簡単
処理...
What Is The Difference Between Spectrolite and Labradorite?
SpectroliteとLabradoriteの違いは何ですか?
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

What Is The Difference Between Spectrolite and LabradoriteDo you love seeing rainbows after a storm? Well, imagine holding one in your hand. With labradorite and spectrolite, you can.

These stones are semi-precious gems that have a dark base but iridescent color play. While they don’t display the same range of colors, they’re technically the same stone. Both possess unique properties that are used for protection and strength.

If you’re wondering about the difference between spectrolite and labradorite, come along as we break it all down for you!

What is Labradorite?

Labradorite is a gemstone originally discovered in Labrador, Canada. Clever name, right?

Oddly, though, these stones aren’t native to Canada — they come from around the world, including the U.S. Many enthusiasts peruse the Adirondack Mountains searching for labradorites. However, the highest quality gems come from Madagascar.

It’s impossible to deny the appeal of this gemstone’s magnificent colors. Labradorites have a gray or black base but reflect an iridescent array of colors. This phenomenon has been studied and even given the name “labradorescence.”

Why do they appear this way? Well, when light enters, it reflects from a “twinning” surface inside the stone, instead of the actual surface of the stone. Similar effects show up on moonstones and sunstones.

Most labradorites will have shades of blue or green, often with yellow or gold. If you’re lucky, you’ll find one with warm tones, like pink or orange.

The best way to find these tones is by looking at labradorite’s Finnish sister: spectrolite.
Labradorite

What is Spectrolite?

Spectrolite is a form of labradorite only found in Finland. The name “spectrolite” is actually a brand name, or trade name, of labradorites mined there. The name comes from the wide spectrum of colors it displays.

Places like Canada or Madagascar almost always turn out blue, gray, or green labradorites. Finland’s spectrolites, on the other hand, add a range of pinks, purples, oranges, and reds on top of the blues and greens.

What’s the difference between spectrolite and labradorite? It mostly has to do with the base. Both labradorites and spectrolites have dark base colors, but labradorite’s base is more transparent and spectrolite’s base is more opaque. Other than that, origin is the primary differentiation between the two.

Spectrolite is also rare and high-quality, making it a valuable commodity. The deposit where it was first discovered, in Ylämaa, has since become a gem center for training and tourism.

Before you buy your tickets to Finland, however, you might want to know what these gemstones mean. Let’s discuss!
spectrolite

Spectrolite and Labradorite Meaning

The meanings behind spectrolite and labradorite are rooted in their iridescence, much like their popularity. Their dark surface with rays of color shining below has mostly come to symbolize protection and transformation.

Let’s dive further into these meanings.

  • Labradorite is a stone of protection and wisdom. Mostly associated with the mind, many use labradorite to raise their self-awareness or lower their self-doubt. The gem is believed to protect against negativity, both internal and external. Things that drain our energy, like the monotony of routine, are replaced with energy for finding solutions.

  • Spectrolite’s meaning is more mystical. The stone symbolizes healing and transformation, but these don’t actually come from the stone itself. Instead, spectrolite is believed to help you find answers within yourself. One way this can happen is by making you feel more confident in your intellect and inspiring original ideas or solutions. The other way is by bringing out any existing psychic powers, like clairvoyance or visions.

Gemstones are commonly used for metaphysical purposes, especially by shamans. The meanings of labradorite and spectrolite, for shamans, also tie back to the color. The dark surface hiding glowing colors underneath symbolizes the unseen spiritual realm.

So, we know there’s significant symbolism with each gem, what other potent properties accompany them?

Unique Properties of Each Stone

Labradorite is often known as the matriarch of the subconscious. This means that the stone can help you access lost memories and interpret their meaning! Additionally, labradorite is used to bring out the best in those who wear it. By reducing feelings of shame, it encourages you to believe in yourself and your abilities. We could all use a little more of that!

Spectrolite is also used to increase self-confidence, but it does so by helping you discover a deeper spiritual connection to the world. It’s believed to balance and protect your aura, allowing for travel between realms. One way this property is harnessed is by placing the stone under one’s pillow before attempting lucid dreaming. A more casual method is wearing it throughout the day to equip yourself with a sense of confidence and potential.

How Are They Similar?

We’ve looked at the differences between spectrolite and labradorite, but do they share any similarities? They sure do!

Chemical Composition

Labradorite and spectrolite are both in the feldspar mineral family.

The feldspar mineral family is a group of rock-forming minerals that crystallize from lava. After crystallizing, they show up as veins in different types of metamorphic or sedimentary rocks. Another gemstone that comes out this way is moonstone, which looks similar but only shows blue or white internal iridescence (adularescence).

Durability

The two stones both have a hardness of 6 to 6.5 on the Mohs scale. For reference, that means they’re weaker than quartz but stronger than glass. Like glass, though, labradorites and spectrolites both have asymmetrical structures. This structure is uncommon in gemstones.

Zodiac Signs

Labradorite and spectrolite both tie to the zodiac signs Leo, Scorpio, and Sagittarius. They’re also associated with the planet Uranus, which represents the ability to handle life’s ever-present challenges.

Recap Of Key Differences Between Spectrolite and Labradorite

While spectrolite is technically a variety of labradorite, the two stones differ in their origin, value, and appearance. Let’s go into more detail.

  • Origin: As you know now, labradorite was discovered in Canada while spectrolite was discovered in Finland. Labradorite was also discovered over 150 years before spectrolite, in 1770.

  • Value: Both labradorite and spectrolite are considered semi-precious gems, but spectrolite is rarer than labradorite. It’s also a higher quality gem, so spectrolite is a brand name and thus, more expensive than labradorite.

  • Appearance: Aside from the obvious color differences, spectrolite’s colors show higher labradorescence. The contrast on spectrolite is also more pronounced, with sharp lines distinguishing between colors. Labradorite colors blend into each other more due to labradorite's lighter, translucent base versus spectrolite’s darker, opaque one.

Many love these gemstones for their protective qualities, but most are just captivated by the holographic beauty. Every angle can reveal a new color, so these are sure to turn heads. Whether you use them in your home, jewelry, or spiritual practices, labradorite and spectrolite remind us that true beauty and strength come from within… all we have to do is look inward!

SHOP FOR LABRADORITE



SpectroliteとLabradoriteの違いは何ですか嵐の後で虹を見ることは好きですか?さて、あなたの手でそれを持っていると想像してください。ラブラドライトとスペクトロライトで、それができます。

これらの石は、土台が暗いが、玉虫色の遊びがある半貴石です。彼らは同じ色の範囲を表示しませんが、技術的には同じ石です。どちらも保護と強度のために使用されるユニークな特性を持っています。

スペクトロライトとラブラドライトの違いについて疑問に思っている場合は、私たちがそれをすべて分解してくれるので、是非ご利用ください!

ラブラドライトとは何ですか?

ラブラドライトは 、カナダのラブラドールで最初に発見された宝石です。賢い名前ですね

しかし、奇妙なことに、これらの石はカナダ原産ではありません。それらは、米国を含む世界中から来ています。多くの愛好家が、ラブロドライトを探しているアディロンダック山脈を熟読しています。ただし、最高品質の宝石はマダガスカル産です。

この宝石の素晴らしい色の魅力を否定することは不可能です。ラブラドライトのベースは灰色または黒色ですが、虹色の色の配列を反映しています。この現象は研究されており、「ラブラドレッセンス」という名前が付けられています。

なぜ彼らはこのように見えるのですか?まあ、光が入ると、光は石の実際の表面ではなく、石の内側の「双子」の表面から反射します。同様の効果がムーンストーンとサンストーンに現れます。

ほとんどのラブラドライトは青または緑の色合いをしており、多くの場合黄色または金色です。運が良ければ、ピンクやオレンジのような暖色系のものが見つかります。

これらのトーンを見つける最良の方法は、ラブラドライトのフィンランドの姉妹であるスペクトロライトを調べることです。
ラブラドライト

Spectroliteとは何ですか?

Spectroliteは、フィンランドでのみ見られるラブラドライトの一種です。 「スペクトロライト」という名前は、実際にそこに採掘されたラブラドライトのブランド名または宝石学名です。その名前は、表示する色の幅広いスペクトルに由来しています。

カナダやマダガスカルのような場所では、ほとんどの場合、青、灰色、または緑のラブラドライトが見られます。一方、フィンランドの分光器は、青と緑の上にピンク、紫、オレンジ、赤の範囲を追加します。

スペクトロライトとラブラドライトの違いは何ですか?それは主にベースに関係しています。ラブラドライトとスペクトロライトの両方のベース色は暗いですが、ラブラドライトのベースはより透明で、スペクトロライトのベースはより不透明です。それ以外に、起源は両者の主な違いです。

スペクトロライトも希少で高品質で貴重な商品です。 Ylämaaで最初に発見された鉱床は、訓練と観光の宝石センターになっています。

ただし、フィンランドへのチケットを購入する前に、これらの宝石の意味を知りたいと思うかもしれません。話し合いましょう!
スペクトロライト

スペクトロライトとラブラドライトの意味

スペクトロライトとラブラドライトの背後にある意味は、人気と同じように彼らの虹色に根ざしています。下に輝く色の光線を持つ彼らの暗い表面は、保護と変容を象徴するようになりました。

これらの意味についてさらに詳しく見てみましょう。

  • ラブラドライトは保護と知恵の石です。ほとんどが心に関連しており、多くの人はラブラドライトを使用して、自己認識を高めたり、自己疑念を減らしたりしています。宝石は、内部または外部の両方の否定から保護すると信じられています。日常の単調さなど、エネルギーを消耗するものは、解決策を見つけるためのエネルギーに置き換えられます。

  • Spectroliteの意味はより神秘的です。石は治癒と変容を象徴しますが、これらは実際には石自体に由来するものではありません。その代わり、スペクトロライトはあなたが自分の中で答えを見つけるのを助けると信じられています。これが発生する可能性のある1つの方法は、自分の知性に自信を持たせること、元のアイデアや解決策を刺激することです。もう1つの方法は、透視やビジョンなどの既存の超能力を引き出すことです。

宝石は、特にシャーマンによって形而上学の目的で一般的に使用されます。シャーマンにとってのラブラドライトとスペクトロライトの意味も、色に結びついています。その下にある輝く色を隠す暗い表面は、目に見えない精神的な領域を象徴しています。

それで、私たちは各宝石に重要な象徴があることを知っています、それらに他のどんな強力な特性が伴うのですか?

各石のユニークな特性

ラブラドライトは、潜在意識の母系としてよく知られています。これは、石が失われた思い出にアクセスし、その意味を解釈するのに役立つことを意味します!さらに、ラブラドライトはそれを着る人に最高のものを引き出すために使用されます。恥の感情を減らすことによって、それはあなた自身とあなたの能力を信じることを奨励します。私たちはそれをもう少し使うことができました!

Spectroliteは自信を高めるためにも使用されますが、それはあなたが世界へのより深い精神的なつながりを発見するのを助けることによってそうします。それはあなたのオーラのバランスを取り、保護し、領域間の旅行を可能にするものと信じられています。この特性を利用する1つの方法は、明快な夢を見ようとする前に、枕の下に石を置くことです。よりカジュアルな方法は、自信と可能性を身に付けるために1日中身につけることです。

それらはどのように似ていますか?

スペクトロライトとラブラドライトの違いを見てきましたが、類似点はありますか?彼らは確かにやる!

化学成分

ラブラドライトとスペクトロライトはどちらも長石と呼ばれる鉱物ファミリーに属しています。

これは、溶岩から結晶化する造岩鉱物のグループです。結晶化した後、それらは異なるタイプの変成岩または堆積岩の脈として現れます。この方法で出てくるもう1つの宝石はムーンストーンです。これは似ていますが、青または白しか表示されません。

耐久性

2つの石の硬度はいずれもモーススケールで6〜6.5です。参考までに、石英よりも弱いがガラスよりは強いということです。しかしガラスのように、ラブラドライトとスペクトロライトはどちらも非対称の構造を持っています。この構造は宝石では珍しいです。

干支

ラブラドライトとスペクトロライトは、どちらも星座のレオ、さそり座、射手座に関連しています。それらは、天王星とも関連しています。これは、生命の常に存在する課題を処理する能力を表しています。

SpectroliteとLabradoriteの主な違いの要約

スペクトロライトは技術的にはさまざまなラブラドライトですが、2つの石の起源、価値、外観は異なります。さらに詳しく見ていきましょう。

  • 起源:ご存じのように、ラブラドライトはカナダで発見され、スペクトロライトはフィンランドで発見されました。ラブラドライトは、1770年にスペクトロライトの150年以上前にも発見されました。

  • 値:ラブラドライトとスペクトロライトはどちらも半貴石と見なされますが、スペクトラライトはラブラドライトよりもまれです。また、高品質の宝石なので、スペクトロライトはブランド名であり、したがって、ラブラドライトよりも高価です。

  • 外観:明らかな色の違いは別として、スペクトロライトの色はより高いラブラドレッセンスを示します。スペクトロライトのコントラストもよりはっきりしており、色を区別するための粗い線があります。ラブラドライトの色は、青色のベースとスペクトロライトの不透明なベースが混ざり合っているため、互いに混ざり合っています。

多くの人々はこれらの宝石を保護特性で愛していますが、ほとんどはホログラフィックの美しさに魅了されています。すべての角度で新しい色が現れる可能性があるため、これらは必ず頭を向けます。家、宝石、または精神的な習慣でそれらを使用するかどうかにかかわらず、ラブラドライトとスペクトロライトは、真の美しさと強さは内面から生まれることを思い出させます...

ラブラドライトを購入



このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

1人がこの記事が役に立ったと感じました

Gemstone Encyclopedia検索

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
180記事
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
64記事
Birthstones By Month

Birthstones By Month

Our list of birthstones by month will help you understand what each birthstone means and why they make thoughtful and beautiful gifts.
13記事
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
82記事
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
2記事
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
3記事
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
15記事
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
11記事
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
53記事
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
37記事