処理...
Privacy Policy
個人情報保護方針
このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

処理...

Overview

Data protection is of highest priority for us here at {{site_name}}. The use of our website is possible without any indication of personal data; however, if a data subject wants to use special enterprise services via our website, processing of personal data could become necessary. If the processing of personal data is necessary and there is no statutory basis for such processing, we generally obtain consent from the data subject.

The processing of personal data, such as the name, address, email address, or telephone number of a data subject shall always be in line with the General Data Protection Regulation (GDPR), and in accordance with the country-specific data protection regulations applicable to us. By means of this data protection policy, we would like to inform the general public of the nature, scope, and purpose of the personal data we collect, use and process. Furthermore, data subjects are informed, by means of this data protection declaration, of the rights to which they are entitled.

As the controller, we have implemented numerous technical and organizational measures to ensure the most complete protection of personal data processed through this website. However, Internet-based data transmissions may in principle have security gaps, so absolute protection may not be guaranteed. Name and Address of the controller Controller for the purposes of the General Data Protection Regulation (GDPR), other data protection laws applicable in Member states of the European Union and other provisions related to data protection is:

  • BUSINESS NAME : My Gem Pty Ltd
  • ADDRESS : 23 Surfers Avenue
  • POSTAL CODE & CITY : Mermaid Waters, 4218
  • COUNTRY : Australia
  • PHONE :  +61 418 151 227
  • CONTACT EMAIL :  opals@hotmail.com

Definitions

This data protection declaration is based on the terms used by the European legislator for the adoption of the General Data Protection Regulation (GDPR). Our data protection declaration should be legible and understandable to the general public, as well as to our customers and business partners. To ensure this, we would like to first explain the terminology used. In this data protection declaration, we use the following terms: 

a.) Personal data Personal data means any information relating to an identified or identifiable natural person (“data subject”). An identifiable natural person is one who can be identified, directly or indirectly, in particular by reference to an identifier such as a name, an identification number, location data, an online identifier or to one or more factors specific to the physical, physiological, genetic, mental, economic, cultural or social identity of that natural person. 

b.) Data subject Data subject is any identified or identifiable natural person, whose personal data is processed by the controller responsible for the processing. 

c.) Processing Processing is any operation or set of operations which is performed on personal data or on sets of personal data, whether or not by automated means, such as collection, recording, organisation, structuring, storage, adaptation or alteration, retrieval, consultation, use, disclosure by transmission, dissemination or otherwise making available, alignment or combination, restriction, erasure or destruction. 

d.) Restriction of processing Restriction of processing is the marking of stored personal data with the aim of limiting their processing in the future. 

e.) Profiling Profiling means any form of automated processing of personal data consisting of the use of personal data to evaluate certain personal aspects relating to a natural person, in particular to analyse or predict aspects concerning that natural person’s performance at work, economic situation, health, personal preferences, interests, reliability, behaviour, location or movements. 

f.) Pseudonymisation Pseudonymisation is the processing of personal data in such a manner that the personal data can no longer be attributed to a specific data subject without the use of additional information, provided that such additional information is kept separately and is subject to technical and organisational measures to ensure that the personal data are not attributed to an identified or identifiable natural person. 

g.) Controller or controller responsible for the processing Controller or controller responsible for the processing is the natural or legal person, public authority, agency or other body which, alone or jointly with others, determines the purposes and means of the processing of personal data; where the purposes and means of such processing are determined by Union or Member State law, the controller or the specific criteria for its nomination may be provided for by Union or Member State law. 

h.) Processor Processor is a natural or legal person, public authority, agency or other body which processes personal data on behalf of the controller. 

i.) Recipient Recipient is a natural or legal person, public authority, agency or another body, to which the personal data are disclosed, whether a third party or not. However, public authorities which may receive personal data in the framework of a particular inquiry in accordance with Union or Member State law shall not be regarded as recipients; the processing of those data by those public authorities shall be in compliance with the applicable data protection rules according to the purposes of the processing. 

j.) Third party Third party is a natural or legal person, public authority, agency or body other than the data subject, controller, processor and persons who, under the direct authority of the controller or processor, are authorised to process personal data. 

k.) Consent Consent of the data subject is any freely given, specific, informed and unambiguous indication of the data subject’s wishes by which he or she, by a statement or by a clear affirmative action, signifies agreement to the processing of personal data relating to him or her.

Cookies

Our website uses cookies. Cookies are text files that are stored in a computer system via an Internet browser.

Many Internet sites and servers use cookies. Many cookies contain a cookie ID. A cookie ID is a unique identifier of the cookie. It consists of a character string through which Internet pages and servers can be assigned to the specific Internet browser in which the cookie was stored. This allows visited Internet sites and servers to differentiate the individual browser of the data subject from other Internet browsers that contain other cookies. A specific Internet browser can be recognized and identified using the unique cookie ID.

Through the use of cookies, we can provide the users of this website with more user-friendly services that would not be possible without the cookie setting.

By means of a cookie, the information and offers on our website can be optimized with the user in mind. Cookies allow us, as previously mentioned, to recognize our website users. The purpose of this recognition is to make it easier for users to utilize our website. The website user that uses cookies, e.g. does not have to enter access data each time the website is accessed, because this is taken over by the website, and the cookie is thus stored on the user’s computer system. Another example is the cookie of a shopping cart in an online shop. The online store remembers the articles that a customer has placed in the virtual shopping cart via a cookie. The data subject may, at any time, prevent the setting of cookies through our website by means of a corresponding setting of the Internet browser used, and may thus permanently deny the setting of cookies. Furthermore, already set cookies may be deleted at any time via an Internet browser or other software programs. This is possible in all popular Internet browsers. If the data subject deactivates the setting of cookies in the Internet browser used, not all functions of our website may be entirely usable.

Collection of general data and information

Our website collects a series of general data and information when a data subject or automated system calls up the website. This general data and information are stored in the server log files. Collected may be (1) the browser types and versions used, (2) the operating system used by the accessing system, (3) the website from which an accessing system reaches our website (so-called referrers), (4) the sub-websites, (5) the date and time of access to the Internet site, (6) an Internet protocol address (IP address), (7) the Internet service provider of the accessing system, and (8) any other similar data and information that may be used in the event of attacks on our information technology systems.

When using these general data and information, we do not draw any conclusions about the data subject. Rather, this information is needed to (1) deliver the content of our website correctly, (2) optimize the content of our website as well as its advertisement, (3) ensure the long-term viability of our information technology systems and website technology, and (4) provide law enforcement authorities with the information necessary for criminal prosecution in case of a cyber-attack. Therefore, we analyze anonymously collected data and information statistically, with the aim of increasing the data protection and data security of our enterprise, and to ensure an optimal level of protection for the personal data we process. The anonymous data of the server log files are stored separately from all personal data provided by a data subject.

Special protection of children’s personal data

Children merit specific protection with regard to their personal data, as they may be less aware of the risks, consequences and safeguards concerned and their rights in relation to the processing of personal data. Such specific protection should, in particular, apply to the use of personal data of children for the purposes of marketing or creating personality or user profiles and the collection of personal data with regard to children when using services offered directly to a child. The consent of the holder of parental responsibility should not be necessary in the context of preventive or counselling services offered directly to a child.

Rights of the data subject

a.) Right of confirmation Each data subject shall have the right granted by the European legislator to obtain from the controller the confirmation as to whether or not personal data concerning him or her are being processed. If a data subject wishes to avail himself of this right of confirmation, he or she may, at any time, contact any employee of the controller. 

b.) Right of access Each data subject shall have the right granted by the European legislator to obtain from the controller free information about his or her personal data stored at any time and a copy of this information. Furthermore, the European directives and regulations grant the data subject access to the following information:

  1. the purposes of the processing;
  2. the categories of personal data concerned;
  3. the recipients or categories of recipients to whom the personal data have been or will be disclosed, in particular recipients in third countries or international organisations;
  4. where possible, the envisaged period for which the personal data will be stored, or, if not possible, the criteria used to determine that period;
  5. the existence of the right to request from the controller rectification or erasure of personal data, or restriction of processing of personal data concerning the data subject, or to object to such processing;
  6. the existence of the right to lodge a complaint with a supervisory authority;
  7. where the personal data are not collected from the data subject, any available information as to their source;
  8. the existence of automated decision-making, including profiling, referred to in Article 22(1) and (4) of the GDPR and, at least in those cases, meaningful information about the logic involved, as well as the significance and envisaged consequences of such processing for the data subject.

Furthermore, the data subject shall have a right to obtain information as to whether personal data are transferred to a third country or to an international organisation. Where this is the case, the data subject shall have the right to be informed of the appropriate safeguards relating to the transfer.

If a data subject wishes to avail himself of this right of access, he or she may, at any time, contact any employee of the controller. 

c.) Right to rectification Each data subject shall have the right granted by the European legislator to obtain from the controller without undue delay the rectification of inaccurate personal data concerning him or her. Taking into account the purposes of the processing, the data subject shall have the right to have incomplete personal data completed, including by means of providing a supplementary statement.

If a data subject wishes to exercise this right to rectification, he or she may, at any time, contact any employee of the controller. 

d.) Right to erasure (Right to be forgotten) Each data subject shall have the right granted by the European legislator to obtain from the controller the erasure of personal data concerning him or her without undue delay, and the controller shall have the obligation to erase personal data without undue delay where one of the following grounds applies, as long as the processing is not necessary:

  1. The personal data are no longer necessary in relation to the purposes for which they were collected or otherwise processed.
  2. The data subject withdraws consent to which the processing is based according to point (a) of Article 6(1) of the GDPR, or point (a) of Article 9(2) of the GDPR, and where there is no other legal ground for the processing.
  3. The data subject objects to the processing pursuant to Article 21(1) of the GDPR and there are no overriding legitimate grounds for the processing, or the data subject objects to the processing pursuant to Article 21(2) of the GDPR.
  4. The personal data have been unlawfully processed.
  5. The personal data must be erased for compliance with a legal obligation in Union or Member State law to which the controller is subject.
  6. The personal data have been collected in relation to the offer of information society services referred to in Article 8(1) of the GDPR.

If one of the aforementioned reasons applies, and a data subject wishes to request the erasure of personal data stored by us, he or she may, at any time, contact any employee of the controller. An employee shall promptly ensure that the erasure request is complied with immediately. Contact can be made by opening a support ticket.

Where the controller has made personal data public and is obliged pursuant to Article 17(1) to erase the personal data, the controller, taking account of available technology and the cost of implementation, shall take reasonable steps, including technical measures, to inform other controllers processing the personal data that the data subject has requested erasure by such controllers of any links to, or copy or replication of, those personal data, as far as processing is not required. An employee will arrange the necessary measures in individual cases. 

e.) Right of restriction of processing Each data subject shall have the right granted by the European legislator to obtain from the controller restriction of processing where one of the following applies: The accuracy of the personal data is contested by the data subject, for a period enabling the controller to verify the accuracy of the personal data. The processing is unlawful and the data subject opposes the erasure of the personal data and requests instead the restriction of their use instead. The controller no longer needs the personal data for the purposes of the processing, but they are required by the data subject for the establishment, exercise or defence of legal claims. The data subject has objected to processing pursuant to Article 21(1) of the GDPR pending the verification whether the legitimate grounds of the controller override those of the data subject. If one of the aforementioned conditions is met, and a data subject wishes to request the restriction of the processing of personal data stored us, he or she may at any time contact any employee of the controller. The employee will arrange the restriction of the processing. 

f.) Right to data portability Each data subject shall have the right granted by the European legislator, to receive the personal data concerning him or her, which was provided to a controller, in a structured, commonly used and machine-readable format. He or she shall have the right to transmit those data to another controller without hindrance from the controller to which the personal data have been provided, as long as the processing is based on consent pursuant to point (a) of Article 6(1) of the GDPR or point (a) of Article 9(2) of the GDPR, or on a contract pursuant to point (b) of Article 6(1) of the GDPR, and the processing is carried out by automated means, as long as the processing is not necessary for the performance of a task carried out in the public interest or in the exercise of official authority vested in the controller.

Furthermore, in exercising his or her right to data portability pursuant to Article 20(1) of the GDPR, the data subject shall have the right to have personal data transmitted directly from one controller to another, where technically feasible and when doing so does not adversely affect the rights and freedoms of others.

In order to assert the right to data portability, the data subject may at any time contact any employee. 

g.) Right to object Each data subject shall have the right granted by the European legislator to object, on grounds relating to his or her particular situation, at any time, to processing of personal data concerning him or her, which is based on point (e) or (f) of Article 6(1) of the GDPR. This also applies to profiling based on these provisions.

We shall no longer process the personal data in the event of the objection, unless we can demonstrate compelling legitimate grounds for the processing which override the interests, rights and freedoms of the data subject, or for the establishment, exercise or defence of legal claims.

If we process personal data for direct marketing purposes, the data subject shall have the right to object at any time to processing of personal data concerning him or her for such marketing. This applies to profiling to the extent that it is related to such direct marketing. If the data subject objects to the processing for direct marketing purposes, we will no longer process the personal data for these purposes.

In addition, the data subject has the right, on grounds relating to his or her particular situation, to object to processing of personal data concerning him or her for scientific or historical research purposes, or for statistical purposes pursuant to Article 89(1) of the GDPR, unless the processing is necessary for the performance of a task carried out for reasons of public interest. In order to exercise the right to object, the data subject may contact any employee. In addition, the data subject is free in the context of the use of information society services, and notwithstanding Directive 2002/58/EC, to use his or her right to object by automated means using technical specifications. 

h.) Automated individual decision-making, including profiling Each data subject shall have the right granted by the European legislator not to be subject to a decision based solely on automated processing, including profiling, which produces legal effects concerning him or her, or similarly significantly affects him or her, as long as the decision (1) is not is necessary for entering into, or the performance of, a contract between the data subject and a data controller, or (2) is not authorised by Union or Member State law to which the controller is subject and which also lays down suitable measures to safeguard the data subject’s rights and freedoms and legitimate interests, or (3) is not based on the data subject’s explicit consent.

If the decision (1) is necessary for entering into, or the performance of, a contract between the data subject and a data controller, or (2) it is based on the data subject’s explicit consent, we shall implement suitable measures to safeguard the data subject’s rights and freedoms and legitimate interests, at least the right to obtain human intervention on the part of the controller, to express his or her point of view and contest the decision.

If the data subject wishes to exercise the rights concerning automated individual decision-making, he or she may, at any time, contact any employee. i.) Right to withdraw data protection consent Each data subject shall have the right granted by the European legislator to withdraw his or her consent to processing of his or her personal data at any time.

If the data subject wishes to exercise the right to withdraw the consent, he or she may, at any time, contact any employee.

Legal basis for the processing

Art. 6(1) lit. a GDPR serves as the legal basis for processing operations for which we obtain consent for a specific processing purpose. If the processing of personal data is necessary for the performance of a contract to which the data subject is party, as is the case, for example, when processing operations are necessary for the supply of goods or to provide any other service, the processing is based on Article 6(1) lit. b GDPR. The same applies to such processing operations which are necessary for carrying out pre-contractual measures, for example in the case of inquiries concerning our products or services. Is our company subject to a legal obligation by which processing of personal data is required, such as for the fulfillment of tax obligations, the processing is based on Art. 6(1) lit. c GDPR. In rare cases, the processing of personal data may be necessary to protect the vital interests of the data subject or of another natural person. This would be the case, for example, if a visitor were injured in our company and his name, age, health insurance data or other vital information would have to be passed on to a doctor, hospital or other third party. Then the processing would be based on Art. 6(1) lit. d GDPR. Finally, processing operations could be based on Article 6(1) lit. f GDPR. This legal basis is used for processing operations which are not covered by any of the abovementioned legal grounds, if processing is necessary for the purposes of the legitimate interests pursued by our company or by a third party, except where such interests are overridden by the interests or fundamental rights and freedoms of the data subject which require protection of personal data. Such processing operations are particularly permissible because they have been specifically mentioned by the European legislator. He considered that a legitimate interest could be assumed if the data subject is a client of the controller (Recital 47 Sentence 2 GDPR).

Routine erasure and blocking of personal data

The data controller shall process and store the personal data of the data subject only for the period necessary to achieve the purpose of storage, or as far as this is granted by the European legislator or other legislators in laws or regulations to which the controller is subject to. If the storage purpose is not applicable, or if a storage period prescribed by the European legislator or another competent legislator expires, the personal data are routinely blocked or erased in accordance with legal requirements.

The legitimate interests pursued by the controller or by a third party

Where the processing of personal data is based on Article 6(1) lit. f GDPR our legitimate interest is to carry out our business in favour of the well-being of all our employees and the shareholders.

Period for which the personal data will be stored

The criteria used to determine the period of storage of personal data is the respective statutory retention period. After expiration of that period, the corresponding data is routinely deleted, as long as it is no longer necessary for the fulfillment of the contract or the initiation of a contract.

Provision of personal data as statutory or contractual requirement; Requirement necessary to enter into a contract; Obligation of the data subject to provide the personal data; possible consequences of failure to provide such data.

We clarify that the provision of personal data is partly required by law (e.g. tax regulations) or can also result from contractual provisions (e.g. information on the contractual partner). Sometimes it may be necessary to conclude a contract that the data subject provides us with personal data, which must subsequently be processed by us. The data subject is, for example, obliged to provide us with personal data when our company signs a contract with him or her. The non-provision of the personal data would have the consequence that the contract with the data subject could not be concluded. Before personal data is provided by the data subject, the data subject must contact any employee.

The employee clarifies to the data subject whether the provision of the personal data is required by law or contract or is necessary for the conclusion of the contract, whether there is an obligation to provide the personal data and the consequences of non-provision of the personal data.

Payment Method: Data protection provisions about the use of PayPal as a payment processor

On this website, the controller has integrated components of PayPal. PayPal is an online payment service provider. Payments are processed via PayPal accounts, which represent virtual private or business accounts. PayPal is also able to process virtual payments through credit cards when a user does not have a PayPal account. A PayPal account is managed via an email address, which is why there are no classic account numbers. PayPal makes it possible to trigger online payments to third parties or to receive payments. PayPal also accepts trustee functions and offers buyer protection services. The European operating company of PayPal is PayPal (Europe) S.à.r.l. & Cie. S.C.A., 22-24 Boulevard Royal, 2449 Luxembourg, Luxembourg. If the data subject chooses “PayPal” as the payment option in the online shop during the ordering process, we automatically transmit the data of the data subject to PayPal. By selecting this payment option, the data subject agrees to the transfer of personal data required for payment processing. The personal data transmitted to PayPal is usually first name, last name, address, email address, IP address, telephone number, mobile phone number, or other data necessary for payment processing. The processing of the purchase contract also requires such personal data, which are in connection with the respective order. The transmission of the data is aimed at payment processing and fraud prevention. The controller will transfer personal data to PayPal, in particular, if a legitimate interest in the transmission is given. The personal data exchanged between PayPal and the controller for the processing of the data will be transmitted by PayPal to economic credit agencies. This transmission is intended for identity and creditworthiness checks. PayPal will, if necessary, pass on personal data to affiliates and service providers or subcontractors to the extent that this is necessary to fulfill contractual obligations or for data to be processed in the order. The data subject has the possibility to revoke consent for the handling of personal data at any time from PayPal. A revocation shall not have any effect on personal data which must be processed, used or transmitted in accordance with (contractual) payment processing. The applicable data protection provisions of PayPal may be retrieved under https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/ua/privacy-full.

Registration on our website

The data subject has the possibility to register on the website of the controller with the indication of personal data. Which personal data are transmitted to the controller is determined by the respective input mask used for the registration. The personal data entered by the data subject are collected and stored exclusively for internal use by the controller, and for his own purposes. The controller may request transfer to one or more processors (e.g. a parcel service) that also uses personal data for an internal purpose which is attributable to the controller. By registering on the website of the controller, the IP address—assigned by the Internet service provider (ISP) and used by the data subject—date, and time of the registration are also stored. The storage of this data takes place against the background that this is the only way to prevent the misuse of our services, and, if necessary, to make it possible to investigate committed offenses. Insofar, the storage of this data is necessary to secure the controller. This data is not passed on to third parties unless there is a statutory obligation to pass on the data, or if the transfer serves the aim of criminal prosecution.

The registration of the data subject, with the voluntary indication of personal data, is intended to enable the controller to offer the data subject contents or services that may only be offered to registered users due to the nature of the matter in question. Registered persons are free to change the personal data specified during the registration at any time, or to have them completely deleted from the data stock of the controller.

The data controller shall, at any time, provide information upon request to each data subject as to what personal data are stored about the data subject. In addition, the data controller shall correct or erase personal data at the request or indication of the data subject, insofar as there are no statutory storage obligations. The entirety of the controller’s employees are available to the data subject in this respect as contact persons.

Newsletter Subscription

On our website, users are given the opportunity to subscribe to our enterprise’s newsletter. The input mask used for this purpose determines what personal data are transmitted, as well as when the newsletter is ordered from the controller.

We inform our customers and business partners regularly by means of a newsletter about enterprise offers. The enterprise’s newsletter may only be received by the data subject if (1) the data subject has a valid email address and (2) the data subject registers for the newsletter shipping. A confirmation email will be sent to the email address registered by a data subject for the first time for newsletter shipping, for legal reasons, in the double opt-in procedure. This confirmation email is used to prove whether the owner of the email address as the data subject is authorized to receive the newsletter.

During the registration for the newsletter, we also store the IP address of the computer system assigned by the Internet service provider (ISP) and used by the data subject at the time of the registration, as well as the date and time of the registration. The collection of this data is necessary in order to understand the (possible) misuse of the email address of a data subject at a later date, and it therefore serves the aim of the legal protection of the controller.

The personal data collected as part of a registration for the newsletter will only be used to send our newsletter. In addition, subscribers to the newsletter may be informed by email, as long as this is necessary for the operation of the newsletter service or a registration in question, as this could be the case in the event of modifications to the newsletter offer, or in the event of a change in technical circumstances. There will be no transfer of personal data collected by the newsletter service to third parties. The subscription to our newsletter may be terminated by the data subject at any time. The consent to the storage of personal data, which the data subject has given for shipping the newsletter, may be revoked at any time. For the purpose of revocation of consent, a corresponding link is found in each newsletter. It is also possible to unsubscribe from the newsletter at any time directly on the website of the controller, or to communicate this to the controller in a different way.

Newsletter Tracking

Our newsletters contain tracking pixels. A tracking pixel is a miniature graphic embedded in such emails, which are sent in HTML format to enable log file recording and analysis. This allows a statistical analysis of the success or failure of online marketing campaigns. Based on the embedded tracking pixel, we may see if and when an email was opened by a data subject, and which links in the email were called up by data subjects.

Such personal data collected in the tracking pixels contained in the newsletters are stored and analyzed by the controller in order to optimize the shipping of the newsletter, as well as to adapt the content of future newsletters even better to the interests of the data subject. This personal data will not be passed on to third parties. Data subjects are at any time entitled to revoke their declaration of consent to receive newsletters.

After a revocation, these personal data will be deleted by the controller. We automatically regard a withdrawal from the receipt of the newsletter as a revocation.

Contact possibility via the website

Our website contains information that enables a quick electronic contact to our enterprise. If a data subject contacts the controller by email, support ticket or via a contact form, the personal data transmitted by the data subject are automatically stored. Such personal data transmitted on a voluntary basis by a data subject to the data controller are stored for the purpose of processing or contacting the data subject. There is no transfer of this personal data to third parties.

Comments function in the blog on the website

We offer users the possibility to leave individual comments on individual blog contributions on a blog, which is on the website of the controller. A blog is a web-based, publicly-accessible portal, through which one or more people called bloggers or web-bloggers may post articles or write down thoughts in blog posts. Blog posts may usually be commented by third parties.

If a data subject leaves a comment on the blog published on this website, the comments made by the data subject are also stored and published, as well as information on the date of the commentary and on the user’s (pseudonym) chosen by the data subject. In addition, the IP address assigned by the Internet service provider (ISP) to the data subject is also logged. This storage of the IP address takes place for security reasons, and in case the data subject violates the rights of third parties, or posts illegal content through a given comment. The storage of these personal data is, therefore, in the own interest of the data controller, so that he can exculpate in the event of an infringement.

This collected personal data will not be passed to third parties, unless such a transfer is required by law or serves the aim of the defense of the data controller.

This Privacy Policy is effective from 25th May 2018.

概要概要

Gem Rock Auctions 、データ保護が最優先事項です。当社のウェブサイトの使用は、個人データの表示なしで可能です。ただし、データ主体が当社のウェブサイトを介して特別なエンタープライズサービスを使用したい場合は、個人データの処理が必要になる可能性があります。個人データの処理が必要であり、そのような処理の法的根拠がない場合、当社は通常、データ主体から同意を取得します。

データ主体の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人データの処理は、常に一般データ保護規則(GDPR)に準拠し、適用される国固有のデータ保護規則に準拠する必要があります。私たちに。このデータ保護ポリシーにより、収集、使用、処理する個人データの性質、範囲、目的を一般の人々に通知したいと思います。さらに、データ主体は、このデータ保護宣言によって、彼らが権利を与えられている権利について知らされます。

管理者として、このウェブサイトを通じて処理される個人データの最も完全な保護を確実にするために、多くの技術的および組織的対策を実施しました。ただし、インターネットベースのデータ送信には原則としてセキュリティギャップがある可能性があるため、絶対的な保護が保証されない場合があります。一般データ保護規則(GDPR)、欧州連合の加盟国に適用されるその他のデータ保護法、およびデータ保護に関連するその他の規定の目的でのコントローラーコントローラーの名前と住所は次のとおりです。

  • 商号:My Gem Pty Ltd
  • 住所:23サーファーズアベニュー
  • 郵便番号と市区町村:マーメイドウォーターズ、4218
  • 国:オーストラリア
  • 電話番号:+61418151227
  • 連絡先メール:opals@hotmail.com

定義

このデータ保護宣言は、欧州の立法者が一般データ保護規則(GDPR)を採用するために使用した用語に基づいています。当社のデータ保護宣言は、一般の人々だけでなく、お客様やビジネスパートナーにとっても読みやすく理解しやすいものでなければなりません。これを確実にするために、最初に使用される用語について説明したいと思います。このデータ保護宣言では、次の用語を使用します。

a。)個人データ個人データとは、特定された、または特定可能な自然人(「データ主体」)に関連する情報を意味します。識別可能な自然人とは、特に名前、識別番号、位置データ、オンライン識別子などの識別子、または身体的、生理学的、その自然人の遺伝的、精神的、経済的、文化的または社会的アイデンティティ。

b。)データ主体データ主体とは、識別された、または識別可能な自然人であり、その個人データは、処理を担当する管理者によって処理されます。

c。)処理処理とは、収集、記録、整理、構造化、保管、適応または変更、取得などの自動化された手段によるかどうかにかかわらず、個人データまたは個人データのセットに対して実行される操作または操作のセットです。協議、使用、送信による開示、配布またはその他の方法で利用可能にすること、調整または組み合わせ、制限、消去または破壊。

d。)処理の制限処理の制限は、将来の処理を制限することを目的とした、保存された個人データのマーキングです。

e。)プロファイリングプロファイリングとは、個人データを使用して自然人に関連する特定の個人的側面を評価すること、特にその自然人の職場でのパフォーマンス、経済状況、健康、個人的な好み、興味、信頼性、行動、場所または動き。

f。)偽名化偽名化とは、追加情報を使用せずに特定のデータ主体に個人データを帰属させることができないような方法で個人データを処理することです。ただし、そのような追加情報は個別に保持され、技術的および個人データが特定された、または特定可能な自然人に起因しないことを保証するための組織的措置。

g。)処理を担当する管理者または管理者処理を担当する管理者または管理者は、個人データの処理の目的と手段を単独でまたは他者と共同で決定する、自然人または法人、公的機関、機関、またはその他の機関です。 ;そのような処理の目的と手段が連合または加盟国の法律によって決定される場合、管理者またはその指名の特定の基準は、連合または加盟国の法律によって提供される場合があります。

h。)プロセッサープロセッサーは、コントローラーに代わって個人データを処理する自然人または法人、公的機関、機関、またはその他の機関です。

i。)受信者受信者とは、第三者であるかどうかにかかわらず、個人データが開示される自然人または法人、公的機関、機関、またはその他の機関です。ただし、連合法または加盟国法に従って特定の調査の枠組みの中で個人データを受け取る可能性のある公的機関は、受取人とは見なされないものとします。これらの公的機関によるこれらのデータの処理は、処理の目的に応じて、該当するデータ保護規則に準拠するものとします。

j。)第三者第三者とは、データ主体、管理者、処理者、および管理者または処理者の直接の権限の下で個人データの処理を許可されている者以外の自然人または法人、公的機関、機関または団体です。

k。)同意データ主体の同意とは、データ主体の希望を自由に与えられ、具体的で、情報に基づいて明確に示し、声明または明確な肯定的行動によって、関連する個人データの処理に同意することを意味します。彼または彼女に。

クッキー

当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。クッキーは、インターネットブラウザを介してコンピュータシステムに保存されるテキストファイルです。

多くのインターネットサイトやサーバーはCookieを使用しています。多くのCookieにはCookieIDが含まれています。 Cookie IDは、Cookieの一意の識別子です。これは、Cookieが保存されている特定のインターネットブラウザにインターネットページとサーバーを割り当てるための文字列で構成されています。これにより、アクセスしたインターネットサイトおよびサーバーは、データ主体の個々のブラウザを、他のCookieを含む他のインターネットブラウザと区別することができます。特定のインターネットブラウザは、一意のCookieIDを使用して認識および識別できます。

クッキーを使用することにより、このウェブサイトのユーザーに、クッキーの設定なしでは不可能な、よりユーザーフレンドリーなサービスを提供することができます。

クッキーを使用することにより、当社のウェブサイト上の情報とオファーは、ユーザーを念頭に置いて最適化することができます。前述のように、Cookieを使用すると、Webサイトのユーザーを認識することができます。この認識の目的は、ユーザーが当社のウェブサイトをより簡単に利用できるようにすることです。クッキーを使用するウェブサイトのユーザーは、例えば、ウェブサイトにアクセスするたびにアクセスデータを入力する必要はありません。これは、ウェブサイトに引き継がれ、クッキーがユーザーのコンピュータシステムに保存されるためです。もう1つの例は、オンラインショップのショッピングカートのCookieです。オンラインストアは、顧客がCookieを介して仮想ショッピングカートに入れた記事を記憶しています。データ主体は、いつでも、使用されるインターネットブラウザの対応する設定によって、当社のWebサイトを介したCookieの設定を防止することができ、したがって、Cookieの設定を永久に拒否することができます。さらに、すでに設定されているCookieは、インターネットブラウザまたはその他のソフトウェアプログラムを介していつでも削除できます。これは、一般的なすべてのインターネットブラウザで可能です。データ主体が使用するインターネットブラウザのCookieの設定を無効にした場合、当社のWebサイトのすべての機能が完全に使用できるとは限りません。

一般的なデータと情報の収集

当社のウェブサイトは、データ主体または自動システムがウェブサイトを呼び出すと、一連の一般的なデータと情報を収集します。この一般的なデータと情報は、サーバーのログファイルに保存されます。収集されるのは、(1)使用されているブラウザの種類とバージョン、(2)アクセスシステムで使用されているオペレーティングシステム、(3)アクセスシステムが当社のWebサイトにアクセスするWebサイト(いわゆるリファラー)、(4)サブ-ウェブサイト、(5)インターネットサイトへのアクセスの日時、(6)インターネットプロトコルアドレス(IPアドレス)、(7)アクセスシステムのインターネットサービスプロバイダー、および(8)その他の同様のデータおよび当社の情報技術システムへの攻撃が発生した場合に使用される可能性のある情報。

これらの一般的なデータおよび情報を使用する場合、データの主題について結論を出すことはありません。むしろ、この情報は、(1)当社のウェブサイトのコンテンツを正しく配信し、(2)当社のウェブサイトのコンテンツとその広告を最適化し、(3)当社の情報技術システムとウェブサイト技術の長期的な実行可能性を確保するために必要です。 、および(4)サイバー攻撃の場合に刑事訴追に必要な情報を法執行機関に提供します。そのため、匿名で収集したデータや情報を統計的に分析し、企業のデータ保護とデータセキュリティを強化し、処理する個人データの最適なレベルの保護を確保することを目的としています。サーバーログファイルの匿名データは、データ主体によって提供されるすべての個人データとは別に保存されます。

子供の個人データの特別な保護

子どもたちは、個人データの処理に関連するリスク、結果、保護措置、および自分たちの権利についてあまり認識していない可能性があるため、個人データに関して特定の保護に値します。このような特定の保護は、特に、子供に直接提供されるサービスを使用する場合の、パーソナリティまたはユーザープロファイルのマーケティングまたは作成を目的とした子供の個人データの使用、および子供に関する個人データの収集に適用する必要があります。子供に直接提供される予防またはカウンセリングサービスの文脈では、親の責任の所有者の同意は必要ではありません。

データ主体の権利

a。)確認の権利各データ主体は、彼または彼女に関する個人データが処理されているかどうかに関する確認を管理者から取得するために、ヨーロッパの立法者によって付与された権利を有するものとします。データ主体がこの確認権を利用したい場合、彼または彼女はいつでも管理者の任意の従業員に連絡することができます。

b。)アクセス権各データ主体は、ヨーロッパの立法者によって、いつでも保存されている自分の個人データに関する無料情報とこの情報のコピーを管理者から取得する権利を付与されるものとします。さらに、欧州の指令および規制により、データ主体は次の情報にアクセスできます。

  1. 処理の目的;
  2. 関連する個人データのカテゴリ。
  3. 個人データが開示された、または開示される予定の受信者または受信者のカテゴリ、特に第三国または国際機関の受信者。
  4. 可能な場合は、個人データが保存される予定の期間、または不可能な場合は、その期間を決定するために使用される基準。
  5. 個人データの訂正または消去を管理者に要求する権利、またはデータ主体に関する個人データの処理の制限、またはそのような処理に異議を唱える権利の存在。
  6. 監督当局に苦情を申し立てる権利の存在。
  7. 個人データがデータ主体から収集されていない場合、そのソースに関する入手可能な情報。
  8. GDPRの第22条(1)および(4)で言及されている、プロファイリングを含む自動化された意思決定の存在、および少なくともそれらの場合には、関連するロジックに関する意味のある情報、およびデータ主体のためのそのような処理。

さらに、データ主体は、個人データが第三国に転送されるのか、国際機関に転送されるのかに関する情報を取得する権利を有するものとします。この場合、データ主体は、転送に関連する適切な保護手段について通知を受ける権利を有するものとします。

データ主体がこのアクセス権を利用したい場合、彼または彼女はいつでも管理者の任意の従業員に連絡することができます。

c。)修正の権利各データ主体は、ヨーロッパの立法者によって付与された、彼または彼女に関する不正確な個人データの修正を遅滞なく管理者から取得する権利を有するものとします。処理の目的を考慮して、データ主体は、補足説明を提供することを含め、不完全な個人データを完成させる権利を有するものとします。

データ主体がこの修正の権利を行使することを希望する場合、彼または彼女はいつでも管理者の任意の従業員に連絡することができます。

d。)消去する権利(忘れられる権利)各データ主体は、ヨーロッパの立法者によって、管理者から彼または彼女に関する個人データの消去を遅滞なく取得する権利を与えられ、管理者は以下の義務を負うものとします。処理が不要な場合に限り、以下のいずれかの理由が当てはまる場合、過度の遅延なしに個人データを消去します。

  1. 個人データは、収集またはその他の方法で処理された目的に関連して不要になりました。
  2. データ主体は、GDPRの第6条(1)のポイント(a)、またはGDPRの第9条(2)のポイント(a)に従って処理が行われることに同意し、他に法的根拠がない場合は同意を撤回します処理のため。
  3. データ主体はGDPRの第21条(1)に基づく処理に反対し、処理の正当な理由はありません。または、データ主体はGDPRの第21条(2)に基づく処理に反対します。
  4. 個人データは違法に処理されています。
  5. 管理者が従う連合法または加盟国法の法的義務を遵守するために、個人データを消去する必要があります。
  6. 個人データは、GDPRの第8条(1)に記載されている情報社会サービスの提供に関連して収集されています。

上記の理由のいずれかが当てはまり、データ主体が当社が保存する個人データの消去を要求する場合、彼または彼女はいつでも管理者の任意の従業員に連絡することができます。従業員は、消去要求が直ちに遵守されることを迅速に確認するものとします。サポートチケットを開くことで連絡できます。

管理者が個人データを公開し、第17条(1)に従って個人データを消去する義務を負っている場合、管理者は、利用可能な技術と実装コストを考慮して、技術的措置を含む合理的な措置を講じて、他の人に通知するものとします。処理が必要とされない限り、データ主体がそれらの個人データへのリンク、またはそれらの個人データのコピーまたは複製のそのようなコントローラーによる消去を要求した個人データを処理するコントローラー。従業員は、個々のケースで必要な措置を手配します。

e。)処理の制限の権利各データ主体は、次のいずれかが適用される場合、管理者から処理の制限を取得するためにヨーロッパの立法者によって付与された権利を有するものとします。コントローラーが個人データの正確性を検証できる期間。処理は違法であり、データ主体は個人データの消去に反対し、代わりにそれらの使用の制限を要求します。管理者は、処理の目的で個人データを必要としなくなりましたが、法的請求の確立、行使、または防御のためにデータ主体によって必要とされます。データ主体は、管理者の正当な理由がデータ主体の正当な理由を無効にするかどうかの検証を待つ間、GDPRの第21条(1)に基づく処理に反対しました。上記の条件のいずれかが満たされ、データ主体が当社に保存されている個人データの処理の制限を要求する場合、彼または彼女はいつでも管理者の任意の従業員に連絡することができます。従業員が処理の制限を手配します。

f。)データの移植性に対する権利各データ主体は、構造化され、一般的に使用され、機械で読み取り可能な形式で、管理者に提供された彼または彼女に関する個人データを受け取るために、ヨーロッパの立法者によって付与された権利を有するものとします。彼または彼女は、処理が第6条(1)のポイント(a)に基づく同意に基づいている限り、個人データが提供された管理者からの妨害なしにそれらのデータを別の管理者に送信する権利を有するものとします。 GDPRまたはGDPRの第9条(2)のポイント(a)、またはGDPRの第6条(1)のポイント(b)に基づく契約で、処理は自動化された手段によって実行されます。公共の利益のために、または管理者に与えられた公的権限の行使において実行されるタスクの実行には、処理は必要ありません。

さらに、GDPRの第20条(1)に従ってデータの移植性に対する権利を行使する場合、データ主体は、技術的に実行可能である場合に、個人データをあるコントローラーから別のコントローラーに直接送信する権利を有するものとします。他人の権利と自由に悪影響を及ぼします。

データの移植性に対する権利を主張するために、データ主体はいつでも任意の従業員に連絡することができます。

g。)異議を申し立てる権利各データ主体は、ヨーロッパの立法者によって、特定の状況に関連する理由で、いつでも、ポイントに基づいて、彼または彼女に関する個人データの処理に異議を唱える権利を付与されるものとします。 GDPRの第6条(1)の(e)または(f)。これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも当てはまります。

異議があった場合、データ主体の利益、権利、自由を無効にする処理、または法的請求の確立、行使、防御について説得力のある正当な理由を示すことができない限り、個人データを処理しなくなります。

当社がダイレクトマーケティングの目的で個人データを処理する場合、データ主体はそのようなマーケティングのために彼または彼女に関する個人データの処理にいつでも異議を唱える権利を有するものとします。これは、そのようなダイレクトマーケティングに関連する範囲でプロファイリングに適用されます。データ主体がダイレクトマーケティングの目的で処理に反対する場合、当社はこれらの目的で個人データを処理しなくなります。

さらに、データ主体は、特定の状況に関連する理由で、科学的または歴史的研究目的、または第89条(1)に基づく統計目的で、彼または彼女に関する個人データの処理に異議を唱える権利を有します。 GDPR。ただし、公共の利益のために実行されるタスクの実行に処理が必要な場合を除きます。異議を申し立てる権利を行使するために、データ主体は任意の従業員に連絡することができます。さらに、データ主体は、情報化社会サービスの使用の文脈において、指令2002/58 / ECにかかわらず、技術仕様を使用した自動化された手段によって異議を唱える権利を自由に使用できます。

h。)プロファイリングを含む自動化された個々の意思決定各データ主体は、ヨーロッパの立法者によって付与された、プロファイリングを含む自動化された処理のみに基づく決定の対象とならない権利を有するものとします。 (1)データ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要がない、または(2)連合または加盟国によって承認されていない限り、彼または彼女に重大な影響を与える管理者が従う法律であり、データ主体の権利と自由および正当な利益を保護するための適切な措置も規定している、または(3)データ主体の明示的な同意に基づいていない。

(1)データ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要な決定、または(2)データ主体の明示的な同意に基づく決定が必要な場合、当社は、データ主体の権利と自由および正当な利益、少なくとも管理者の側で人間の介入を得て、彼または彼女の見解を表明し、決定に異議を唱える権利。

データ主体が自動化された個人の意思決定に関する権利を行使することを希望する場合、彼または彼女はいつでも任意の従業員に連絡することができます。 i。)データ保護の同意を撤回する権利各データ主体は、いつでも彼または彼女の個人データの処理への彼または彼女の同意を撤回するためにヨーロッパの立法者によって付与された権利を有するものとします。

データ主体が同意を撤回する権利を行使することを希望する場合、彼または彼女はいつでも任意の従業員に連絡することができます。

処理の法的根拠

アート。 6(1)点灯。 GDPRは、特定の処理目的で同意を得る処理操作の法的根拠として機能します。データ主体が当事者である契約の履行のために個人データの処理が必要な場合、例えば、商品の供給またはその他のサービスを提供するために処理操作が必要な場合、処理は次のようになります。第6条(1)に基づく。 bGDPR。当社の製品やサービスに関するお問い合わせなど、契約前の措置を講じるために必要な処理作業についても同様です。当社は、納税義務の履行など、個人データの処理が必要とされる法的義務の対象となりますか?処理はアートに基づいています。 6(1)点灯。 cGDPR。まれに、データ主体または他の自然人の重大な利益を保護するために、個人データの処理が必要になる場合があります。これは、たとえば、訪問者が当社で負傷し、その名前、年齢、健康保険データ、またはその他の重要な情報を医師、病院、またはその他の第三者に渡す必要がある場合に当てはまります。その後、処理はアートに基づいて行われます。 6(1)点灯。 dGDPR。最後に、処理操作は、第6条(1)に基づくことができます。 fGDPR。この法的根拠は、当社または第三者が追求する正当な利益のために処理が必要な場合を除き、上記の法的根拠のいずれにも該当しない処理操作に使用されます。ただし、かかる利益が利益によって上書きされる場合を除きます。または個人データの保護を必要とするデータ主体の基本的な権利と自由。このような処理操作は、ヨーロッパの立法者によって具体的に言及されているため、特に許容されます。彼は、データ主体がコントローラーのクライアントである場合、正当な利益を想定できると考えました(リサイタル47センテンス2GDPR)。

個人データの定期的な消去とブロック

データ管理者は、保存の目的を達成するために必要な期間のみ、または管理者が対象とする法律または規制において欧州の立法者または他の立法者によって許可されている場合に限り、データ主体の個人データを処理および保存するものとします。に。保管目的が適用されない場合、または欧州の立法者または他の有能な立法者によって規定された保管期間が満了した場合、個人データは法的要件に従って定期的にブロックまたは消去されます。

管理者または第三者が追求する正当な利益

個人データの処理が第6条(1)に基づく場合。 f GDPRの正当な利益は、すべての従業員と株主の幸福のために事業を遂行することです。

個人データが保存される期間

個人データの保存期間を決定するために使用される基準は、それぞれの法定保存期間です。その期間の満了後、契約の履行または契約の開始に必要でなくなった場合に限り、対応するデータは定期的に削除されます。

法定または契約上の要件としての個人データの提供。契約を締結するために必要な要件。個人データを提供するデータ主体の義務。そのようなデータを提供しなかった場合に起こりうる結果。

個人データの提供は、法律によって部分的に義務付けられている(例:税法)か、契約上の規定(例:契約パートナーに関する情報)から生じる可能性があることを明確にします。データ主体が私たちに個人データを提供するという契約を締結する必要がある場合があり、それは後で私たちによって処理されなければなりません。データ主体は、例えば、当社が彼または彼女と契約を結ぶ際に、私たちに個人データを提供する義務があります。個人データの提供がない場合、データ主体との契約を締結できなくなる可能性があります。データ主体が個人データを提供する前に、データ主体は従業員に連絡する必要があります。

従業員は、個人データの提供が法律または契約によって要求されているか、契約の締結に必要であるか、個人データを提供する義務があるかどうか、および個人の提供がない場合の結果をデータ主体に明確にします。データ。

支払い方法:支払い処理業者としてのPayPalの使用に関するデータ保護規定

このウェブサイトでは、コントローラーにPayPalのコンポーネントが統合されています。 PayPalはオンライン決済サービスプロバイダーです。支払いは、仮想プライベートアカウントまたはビジネスアカウントを表すPayPalアカウントを介して処理されます。ユーザーがPayPalアカウントを持っていない場合、PayPalはクレジットカードを介した仮想支払いを処理することもできます。 PayPalアカウントは、電子メールアドレスを介して管理されます。そのため、従来のアカウント番号はありません。 PayPalを使用すると、サードパーティへのオンライン支払いをトリガーしたり、支払いを受け取ったりすることができます。 PayPalはまた、受託者機能を受け入れ、購入者保護サービスを提供します。 PayPalのヨーロッパの運営会社は、PayPal(Europe)S.à.rl&Cie。SCA、22-24 Boulevard Royal、2449ルクセンブルグ、ルクセンブルグです。データ主体が注文プロセス中にオンラインショップで支払いオプションとして「PayPal」を選択した場合、データ主体のデータは自動的にPayPalに送信されます。この支払いオプションを選択することにより、データ主体は支払い処理に必要な個人データの転送に同意します。 PayPalに送信される個人データは、通常、名、姓、住所、電子メールアドレス、IPアドレス、電話番号、携帯電話番号、または支払い処理に必要なその他のデータです。購入契約の処理には、それぞれの注文に関連するそのような個人データも必要です。データの送信は、支払い処理と不正防止を目的としています。コントローラーは、特に送信に正当な利益が与えられた場合、個人データをPayPalに転送します。データ処理のためにPayPalと管理者の間で交換される個人データは、PayPalによって経済信用調査機関に送信されます。この送信は、身元と信用度のチェックを目的としています。 PayPalは、必要に応じて、契約上の義務を履行するため、またはデータを注文で処理するために必要な範囲で、個人データをアフィリエイトおよびサービスプロバイダーまたは下請け業者に渡します。データ主体は、PayPalからいつでも個人データの取り扱いに関する同意を取り消す可能性があります。失効は、(契約上の)支払い処理に従って処理、使用、または送信する必要のある個人データに影響を与えないものとします。 PayPalの該当するデータ保護規定は、 https://www.paypal.com/us/webapps/mpp/ua/privacy-fullで取得できます。

当社のウェブサイトでの登録

データ主体は、個人データの表示とともに管理者のウェブサイトに登録する可能性があります。どの個人データがコントローラーに送信されるかは、登録に使用されるそれぞれの入力マスクによって決定されます。データ主体によって入力された個人データは、管理者による内部使用および管理者自身の目的のためにのみ収集および保存されます。コントローラは、コントローラに起因する内部目的のために個人データも使用する1つまたは複数のプロセッサ(例えば、パーセルサービス)への転送を要求することができる。コントローラのWebサイトに登録することにより、インターネットサービスプロバイダー(ISP)によって割り当てられ、データ主体によって使用されるIPアドレスの日付と時刻も保存されます。このデータの保存は、これが当社のサービスの誤用を防止し、必要に応じて犯された犯罪を調査できるようにする唯一の方法であるという背景に基づいて行われます。これまでのところ、このデータの保存はコントローラーを保護するために必要です。このデータは、データを渡す法的義務がない限り、または転送が刑事訴追の目的を果たす場合を除いて、第三者に渡されることはありません。

個人データの自主的な表示を伴うデータ主体の登録は、問題の性質のために登録ユーザーにのみ提供される可能性のあるデータ主体のコンテンツまたはサービスを管理者が提供できるようにすることを目的としています。登録者は、登録時に指定した個人データをいつでも自由に変更したり、管理者のデータストックから完全に削除したりすることができます。

データ管理者は、いつでも、要求に応じて、データ主体に関してどの個人データが保存されているかに関する情報を各データ主体に提供するものとします。さらに、データ管理者は、法定の保管義務がない限り、データ主体の要求または指示に応じて個人データを修正または消去するものとします。この点に関して、管理者の従業員全員が連絡担当者としてデータ主体に利用可能です。

ニュースレターの購読

当社のウェブサイトでは、ユーザーは当社のニュースレターを購読する機会が与えられます。この目的で使用される入力マスクは、送信される個人データと、ニュースレターがコントローラーに注文されるタイミングを決定します。

エンタープライズオファーに関するニュースレターを使用して、お客様やビジネスパートナーに定期的に通知します。企業のニュースレターは、(1)データ主体が有効な電子メールアドレスを持ち、(2)データ主体がニュースレターの発送に登録している場合にのみ、データ主体が受信できます。確認メールは、ダブルオプトイン手順で、法的な理由により、ニュースレターの発送のためにデータ主体によって初めて登録されたメールアドレスに送信されます。この確認メールは、データ主体としてのメールアドレスの所有者がニュースレターの受信を許可されているかどうかを証明するために使用されます。

ニュースレターの登録時に、インターネットサービスプロバイダー(ISP)によって割り当てられ、登録時にデータ主体によって使用されたコンピューターシステムのIPアドレス、および登録の日時も保存されます。このデータの収集は、後日、データ主体の電子メールアドレスの(可能性のある)誤用を理解するために必要であり、したがって、管理者の法的保護の目的に役立ちます。

ニュースレターの登録の一環として収集された個人データは、ニュースレターの送信にのみ使用されます。さらに、ニュースレターの購読者は、ニュースレターサービスの運用または問題の登録に必要である限り、電子メールで通知される場合があります。これは、ニュースレターの提供に変更があった場合、または技術的な状況の変化のイベント。ニュースレターサービスによって収集された個人データが第三者に転送されることはありません。ニュースレターの購読は、データ主体によっていつでも終了される場合があります。データ主体がニュースレターの発送のために与えた個人データの保存への同意は、いつでも取り消すことができます。同意を取り消すために、対応するリンクが各ニュースレターにあります。また、コントローラーのWebサイトでいつでもニュースレターの購読を解除したり、別の方法でコントローラーに通知したりすることもできます。

ニュースレターの追跡

ニュースレターにはトラッキングピクセルが含まれています。トラッキングピクセルは、このような電子メールに埋め込まれたミニチュアグラフィックであり、ログファイルの記録と分析を可能にするためにHTML形式で送信されます。これにより、オンラインマーケティングキャンペーンの成功または失敗の統計分析が可能になります。埋め込まれた追跡ピクセルに基づいて、電子メールがデータ主体によって開かれたかどうか、いつ開かれたか、および電子メール内のどのリンクがデータ主体によって呼び出されたかを確認できます。

ニュースレターに含まれる追跡ピクセルに収集されたこのような個人データは、ニュースレターの配信を最適化し、将来のニュースレターのコンテンツをデータ主体の利益にさらに適合させるために、コントローラーによって保存および分析されます。この個人データが第三者に渡されることはありません。データ主体はいつでもニュースレターを受け取ることに同意する宣言を取り消す権利があります。

失効後、これらの個人データは管理者によって削除されます。ニュースレターの受信からの撤回は、自動的に取り消しと見なされます。

ウェブサイト経由での連絡の可能性

当社のウェブサイトには、当社への迅速な電子連絡を可能にする情報が含まれています。データ主体が電子メール、サポートチケット、または連絡フォームを介してコントローラーに連絡すると、データ主体によって送信された個人データが自動的に保存されます。データ管理者の対象となるデータによって自発的に送信されるこのような個人データは、データ対象を処理または連絡する目的で保存されます。この個人データを第三者に譲渡することはありません。

コメントはウェブサイトのブログで機能します

コントローラーのウェブサイトにあるブログに、個々のブログ投稿に個別のコメントを残す可能性をユーザーに提供します。ブログは、ウェブベースの公的にアクセス可能なポータルであり、ブロガーまたはウェブブロガーと呼ばれる1人以上の人々が、ブログ投稿に記事を投稿したり、考えを書き留めたりすることができます。ブログの投稿は通常、サードパーティによってコメントされる場合があります。

データ主体がこのウェブサイトに公開されたブログにコメントを残す場合、データ主体によって行われたコメントも保存および公開され、コメントの日付およびデータ主体によって選択されたユーザー(仮名)に関する情報も保存および公開されます。 。さらに、インターネットサービスプロバイダー(ISP)によってデータ主体に割り当てられたIPアドレスもログに記録されます。このIPアドレスの保存は、セキュリティ上の理由から、データ主体が第三者の権利を侵害した場合、または特定のコメントを通じて違法なコンテンツを投稿した場合に行われます。したがって、これらの個人データの保管は、データ管理者自身の利益になり、侵害が発生した場合に免責することができます。

この収集された個人データは、そのような転送が法律で義務付けられているか、データ管理者の防御の目的を果たさない限り、第三者に渡されることはありません。

このプライバシーポリシーは2018年5月25日から有効です。

このテキストは機械翻訳されています。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

7人々はこの記事が役に立ったと感じました

まだ質問がありますか?