簡単
処理...
How To Buy Sapphires - The Definitive Buying Guide
サファイアの購入方法-決定的な購入ガイド
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

SAPPHIRE BUYING GUIDE

[Read Time: 12 minutes]

Summary

  • Just like Diamonds, Color, Cut, Clarity and Carat weight all affect the price
  • Unlike Diamonds, Sapphire Color is more important than anything else
  • Sapphire appeal is a very personal choice but it is important to understand what properties give them value

Purchasing a loose Sapphire or a piece of Sapphire jewelry can be very daunting because there is so much information out there on how to select the perfect stone. This article is going to guide you through what to look for and I will give you examples of real stones to make it easier.

Similar to Diamonds, the four C’s should be followed. However there are some very important differences to remember. In addition to the four C’s, the treatment and location of a Sapphire must always be considered. The four C’s are:

Color of Sapphire

Let’s get into it. Most people will know Sapphire as the beautiful blue gemstone that adorns the rings of celebrities and royals all over the world. But did you know Sapphire actually comes in every color of the rainbow. Blue, green, yellow, orange, purple, pink even a combination of colors. If a Sapphire is red, we give it a special name. It is called Ruby. To simplify things, we will be mostly talking about blue Sapphires in this article.

The first thing to always remember when buying a colored stone is that COLOR IS THE MOST IMPORTANT characteristic of a gem. When we talk about color, there are always three things we refer to.

Hue

This is the color of the stone that you see from the lighting flashes returning to your eyes. Generally Sapphires should be described by their primary and secondary hue. The best quality Sapphires will only have a primary hue of Blue. It is common to find Sapphires with more than one hue, for example violitsh Blue (Note when this is written the primary hue has a capital letter “Blue”, while the secondary has a small first letter, “violitish”)

color of a sapphire

Saturation

This refers to the amount of color present in the gem. Saturation is the most important aspect of color grading because it has the most direct affect on the final price for the stone. Too much saturation makes the stone look dark, while too little saturation makes the gem look greyish. The optimal saturation is Moderate to Strong.

Buying a sapphire - saturation

sapphire saturation

Tone

This is the relative lightness or darkness of the color of the stone. Stones that are too dark will not have brilliance, whereas stones that are too light will not show off the color of the stone. The optimal tone is Medium to Medium Dark.

Tone in a blue sapphire

sapphire tone

Note: You might notice that these three characteristics are all related. Lots of saturation can make the tone darker, while less saturation reduces the tone and can also introduce a secondary hue of grey.

How Color Affects The Price

So how does it affect the price? Well globally the best color for blue Sapphire is called Royal blue. It is a medium to dark tone blue with lots of saturation. This creates a beautiful deep vivid blue Sapphire that is highly sought after. However the popularity of Sapphire color can depend on where you live. For example here in Australia, the most popular Sapphire color is the cornflower blue Sapphire which is a vivd blue Sapphire with medium tone. This type of Sapphire is not as dark as the Royal blue kind.

sapphire types

Generally speaking, more saturation of color and deeper tone will push up the price of a Sapphire. However once the tone gets to a certain point, the stone begins to look dark. A dark stone will always be cheaper than a lighter colored stone.

There are two special colored Sapphires that deserve a mention.

Padparadscha Sapphire

This is beautiful pink – orange fancy sapphire and is considered one of the rarest types of Sapphire. It can fetch very high prices because of its rarity.

Padparadscha Sapphire

Pink Sapphire

For a long time it was one of the most popular and beautiful pink gemstones. While Pink Diamonds are now the first choice for pink stones, there are not many gemstones that can compete with the intense vivid pink of a pink Sapphire.

Pink sapphire

Clarity of Sapphire

Sapphire is classed as a Type I gemstone. This means that most commercial and fine grade Sapphires should be free from eye visible inclusions or imperfections. It is generally ok to have some inclusions visible under a jewelers loupe which has magnification.

The price of a Sapphire will reduce with the amount of visible inclusions. The location of the inclusions is also very important. If you can see a blemish right in the middle of the stone, that will detract from the beauty of the gem and will reduce the price. If there is a small inclusions on the edge of the stone a jeweller might be able to hide it under one of the claws that holds the stone in. In this case the inclusions would not reduce the value of the Sapphire.

sapphire clarity

Treatment of a Sapphire

Treatment is a word used to describe anything that has been done to the Sapphire outside of normal cutting. The known treatments for Sapphire are:

  • Untreated
  • Heated (This is traditional heat treatment)
  • Beryllium Treatment
  • Surface Diffusion
  • Fissure Filling With Glass

To learn more about Sapphires make sure you read the Sapphire Treatment article to understand how they change the stone.

In terms of price, the treatment of a stone will greatly affect the price. To put it simply, the most expensive and rare Sapphires will be untreated, most commercial Sapphires will be heat treated while the cheaper stones will be surface diffused or Beryllium treated. The cheapest Sapphires available on the market today are the fissure filled Sapphires that have cobalt glass in them to improve the color.

sapphire treatments

Cut of Sapphire

Apart from inclusions, the cut of the Sapphire will be the most obvious visual characteristic of the stone. Cut can influence the depth of color of the stone, the brilliance, the apparent size of the stone and the overall feel of the Sapphire. So what are the things to look for?

well cut sapphire from australia

Window or Fisheye

This is when the gemstone has been cut too shallow and the light is escaping the gemstone instead of being reflected back to the eye. A window looks exactly like that, a clear window with little to no color being returned. If you can read a newspaper through the table of your gemstone then it has a window.

sapphire with a window or fisheye

Symmetry

This is important for the overall feel of the stone. A stone that is meant to be round but is lopsided just doesn’t look pleasing to the eye. Oval stones should be perfectly oval and not lopsided.

lopsided oval cut sapphire

Offset Culet

This is part of symmetry but it does deserve its own mention. The culet is the pointy part at the bottom of the stone. If it is not perfectly in the middle of the stone then it can create a window depending on how it is viewed. It is common practice when cutting a Sapphire to offset the culet if there is an inclusions there to remove it.

offset culet in a sapphire from sri lanka

Carat Weight of a Sapphire

This is the last aspect of a Sapphire that can impact the cost of it. Large Sapphires are rare and therefor very expensive so it is the overall size of the stone that will increase its price. In the world of Sapphire, stones over 5cts are rare while stones above 15cts are very rare.

Imagine two stones that are the same in terms of color, clarity, treatment and cut, one is 1ct and one is 5cts. The per carat price of the 5ct stone will be much greater than the per carat price of the 1 ct stone simply because of the rarity.

Location or Origin of Sapphire

In most cases the origin of the stone will not have much a bearing on price. The most common locations that Sapphires come from are Sri Lanka (previously known as Ceylon), Madagascar, Australia, USA, Nigeria, Thailand, Vietnam, China, Cambodia, Kenya and Tanzania.

The only two locations that deserve a mention because they will greatly increase the price of a Sapphire is Burma and Kashmir. Fine quality Sapphires from these two locations are considered the best in the world and will fetch a premium simply because of where they come from.

At the end of the day, it doesn’t really matter what type of Sapphire you have as long as you are happy with the color. Every Sapphire is beautiful, rare and majestic and even though some Sapphires have been modified by man, nature has still had a huge part in creating these amazing gemstones.

Cheat Sheet For Refrence

how to buy sapphires

SHOP FOR SAPPHIRES

SAPPHIRE購入ガイド

[読み取り時間:12分]

概要

  • ダイヤモンドと同じように、カラー、カット、クラリティ、カラットの重量はすべて価格に影響します
  • ダイヤモンドとは異なり、サファイアカラーは何よりも重要です
  • サファイアの魅力は非常に個人的な選択ですが、どのプロパティがそれらに価値を与えるかを理解することが重要です

完璧な石を選ぶ方法についてはたくさんの情報があるので、ルーズサファイアサファイアジュエリーを購入するのは非常に困難な場合があります。この記事では、何を探すべきかを説明し、簡単にするために実際の石の例を示します。

ダイヤモンドと同様に、4つのCの後に続く必要があります。ただし、覚えておくべき非常に重要な違いがいくつかあります。 4つのCに加えて、サファイアの処理と場所を常に考慮する必要があります。 4つのCは次のとおりです。

サファイアの色

入りましょう。ほとんどの人は、サファイアを世界中の有名人や王族の指輪を飾る美しい青い宝石として知っています。しかし、サファイアは実際には虹のすべての色で提供されていることをご存知でしたか。青、緑、黄、オレンジ、紫、ピンクの色の組み合わせでも。サファイアが赤い場合は、特別な名前を付けます。それはRubyと呼ばれます。簡単にするために、この記事では主にブルーサファイアについて説明します。

色付きの石を購入するときに常に覚えておくべき最初のことは、色が宝石の最も重要な特徴であるということです。私たちが色について話すとき、私たちが言及することは常に3つあります。

色相

これは、あなたが目に戻ってくる照明のフラッシュから見える石の色です。一般的に、サファイアは一次色と二次色で説明する必要があります。最高品質のサファイアは、ブルーの主要な色合いのみを持ちます。 violitsh Blueなど、複数の色相を持つサファイアを見つけるのが一般的です(これが書かれている場合、プライマリの色相には大文字の「Blue」があり、セカンダリの色相には小さな最初の文字「violitish」があります)

サファイアの色

飽和

これは、宝石に存在する色の量を指します。彩度は、石の最終価格に最も直接的な影響を与えるため、カラーグレーディングの最も重要な側面です。彩度が多すぎると石が暗く見え、彩度が少なすぎると宝石が灰色がかったように見えます。最適な彩度は中程度から強いです。

サファイアの購入-飽和

サファイア飽和

トーン

これは、石の色の相対的な明るさまたは暗さです。暗すぎる石は輝きがありませんが、明るすぎる石は石の色を見せません。最適なトーンはミディアムからミディアムダークです。

ブルーサファイアのトーン

サファイアトーン

注:これらの3つの特性がすべて関連していることに気付くかもしれません。彩度が高いとトーンが暗くなり、彩度が低いとトーンが低下し、グレーの二次的な色相が生じる可能性があります。

色が価格に与える影響

それで、それは価格にどのように影響しますか?世界的に見て、ブルーサファイアの最高の色はロイヤルブルーと呼ばれています。彩度の高いミディアムからダークトーンのブルーです。これにより、非常に人気のある美しく深みのある鮮やかなブルーサファイアが作成されます。ただし、サファイアカラーの人気は、住んでいる場所によって異なります。たとえば、ここオーストラリアで最も人気のあるサファイアの色は、コーンフラワーブルーサファイアです。これは、ミディアムトーンの鮮やかなブルーサファイアです。このタイプのサファイアは、ロイヤルブルーの種類ほど暗くはありません。

サファイアの種類

一般的に言えば、色の彩度が高く、色調が深いと、サファイアの価格が上昇します。しかし、トーンが特定のポイントに達すると、石は暗く見え始めます。暗い石は常に明るい色の石よりも安くなります。

言及に値する2つの特別な色のサファイアがあります。

パパラチャサファイア

これは美しいピンク–オレンジのファンシーサファイアで、最も希少なタイプのサファイアの1つと見なされています。それはその希少性のために非常に高い価格を取得することができます。

パパラチャサファイア

ピンクサファイア

長い間、それは最も人気があり、美しいピンクの宝石の1つでした。ピンクダイヤモンドは現在ピンクストーンの最初の選択肢ですが、ピンクサファイアの濃い鮮やかなピンクと競争できる宝石は多くありません。

ピンクサファイア

サファイアの透明度

サファイアはタイプIの宝石に分類されます。これは、ほとんどの市販および高級グレードのサファイアには、目に見える介在物や欠陥があってはならないことを意味します。一般的に、拡大されたジュエラールーペの下にいくつかのインクルージョンが表示されていても問題ありません。

サファイアの価格は、目に見える含有物の量とともに減少します。インクルージョンの場所も非常に重要です。石の真ん中に傷が見られると、宝石の美しさが損なわれ、価格が下がります。石の端に小さなインクルージョンがある場合、宝石商は石を保持している爪の1つの下にそれを隠すことができるかもしれません。この場合、インクルージョンはサファイアの価値を低下させません。

サファイアの透明度

サファイアの処理

トリートメントとは、通常のカッティング以外でサファイアに行われたことを表すために使用される言葉です。サファイアの既知の治療法は次のとおりです。

  • 未処理
  • 加熱(これは伝統的な熱処理です)
  • ベリリウム治療
  • 表面拡散
  • ガラスで埋める亀裂

サファイアの詳細については、サファイアトリートメントの記事を読んで、石がどのように変化するかを理解してください。

価格的には、石の扱いが価格に大きく影響します。簡単に言えば、最も高価で希少なサファイアは未処理で、ほとんどの市販のサファイアは熱処理され、安価な石は表面拡散またはベリリウム処理されます。今日の市場で入手可能な最も安価なサファイアは、色を改善するためにコバルトガラスを含む亀裂が充填されたサファイアです。

サファイアトリートメント

サファイアのカット

インクルージョンは別として、サファイアのカットは石の最も明白な視覚的特徴になります。カットは、石の色の深さ、輝き、石の見かけのサイズ、サファイアの全体的な感触に影響を与える可能性があります。それで、探すべきものは何ですか?

オーストラリア産のよくカットされたサファイア

ウィンドウまたはフィッシュアイ

これは、宝石のカットが浅すぎて、光が反射して目に戻るのではなく、宝石から逃げている場合です。ウィンドウはそのように見え、色がほとんどまたはまったく返されない透明なウィンドウです。あなたがあなたの宝石のテーブルを通して新聞を読むことができるならば、それは窓を持っています。

窓または魚眼レンズ付きサファイア

対称

これは、石の全体的な感触にとって重要です。丸いはずなのに偏っている石は、見た目が良くないだけです。楕円形の石は完全に楕円形で、偏っていてはなりません。

偏った楕円形のカットサファイア

オフセットキューレット

これは対称性の一部ですが、それ自体が言及に値します。キューレットは石の底のとがった部分です。石の真ん中に完全に収まっていない場合は、見方によっては窓ができます。サファイアをカットするときに、それを取り除くための介在物がある場合は、キューレットをオフセットするのが一般的な方法です。

スリランカ産サファイアのオフセットキューレット

サファイアのカラット重量

これは、サファイアのコストに影響を与える可能性のある最後の側面です。大きなサファイアはまれであるため非常に高価であるため、石全体のサイズが価格を上昇させます。サファイアの世界では、5カラットを超える石はまれですが、15カラットを超える石は非常にまれです。

色、透明度、処理、カットの点で同じ2つの石を想像してみてください。1つは1カラット、もう1つは5カラットです。 5カラットの石のカラットあたりの価格は、単に希少性のために、1カラットの石のカラットあたりの価格よりもはるかに高くなります。

サファイアの場所または起源

ほとんどの場合、石の起源は価格にあまり影響を与えません。サファイアが由来する最も一般的な場所は、スリランカ(以前はセイロンとして知られていました)、マダガスカル、オーストラリア、米国、ナイジェリア、タイ、ベトナム、中国、カンボジア、ケニア、タンザニアです。

サファイアの価格が大幅に上昇するため、言及に値するのはビルマとカシミールの2か所だけです。これらの2つの場所からの高品質のサファイアは、世界で最高と見なされており、それらがどこから来たのかという理由だけでプレミアムを獲得します。

結局のところ、色に満足している限り、どのタイプのサファイアを使用していてもかまいません。すべてのサファイアは美しく、希少で荘厳であり、一部のサファイアは人によって改造されていますが、自然はこれらの素晴らしい宝石の作成に大きな役割を果たしてきました。

参照用のチートシート

サファイアの購入方法

サファイアを購入する

このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

17人々はこの記事が役に立ったと感じました

コメント

Maryannanddarryl

thank you very much for this!!!  I have been so frustrated and this was great!

21st May 2019
Mamia

Thanks very informative

23rd Nov 2018
Yannick

Tks so much

29th Jul 2017
Drewshedwick

Good basic info for the beginner, (like me).

16th May 2017
Mduem

Awesome info, thanks!

19th Jul 2016
A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
83記事
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
63記事
Birthstones By Month

Birthstones By Month

Our list of birthstones by month will help you understand what each birthstone means and why they make thoughtful and beautiful gifts.
13記事
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
73記事
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
2記事
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
3記事
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
14記事
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
11記事
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
52記事
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
37記事