価する独立したGemologistによって完了されます。

価格と詳細

オークションID 1003202
ウォッチャー 0ウォッチング
見た 2,233
スタート 10th Sep 2019 5:47pm PDT

配送と保険

プロバイダー 運送 トランジット
Express Shipping $40.00 7日
FedEx $40.00 7日
Standard Shipping - Tracked $30.00 14日
配送保険のすべてのプロバイダーの$44.00 (オプション)

あなたも好きかも