処理...
Phosphosiderite Gemstone: Properties, Meanings, Value & More
ホスホシデライトの宝石:特性、意味、価値など
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

phosphosiderite gemstoneReady for a rare gem whose name rolls right off the tongue? Meet phosphosiderite.

Pronounced faws-fawsi-der-ayte, phosphosiderite is a funky-looking crystal (with an equally funky-sounding name) that’s probably flown under your radar as you ventured into the world of gemstones. However, this obscure crystal deserves a spot on your list.

What is phosphosiderite stone? It’s a (typically) purple to purplish-red mineral made of phosphate and iron.

An interesting thing about phosphosiderites is that they share the same composition, but they tend to have varying characteristics and occur in all kinds of eye-catching colors. 

In addition to its unique appearance, phosphosiderite stone is known to possess vibrant energies that aid in your wellness — especially in spiritual growth.

To learn more about what phosphosiderite stone is, including its meanings, uses, and more, continue reading our Phosphosiderite Gemstone Guide! 

phosphosiderite gemstone

About Phosphosiderite Stone

Phosphosiderite was only discovered in the late 19th century, making it a relative newcomer to the world of gemstones. 

The name phosphosiderite relates to the stone’s mineral makeup. It derives from Latin phospho (for “phosphate”) and sídēros (for “iron”). 

It’s also known as piedra voga, meaning “pink stone,” and la rosa voca, meaning “pink rock.” Phosphosiderite was once called “metastrengite,” but this pseudonym is mostly obsolete.

Some crystals can be used as zodiac stones to balance certain astrological signs. The zodiac phosphosiderite is attuned to Pisces. 

So how can you tell if phosphosiderite is real? Closely observing its mineral traits will tell you everything you need to know!

Phosphosiderite Specifications & Characteristics

Phosphosiderite is a dimorph of strengite, a fairly rare iron phosphate mineral.

Some argue that from a technical standpoint, phosphosiderite isn’t truly a gemstone — it’s moreso just a mineral. 

Crystals occur in an array of colors ranging from opaque to transparent. The most common being purple, such as orchid-purple or lavender, often with hues of red or pink mixed in, as well.

Occasionally, phosphosiderite stones occur with yellow veining along their surface. The fine lines of yellow can vary showing darker or heavier lines and patches. As a result, there’s been some debate over whether phosphosiderite is a hydrated aluminum phosphate variety, like variscite. However, this has yet to be substantiated, so we’ll let you make of it what you will.

Here’s an overview of phosphosiderite’s mineral data:

  • Chemical formula: FePO4 · 2H2O

  • Mineral family: Phosphates

  • Composition: Phosphate, iron, hydrogen, oxygen

  • Mohs hardness: 3.5 to 4

  • Tenacity: Brittle

  • Color: Purple to reddish-violet, pink, brownish-yellow, green, colorless

  • Crystal structure: Monoclinic

  • Luster: Vitreous

  • Dispersion: Strong

  • Transparency: Transparent to translucent

  • Refractive index: 1.70 to 1.74

  • Density: 2.74 to 2.76

  • Cleavage: {010} Distinct; {001} Indistinct

  • Fracture: Uneven

  • Streak: White

  • Luminescence: None 

  • Pleochroism: Present; Usually rose to red to colorless

  • Varieties: Vilateite (manganese-bearing phosphosiderite)

lepidolite vs phosphosiderite gemstonePictured above: Lepidolite

Phosphosiderite vs. Lepidolite

Phosphosiderite’s pretty purples are easy to confuse for other similarly-colored crystals, like lepidolite. They do share other similarities, as well. For instance, they both have monoclinic crystal structures and are relatively soft. 

However, in terms of phosphosiderite vs lepidolite, there are a few key differences that can help you distinguish the two minerals.

With regards to color, lepidolite is more similar to amethyst than phosphosiderite. It also exhibits fluorescence, whereas phosphosiderite does not. Lepidolite is also made of mica, while phosphosiderite is composed of iron and phosphorus. Another distinction is that phosphosiderite is slightly harder than lepidolite. 

Moving on, let’s explore some of phosphosiderite’s etymology. 

carved phosphosiderite gemstone necklace with beads

Phosphosiderite History

Phosphosiderite was originally discovered by a French mineralogist, Alfred Lewis Oliver Legrand Des Cloizeaux, in 1858. However, it was first classified as a "type I hurealite" upon discovery (which isn’t an accurate description). 

It wasn’t until 1890 that phosphosiderite earned its formal name — thanks to German authors Willy Bruhns and Karl Heinrich Emil Georg Busz. As mentioned earlier, they named phosphosiderite after its composition: phosphate and iron.

Ancient healers believed phosphosiderite could absorb negative energies, diluting them and releasing them to the world as positive energy. They also believed it could heal diseases, particularly chronic health problems.

Speaking of healing…

phosphosiderite healing stone beaded bracelet

Phosphosiderite Healing Properties

Most gems can be used as healing stones to improve your physical, emotional, and spiritual wellness. 

Phosphosiderite is often referred to as a “jewel nugget of healing and hope.”  It’s believed to contain a lovely healing and calming vibration that helps the body at every level. Simply touching the stone's surface is thought to draw you to its tranquil energy and instantly boost your overall being. 

First, let’s see how phosphosiderite benefits your physical body.

Physical Healing

It’s been said that phosphosiderite has the propensity to cure any physical troubles, especially regarding skin and hair.

The mineral’s revitalizing energies may improve mental and motor function, especially when it pertains to the abdominal region. 

Struggle with insomnia? Phosphosiderite helps you shut down and relax so that you slip into a blissful slumber at bedtime.

Emotional Healing

Phosphosiderite is believed to plant seeds of hope when it is needed most. It produces calmness, comfort, and poise. It roots out excess worry and reinstates the steadiness.

Ever feel like you missed out on moments of happiness because you were too caught up with the stresses of life? Phosphosiderite can help you feel joy in every phase of life, even the difficult ones. 

Meditating with phosphosiderite can help you see the bigger picture. It stimulates greater visions for yourself and others, helping you see possibilities you never knew existed. 

Chakra Healing

Some minerals can help balance one or more of your chakras. Chakras are energy centers along the body that govern your mind, body, and soul in specific ways. 

You can use phosphosiderite as a chakra stone to balance all seven energy points. However, it especially attunes to the third eye chakra.  

Your third eye chakra is located on your forehead, between your eyebrows. It’s associated with intuition and foresight. Phosphosiderite uses its energy to awaken your third eye and enhance your awareness of the world around you and the celestial realm (or the realm of spirits). 

Spiritual Healing

Phosphosiderite is a crystal with an intense focus on the deeper aspects of life, revealing hidden lessons and opening your eyes to truths beyond what you can see with the physical eye.

Spiritually, it’s known to help you connect to other realms or planes of existence. It stimulates communications with higher levels of consciousness, helping you become more closely connected to humanity and everything that exists in the universe.

Shifting gears, what determines phosphosiderite’s worth? Let’s talk grading.

phosphosiderite gemstone cabochons

Phosphosiderite Gemstone Properties

Experts assess each gem’s physical characteristics to determine its worth. For phosphosiderite, they look at color, cut, clarity, and weight.

Color

Like many semi-precious gemstones, phosphosiderite doesn't occur in just one color. Its most common hue is purple. It tends to lean slightly red or pink, better describing it as violet or orchid purple. 

Rarer occurrences include dark purples, more akin to a deep plum, rose red, soft peachy pink, and reddish-brown. Sometimes, you can even find moss green or orange phosphosiderite.

Occasionally, colorless specimens also occur. In these, pleochroism is often present, causing flashes of pinks or reds depending on the angles at which you hold the stone. 

Cut

Collectors are particularly keen on phosphosiderite in its rough (or uncut) form. This is because rough specimens can be just as striking as faceted ones.

Rough phosphosiderite tends to be transparent or translucent. The specimens themselves tend to be relatively small, coming in below 2.5 cm in many cases.

Thanks to its spectacular colors, phosphosiderite is magnificent when faceted or cut into cabochons. Due to the mineral’s softness, it takes a skilled lapidary to do it correctly. 

Carvings, like phosphosiderite spheres, hearts, and other shapes, are also popular. 

Clarity

Some colorless specimens can display dazzling fire, making for stunning gem cuts.

Commonly, inclusions of cacoxenite produce spidery, yellow streaks, but they aren’t always visible in phosphosiderite cut for jewelry and seem to have little effect on price.

Carat Weight

Phosphosiderite that occurs in massive form is usually used to produce cabochons.

Colorless phosphosiderite tends to be extremely small.

Treatments

You won’t find fake phosphosiderite specimens often, but you may come across treated specimens. Sometimes, phosphosiderite is coated with paraffin or resins to enhance shine and stability. 

…But before phosphosiderite ever makes it to grading, it has to form!

phosphosiderite gemstone rough slab

Phosphosiderite Formation & Sources

Phosphosiderite forms in the oxidized zone of phosphorus-bearing ore deposits. It’s an alteration product of triphylite in granitic pegmatites, soils, and replacement minerals in bones and shells.

Phosphosiderite is often associated with other phosphate minerals, such as members of the apatite group, lithiophilite, strengite, and rockbridgeite.

Geographically, where does phosphosiderite occur?

Mining Locations

The most beautiful phosphosiderite specimens come from the Bull Moose pegmatite in South Dakota (USA). Much of it also comes from France, Germany, Portugal, Chile, and Argentina. 

Other notable localities include:

  • Australia

  • Austria

  • Belgium

  • Bolivia

  • Brazil

  • Cameroon

  • Canada

  • China

  • Colombia

  • Czech Republic

  • Europe

  • Finland

  • Hungary

  • Ireland

  • Italy

  • Japan

  • Liberia

  • Madagascar

  • Morocco

  • Mozambique

  • Namibia

  • New Zealand

  • Poland

  • Russia

  • Rwanda

  • South Africa

  • Spain

  • Sweden

  • Switzerland

  • United Kingdom

Luckily, you won’t have to break the bank or travel far to snag some phosphosiderite. 

phosphosiderite gemstone beads for earrings

Phosphosiderite Price & Value

Despite phosphosiderite’s rarity, it’s a relatively affordable crystal. 

Rough phosphosiderite will only cost you between you $0.04 to $0.10 per gram, more or less. Some higher-end pieces can vary between $0.24 to $083 per gram.

Phosphosiderite carvings, like phosphosiderite towers, spheres, clouds, and other shapes, are very popular and generally vary in price between $20 to $80. 

More intricate or higher-quality pieces can average around $90 to $200 but have garnered prices as high as $900. 

Along with the mineral being a bit rare, specimens aren't usually consistent in appearance — so you’re more likely to find phosphosiderite jewelry for sale by independent designers rather than chain jewelry stores

Faceted phosphosiderite bracelets and necklaces can generally be found for around $4 to $20. Higher-end pieces can fetch prices as high as $1300. 

Phosphosiderite cabochons generally range between $0.25 to $1.96 per carat, for low to mid-quality pieces. Higher quality cabochons generally sell for about $3.56 to $5 per carat.

Getting your crystals is just the first step. You’ll need to master proper gemstone care to ensure your phosphosiderite lasts forever!

Phosphosiderite Care and Maintenance

With phosphosiderite grading 3.5 to 4 on the Mohs scale, the mineral is quite soft. It’s also quite brittle so you’ll want to handle it carefully.

To clean your phosphosiderite stones, carefully rinse them with cool to room temperature water, mild soap, and a soft, non-abrasive cloth or soft-bristled brush. Dry it gently and thoroughly before storing it in a cool, dry place.

Avoid your phosphosiderite coming into contact with:

  • Heat

  • Harsh cleaners

  • Abrasive chemicals

  • Ultrasonic cleaners

  • Harder minerals

As a delicate mineral, you’ll want to opt for phosphosiderite jewelry with protective settings. Always remove your jewelry before any rigorous or impact-prone activities.

Although it has some potential for aluminum toxicity, phosphosiderite is safe to handle. However, you should never use it in crystal elixirs, consume, or ingest it in any way. 

Find Your Higher Self with Phosphosiderite

That wraps up our comprehensive guide to phosphosiderite stones! It may be one of the new kids on the block in the world of crystals, but we like to think it’s finally getting the attention it deserves.

Its lovely energy is truly transcendent, allowing you to see yourself, the world, and beyond in ways you never thought possible. On the flip side, if you’re obsessed with adding rare and obscure crystals to your collection (like we are), this is one mineral you won’t want to pass up! 

Buy phosphosiderite gemstones today!

ホスホシデライト原石その名前が舌からすぐに転がる珍しい宝石の準備はできていますか?ホスホシデライトに会いましょう。

faws-fawsi-der-ayteと発音されるフォスフォシデライトは、宝石の世界に足を踏み入れたときに、おそらくあなたのレーダーの下を飛んでいるファンキーな外観の結晶 (ファンキーな響きの名前を持つ) です。ただし、このあいまいなクリスタルは、リストに載せる価値があります。

ホスホシデライト石とは?それは(通常)リン酸塩と鉄でできた紫色から紫がかった赤色の鉱物です.

ホスホシデライトの興味深い点は、それらが同じ組成を共有していることですが、それらはさまざまな特性を持ち、あらゆる種類の目を引く色で発生する傾向があります.

そのユニークな外観に加えて、ホスホシデライト ストーンは、健康、特に精神的な成長を助ける活気に満ちたエネルギーを持っていることが知られています。

ホスホシデライト石とは何か、その意味、用途などについて詳しく知るには、引き続きホスホシデライト ジェムストーン ガイドをお読みください!

ホスホシデライト原石

フォスフォシデライトストーンについて

ホスホシデライトは 19 世紀後半に発見されたばかりで、宝石の世界では比較的新しい存在です。

ホスホシデライトという名前は、石のミネラル構造に関連しています。ラテン語のphospho (「リン酸塩」) とsídēros (「鉄」) に由来します。

「ピンクの石」を意味するピエドラ ヴォーガ、「ピンクの岩」を意味するラ ロサ ボカとも呼ばれます。ホスホシデライトはかつて「メタストレンジャイト」と呼ばれていましたが、この仮名はほとんど時代遅れです。

一部のクリスタルは、特定の占星術の兆候のバランスを取るためのゾディアック ストーンとして使用できます。星座のホスホシデライトは魚座に同調しています。

では、ホスホシデライトが本物であるかどうかをどのように判断できますか?そのミネラル特性を注意深く観察すると、あなたが知る必要があるすべてを知ることができます!

ホスホジデライトの仕様と特徴

ホスホシデライトは、かなり希少なリン酸鉄鉱物であるストレンガイトの二形です。

技術的な観点から、ホスホシデライトは真の宝石ではなく、単なる鉱物であると主張する人もいます.

結晶は、不透明から透明までの範囲の色の配列で発生します。最も一般的なのは、オーキッドパープルやラベンダーなどの紫で、多くの場合、赤やピンクの色合いも混ざっています.

時折、表面に沿って黄色の筋が入ったホスホシデライト石が発生します。黄色の細い線はさまざまで、より暗いまたは太い線や斑点を示します。その結果、ホスホシデライトがバリサイトのような水和リン酸アルミニウムの変種であるかどうかについて、いくつかの議論がありました.ただし、これはまだ実証されていないため、お好きなように解釈してください。

ホスホシデライトの鉱物データの概要は次のとおりです。

  • 化学式:FePO4・2H2O

  • ミネラルファミリー: リン酸塩

  • 組成: リン酸、鉄、水素、酸素

  • モース硬度:3.5~4

  • 粘り強さ: もろい

  • : 紫~赤紫、ピンク、黄褐色、緑、無色

  • 結晶構造: 単斜晶系

  • 光沢: ガラス質

  • 分散: 強い

  • 透明度: 透明から半透明

  • 屈折率:1.70~1.74

  • 密度: 2.74 ~ 2.76

  • 劈開: {010} 明確。 {001} 不明瞭

  • 骨折:不均一

  • ストリーク: ホワイト

  • 発光: なし

  • 多色性: 現在;通常、赤から無色に上昇

  • 品種:ビラタイト(マンガン含有ホスホシデライト)

レピドライトとホスホシデライトの宝石上の写真: レピドライト

ホスホシデライト vs. レピドライト

フォスフォシデライトの美しい紫色は、レピドライトのような他の同様の色の結晶と混同しやすい.彼らは他の類似点も共有しています。たとえば、どちらも単斜晶系の結晶構造を持ち、比較的柔らかいです。

ただし、ホスホシデライトとレピドライトに関しては、2 つの鉱物を区別するのに役立つ重要な違いがいくつかあります。

色に関しては、レピドライトはホスホシデライトよりもアメジストに似ています。また、蛍光を発しますが、ホスホシデライトは発しません。レピドライトも雲母でできていますが、ホスホシデライトは鉄とリンで構成されています。別の違いは、ホスホシデライトがレピドライトよりもわずかに硬いことです。

次に、ホスホシデライトの語源のいくつかを調べてみましょう.

彫刻が施されたフォスフォシデライト ジェムストーン ネックレス ビーズ付き

ホスホシデライトの歴史

フォスフォシデライトは、1858 年にフランスの鉱物学者、アルフレッド ルイス オリバー ルグラン デ クロワゾーによって最初に発見されました。しかし、最初は発見時に「タイプ I ヒューレアライト」に分類されました (これは正確な説明ではありません)。

ホスホシデライトが正式な名前を獲得したのは 1890 年のことで、ドイツの作家ウィリー・ブルンスとカール・ハインリッヒ・エミール・ゲオルク・ブスのおかげです。前述のように、彼らはリン酸塩と鉄の組成にちなんでホスホシデライトと名付けました。

古代のヒーラーは、ホスホシデライトが負のエネルギーを吸収して希釈し、正のエネルギーとして世界に放出すると信じていました。彼らはまた、病気、特に慢性的な健康問題を癒すことができると信じていました.

癒しといえば…

ホスホシデライト ヒーリング ストーン ビーズ ブレスレット

ホスホジデライト治癒特性

ほとんどの宝石は、身体的、感情的、精神的な健康を改善するためのヒーリング ストーンとして使用できます。

ホスホシデライトは、「癒しと希望の宝石」と呼ばれることがよくあります。あらゆるレベルで体を助ける素敵な癒しと心を落ち着かせる振動が含まれていると信じられています.石の表面に触れるだけで、その穏やかなエネルギーに引き寄せられ、即座に全体的な存在感が高まると考えられています。

まず、ホスホシデライトがあなたの身体にどのように役立つかを見てみましょう.

物理治癒

ホスホシデライトには、特に肌や髪に関する身体のトラブルを治す傾向があると言われています。

ミネラルの活性化エネルギーは、特に腹部に関連する場合、精神および運動機能を改善する可能性があります.

不眠症と闘う?ホスホシデライトは、就寝時に至福の眠りに入るために、シャットダウンしてリラックスするのに役立ちます.

心の癒し

ホスホシデライトは、最も必要なときに希望の種を蒔くと信じられています。落ち着き、快適さ、落ち着きを生み出します。過剰な心配を根絶し、安定を取り戻します。

人生のストレスに巻き込まれすぎて、幸せな瞬間を逃したと感じたことはありませんか?ホスホシデライトは、人生のあらゆる段階で、たとえ困難な段階であっても、喜びを感じるのを助けてくれます。

ホスホシデライトで瞑想すると、全体像を見るのに役立ちます。それは、あなた自身と他の人たちのより大きなビジョンを刺激し、あなたがこれまで知らなかった可能性を見るのを助けます.

チャクラヒーリング

一部のミネラルは、1 つまたは複数のチャクラのバランスをとるのに役立ちます。チャクラは体に沿ったエネルギー センターであり、特定の方法で心、体、魂を支配します。

ホスホシデライトをチャクラ石として使用して、7 つのエネルギー ポイントすべてのバランスを取ることができます。しかし、それは特に第三の目のチャクラに同調します。

サードアイチャクラは眉間の額に位置しています。それは直感と先見の明に関連しています。ホスホシデライトは、そのエネルギーを使って第三の目を目覚めさせ、あなたの周りの世界と天の領域(または精神の領域)への意識を高めます.

霊的な癒し

ホスホシデライトは、人生のより深い側面に重点を置いた結晶であり、隠された教訓を明らかにし、肉眼で見ることができるものを超えた真実に目を向けます.

スピリチュアル的には、存在の他の領域や平面とつながるのを助けることが知られています.より高いレベルの意識とのコミュニケーションを刺激し、人類や宇宙に存在するすべてのものとより密接につながるのを助けます。

話は変わりますが、ホスホシデライトの価値は何で決まるのでしょうか?格付けについて話しましょう。

ホスホシデライト宝石カボション

ホスホジデライト宝石の特性

専門家は、各宝石の物理的特性を評価してその価値を判断します。ホスホシデライトの場合、彼らは色、カット、透明度、重量を調べます。

多くの半貴石と同様に、ホスホシデライトは単色ではありません。その最も一般的な色相は紫です。わずかに赤またはピンクに傾く傾向があり、スミレまたはオーキッドパープルと表現する方が適切です.

まれに、深いプラムに似た濃い紫、ローズレッド、柔らかい桃色のピンク、赤褐色などがあります。モスグリーンやオレンジ色のホスホシデライトが見つかることもあります。

時折、無色の標本も発生します。これらには多色性が見られることが多く、石を持つ角度に応じてピンクや赤の閃光を引き起こします。

切る

コレクターは、原石 (またはカットされていない) の形のホスホシデライトに特に熱心です。これは、粗い標本がファセット標本と同じくらい印象的である可能性があるためです。

粗いホスホシデライトは、透明または半透明になる傾向があります。標本自体は比較的小さい傾向があり、多くの場合 2.5 cm 未満になります。

その見事な色のおかげで、フォスフォシデライトは、 ファセットカットカボションカットの際に見事な輝きを放ちます。鉱物の柔らかさのため、熟練した宝石職人が正しく行う必要があります。

フォスフォシデライトの球体、ハート、その他の形の彫刻も人気があります。

明瞭さ

無色の標本の中にはまばゆいばかりのを示すものもあり、見事な宝石のカットになります。

一般に、カコクセナイトのインクルージョンはクモのような黄色の筋を生成しますが、ジュエリー用のホスホシデライト カットでは常に見えるとは限らず、価格にほとんど影響を与えないようです。

カラット重量

塊状で発生するホスホシデライトは通常、カボションの製造に使用されます。

無色のホスホシデライトは非常に小さい傾向があります。

トリートメント

偽のホスホシデライト標本はあまり見つかりませんが、処理された標本に出くわすことがあります.ホスホシデライトは、輝きと安定性を高めるためにパラフィンまたは樹脂でコーティングされることがあります。

…しかし、ホスホシデライトが格付けされる前に、形成する必要があります!

ホスホシデライト宝石原石ラフスラブ

ホスホシデライトの形成と供給源

ホスホシデライトは、リン含有鉱床の酸化帯で形成されます。これは、花崗岩のペグマタイト、土壌、および骨や貝殻の代替鉱物のトリフィライトの変質生成物です。

ホスホシデライトは、多くの場合、アパタイトグループのメンバー、リチオフィライト、ストレンガイト、ロックブリヂガイトなどの他のリン酸塩鉱物と関連しています。

地理的に、ホスホシデライトはどこで発生しますか?

採掘場所

最も美しいホスホシデライト標本は、サウスダコタ州 (米国) のブル ムース ペグマタイトから産出されます。その多くは、フランス、ドイツ、ポルトガル、チリ、アルゼンチンからも来ています。

その他の注目すべき地域は次のとおりです。

  • オーストラリア

  • オーストリア

  • ベルギー

  • ボリビア

  • ブラジル

  • カメルーン

  • カナダ

  • 中国

  • コロンビア

  • チェコ共和国

  • ヨーロッパ

  • フィンランド

  • ハンガリー

  • アイルランド

  • イタリア

  • 日本

  • リベリア

  • マダガスカル

  • モロッコ

  • モザンビーク

  • ナミビア

  • ニュージーランド

  • ポーランド

  • ロシア

  • ルワンダ

  • 南アフリカ

  • スペイン

  • スウェーデン

  • スイス

  • イギリス

幸いなことに、銀行を壊したり、ホスホシデライトを入手するために遠くに旅行したりする必要はありません.

イヤリング用ホスホシデライト宝石ビーズ

ホスホシデライトの価格と価値

ホスホシデライトは希少性がありますが、比較的手頃な価格の結晶です。

粗いホスホシデライトの費用は、1 グラムあたり 0.04 ドルから 0.10 ドルの間で、多かれ少なかれかかります。一部の高級品は、1 グラムあたり 0.24 ドルから 083 ドルの間で変動します。

フォスフォシデライトの塔、球体、雲、その他の形状のようなフォスフォシデライトの彫刻は非常に人気があり、一般的に価格は 20 ドルから 80 ドルの間で変動します。

より複雑な、またはより高品質の作品は、平均で約 90 ドルから 200 ドルですが、900 ドルもの高値をつけています。

鉱物が少し希少であることに加えて、標本は通常、外観が一貫していないため、チェーンの宝石店ではなく、独立したデザイナーが販売しているホスホシデライト ジュエリーを見つける可能性が高くなります。

ファセット フォスフォシデライト ブレスレットとネックレスは、通常、約 4 ドルから 20 ドルで見つけることができます。ハイエンドの作品は、1300ドルもの高値で取引できます。

フォスフォシデライト カボションは通常、低品質から中品質のもので、1 カラットあたり 0.25 ドルから 1.96 ドルの範囲です。高品質のカボションは、通常、カラットあたり約 3.56 ドルから 5 ドルで販売されています。

クリスタルを入手することは、最初のステップにすぎません。ホスホシデライトを長持ちさせるには、適切な宝石のお手入れをマスターする必要があります。

ホスホジデライトのお手入れとメンテナンス

モース スケールで 3.5 から 4 に等級付けされたホスホシデライトで、鉱物は非常に柔らかいです。また、かなり脆いので、慎重に扱いたいと思います。

ホスホシデライト石をきれいにするには、室温まで冷やした水、刺激の少ない石鹸、柔らかい非研磨布または毛先の柔らかいブラシで慎重にすすいでください。涼しく乾燥した場所に保管する前に、優しく完全に乾かしてください。

ホスホシデライトが次のものと接触しないようにしてください。

  • 過酷なクリーナー

  • 研磨剤

  • 超音波洗浄機

  • より硬い鉱物

デリケートな鉱物であるため、保護設定のあるホスホシデライト ジュエリーを選択することをお勧めします。激しい活動や衝撃を与えやすい活動の前には、必ずジュエリーを外してください。

アルミニウム毒性の可能性がありますが、ホスホシデライトは安全に取り扱えます。ただし、クリスタルエリクサーで使用したり、消費したり、摂取したりしないでください.

フォスフォシデライトでハイヤーセルフを見つける

これで、ホスホシデライト石の包括的なガイドを締めくくります!それはクリスタルの世界のブロックにある新しい子供の1人かもしれませんが、ついにそれに値する注目を集めていると思います.

その素敵なエネルギーは真に超越的であり、自分自身、世界、そしてその先のことを、これまで不可能だと思っていた方法で見ることができます。反対に、(私たちのように)コレクションに希少であいまいな結晶を追加することに夢中になっている場合、これは見逃せない鉱物の 1 つです。

今すぐホスホシデライトの宝石を購入しましょう!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

Gemstone Encyclopedia検索してください

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
記事379
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
記事60
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
記事78
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
記事2
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
記事3
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
記事34
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
記事9
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
記事48
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
記事30