処理...
Opal Stone Meaning, Uses, Properties, Value, & More
オパールストーンの意味、用途、特性、価値など
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

Opal informationOpals are one of the most unique gemstones in the world, known for their unique iridescent, fire-like appearance. For centuries, people believed opals contained other stones inside of a single gem. Why? Because of the radiating patterns and color combinations. For example, spots of red were assumed to be ruby, green looked like emerald, and thus, each opal was rumored to be a cluster of different stones in one. As a result, opals are one of the most aesthetically pleasing and desirable stones for jewelry and contain a rich history of folklore and holistic use. 

However, opals are the softest gem-quality stone in the market, requiring extra care to protect and preserve their luminous fire and sheen long-term.

In this article, we’re going to share all of the pertinent details of opal stones, from their various meanings to holistic properties to gem characteristics and value. Let’s dive right in!

Opal gemstone

What is Opal?

Opal is a gemstone that forms in a variety of different colors, shapes, and sizes. Unlike most gemstones, opal isn't a mineral but a mineraloid. The composition is a hydrated (wet) amorphous silica with a Mohs hardness scale ranking between 5.0 to 6.5.

The silica deposits that opal form in produce when rain and silicon dioxide seep into the ground; the mixture picks up evaporated silica from the sandstone along the way and it all settles into crevices that eventually dry up. What’s left behind is a silica deposit that builds up over time — we’re talking millions of years —  and eventually forms large opal boulders and concretions. 

Miners discover these deposits and cut away the host rock to procure rough opal stones which are then faceted (cut) into gemstones!

Some opals are speckled with different colors and hues, others are translucent, and many are found in light shades of pink or blue with an iridescent shine. There are two types of opal, determined by whatever color they take on during formation: precious and common. Precious opals display a striking optical effect like a rainbow called play-of-color, which we mentioned above. Common opals, however, do not display this feature, and that’s the primary distinction between the two opal classes.

Since we’re on the subject, let’s look more into the fascinating fire seen in precious opals.

What is opal play-of-color?

The term play-of-color refers to the fire-like rainbow appearance of precious opals, which diffract light in different ways based on the internal structure of the stone and the angles you view it from. It’s easier to understand the concept as an optical illusion: light enters the stone, interacts with the internal structure, minerals, and shapes, and then leaves the stone in a flash of spectral colors. What you end up seeing is a vibrant mixture of colors and shapes that change as you move the stone! 

It’s this remarkable feature that elevates opals into a class all their own.

Other terms for play-of-color include color-play, flashes, and fire. This type of "fire" is different from gemstone dispersion.  

Of all the different types of precious opals, black opal is the rarest form (pictured below). The black color is actually a body tone, acting as a backdrop for the rainbow iridescence to dance and dazzle the eyes. Opaque greys, greens, and white are some of the most common body tones of precious opal that exhibit play-of-color. Beyond that, there are a few other ways to identify a gemstone in the opal family. 

black opal gemstone cabochon

Specifications and Characteristics

  • Color: All colors, with black being the rarest. Precious opals will appear iridescent over whichever primary body tone they have.

  • Crystal structure: Amorphous solid (not crystalline)

  • Luster: Subvitreous to waxy

  • Transparency: Transparent to opaque; Typically translucent to opaque

  • Refractive index: 1.450 +0.020/-0.080

  • Density: 2.09

  • Cleavage: None

Now that you’ve identified an opal, what does it mean? Like all gemstones, history has attributed opal stones with a long list of symbolic meanings. Let’s dig a little deeper into opal meanings and symbolism next.

Opal gemstone play of color

Opal Stone Meaning

Opal stone has a rich history of folklore that spans centuries. In Ancient Rome, opal symbolized love and hope. In other cultures, opal has been widely associated with royalty, good luck, and fortune. Because of its long history, opal meaning is sometimes attributed to conflicting symbolism and theories. Though it’s commonly seen as a symbol of good fortune, opal is also widely regarded to mean bad luck – it all depends on who you ask! 

However, the truth is that opals don’t harbor bad luck, they’ve simply been associated as such in pop culture and literature. For thousands of years, opals represented good fortune. It wasn’t until the Black Plague in the 14th century that opal’s reputation took a downturn. Amidst this tragic health crisis, people believed that an opal’s colors were most bright when its owner was about to die. Allegedly, when they passed on, the opal lost all brilliance and fire.

Centuries later, Sir Walter Scott published Anne of Geierstein, and in the fiction tale one of the characters employs an opal talisman to obtain mystical powers, but when holy water drops onto the stone, the character dies immediately.

As you can see, opal’s reputation as a bad luck charm is purely myth and legend. There are real-life properties and opal benefits that vindicate this gem as one of the most treasured in the world.

Opal, the original October birthstone, has also been linked to supernatural origins and powers, probably because of its otherworldly appearance. On the zodiac calendar, opal falls under Libra for birthdays between September 23rd to October 22nd. 

The stone is widely viewed within cultures as a symbol of hope, purity, and truth, and was even said to have fallen from the heavens. 

opal healing stones

Opal Spiritual and Healing Properties

Holistic healers use opal to intensify emotions and cosmic consciousness. It’s often said that wearing opal enhances creativity and intelligence in the wearer, and heightens a connection to oneself. Some even believe that wearing an opal strengthens recall and memory. 

For healing, opal stone may treat infections and fevers, while simultaneously purifying the liver and kidneys. Opal is an excellent stone for women, too, by alleviating menstrual cramps and easing childbirth pain. Opal healing properties are based on holistic health theories that have stood the test of time, with more and more people gravitating to the stone’s properties for physical, mental, and emotional healing.

Opal properties extend beyond just metaphysics. Next, we’ll examine some of the important buying factors to consider regarding opal gemstones.

crystal opal gemstone faceted

Opal Gemstone Properties

Once extracted from the earth, opal stones are usually cut and used in fine jewelry. Gemologists have devised various methods for identifying high-quality opal gems, which involves analyzing their color, clarity, and pattern. Let’s use Mexican fire opal and Peruvian opal as prime examples. 

Color

What color opal is most valuable? In precious opal stones, a combination of rare background color and play-of-color is paramount. Black opal stones are the rarest, and as such, they command the highest prices. A more accessible product in the opal market is from Mexico: fire opal. Mexican fire opal should be a bright, reddish-orange at its base. Stones with hints of orange, yellow, and blue iridescence are the most valuable because, well, they look like fire!  

Clarity & Transparency

The clarity in opal is a measure of its transparency, which ranges from clear to milky. The desired level of clarity varies depending on the type of opal. Some opal stones are valued higher if they are more transparent. Others, like Peruvian opal, are valued for opacity to make them appear more blue or pink. 

Pattern & Play of Color

In addition to clarity, the play-of-color patterns in precious opals will drastically change the value of each opal stone. There are dozens of opal patterns, but three you'll see discussed frequently are pinfire, flash, and harlequin. Pinfire patterns are small specks of color, flash patterns appear in larger sections, and harlequin patterns can be identified by large rectangular patches of color with touching edges. Harlequin patterns are the rarest and most valuable. 

Value is primarily in the eye of the beholder, but universally, the more play-of-color, the better.

Just remember that if you look at an opal and feel mesmerized, it likely has a high-quality play-of-color! But it’s always best to refer to this opal guide or consult with a reputable gemologist or jeweler to ensure the gem’s qualities are up to par.

So how do all of these opal properties play into the stone’s history as a precious gemstone?

precious opal gemstone ring with cubic zirconia

Opal History

The earliest known uses of opal stone date all the way back to Kenya in 4000 B.C. The ancient artifact was discovered by archaeologists in a cave in 1939, but as mentioned, opal has spanned centuries, hiding in caves and crevices waiting for explorers to excavate them. 

The Romans, Egyptians, Greeks, and other great ancient civilizations have revered and gifted opal to loved ones and great rulers. Opal wasn’t accessible to commoners until much later in the timeline of civilization. 

We know that these radiant stones have a vibrant history, but where do opals come from?

opal gemstone rough specimen

Opal Stone Origins and Sources

Opal surfaced in small patches throughout different parts of the world for centuries, but in the 1890s, Australian opal took the world by storm, and would quickly dominate the global opal supply and gemstone market.

Later, in the late 20th century, a startingly discovery rocked the opal market. Miners unearthed a striking new variety of opal in the Menz Gishe District of the Shewa province. Ethiopian Welo Opal now contributes the second-largest supply of opals in the world next to Australia.

Australia produces about 95% of the world’s precious opal. The land down under is also the only known place to find black opal, the rarest form of opal stone. Like many other gemstones, the landscape and chemical compounds present in the land influence which stones are produced. Australia’s dry climate and mineral-rich sandstone make up a perfect environment for a wide variety of gemstones including diamonds, sapphires, and jade stones. 

Peruvian and Mexican fire opal stones are also common since they form in somewhat similar climates to Australia. Still, it’s important to understand the care and maintenance requirements of precious and common opal stones. With proper care, your opals will last a lifetime and more, making them treasured family heirlooms.

ethiopian opal gemstone rough specimen

Care and Maintenance

Opal, like most other precious gemstones, should be handled with great care. Because the stones are so soft and watery, they can easily scratch, break, and chip, and should be set or wrapped with precision if used in jewelry. This is the best way to ensure that the stone is safe while wearing day-to-day.

Jewelers have creatively devised ways to protect opals to ensure they withstand daily wear and tear. Still, you’ll want to clean opals routinely to best display their vibrance and play-of-color.

To clean your precious opal stones, use a mild detergent and warm water. Scrub the gemstones only with a soft bristle toothbrush. Avoid bleaches and harsh cleaners at all costs, as they can damage your opal. Soaking and immersing them in water may also cause some damage, so don’t submerge your opal stones if possible. Better upkeep will help you maintain your stone’s value so it can stand the test of time.

Additionally, bring your opal stones into the jeweler for cleaning once or twice a year. The jewelers will be able to clean away any buildup or residue in the jewelry settings, as well. 

white opal gemstone earrings

Opal Prices and Value

Like all gemstones, opal is priced by carat weight, but due to the variety of stones in the market, the price per carat differs based on your stone. Common opal can cost as low as $10 per carat, but prices get up to $6,000 per carat for more rare, precious forms of opal gemstones — especially those exhibiting the most fire and unique color patterns.

Believe it or not, an opal stone called “The Virgin Rainbow” is valued at a whopping $1 million dollars. This amazing opal is currently the most expensive opal stone ever discovered and sits in the Southern Australia Museum in Adelaide. If the massive size, gorgeous black color, and all-over pattern of this stone weren’t enough, the play-of-color actually glows in the dark! 

It’s not unusual for opal to be confused with moonstones and other iridescent gems, so it’s important to check the clarity and color when purchasing an opal stone. Buy from trusted sources and keep a watchful eye out for simulated opals. 

In the Market for Precious Opal?

Before we conclude this opal guide: what is opal stone good for? Well, a lot of things really. Not only is opal a truly captivating and unique stone with magnetizing qualities, but precious opal is also exceptionally rare and almost exclusively Australian. If you’re ready to get your hands on an opal gemstone, you will also benefit from the mental, spiritual, and metaphysical benefits of wearing the stone regularly.

If you’re interested in purchasing opal, Opal Auctions is your trusted source with competitive pricing on high-quality opal stones. 

For all of your opal needs and desires, visit Opal Auctions today!

オパール情報オパールは、独特の虹色の火のような外観で知られる、世界で最もユニークな宝石の1つです。何世紀にもわたって、人々はオパールが単一の宝石の中に他の石を含んでいると信じていました。どうして?放射パターンと色の組み合わせのため。たとえば、赤の斑点はルビーであると想定され、緑はエメラルドのように見えたため、各オパールは1つの異なる石のクラスターであると噂されていました。その結果、オパールはジュエリーにとって最も審美的に美しく望ましい石の1つであり、民間伝承と全体的な使用の豊かな歴史が含まれています。

しかし、オパールは市場で最も柔らかい宝石品質の石であり、その明るい火と光沢を長期間保護および維持するために特別な注意が必要です。

この記事では、オパールストーンのさまざまな意味から全体的な特性、宝石の特性と価値に至るまで、オパールストーンの関連するすべての詳細を共有します。さっそく飛び込みましょう!

オパールジェムストーン

オパールとは何ですか?

オパールは、さまざまな色、形、サイズで形成される宝石です。 オパールの組成は、モース硬度が5.0〜6.5の水和(湿潤)アモルファスケイ酸塩鉱物です。雨や二酸化ケイ素が地面に浸透すると、オパールが生成するシリカの堆積物が生成されます。混合物は途中で砂岩から蒸発したシリカを拾い上げ、それはすべて隙間に落ち着き、最終的には乾きます。残されているのは、時間の経過とともに蓄積するシリカ堆積物です。これは何百万年もの間話されていますが、最終的には大きなオパールの岩や結石を形成します。

鉱夫はこれらの堆積物を発見し、母岩を切り取って粗いオパール石を調達し、それをファセット(カット)して宝石にします!

いくつかのオパールは異なる色と色合いで斑点があり、他は半透明であり、多くは虹色の輝きを持つピンクまたはブルーの明るい色合いで見られます。オパールには2種類あり、形成中にどのような色を帯びるかによって決まります。貴重なものと一般的なものです。プレシャスオパールは、我々は、上記のプレイ・オブ・カラーと呼ばれる虹のような印象的な光学効果を表示します。ただし、一般的なオパールはこの機能を表示しません。これが2つのオパールクラスの主な違いです。

私たちはこのテーマに取り組んでいるので、貴重なオパールに見られる魅力的な火をもっと見てみましょう。

色の遊びとは何ですか?

プレイの-色名があなたからそれを見る角度、石の内部構造に基づいてさまざまな方法で回折する光と貴重なオパールの虹の火のような外観を指します。目の錯覚としての概念を理解するのは簡単です。光は片側から石に入り、内部構造、鉱物、形状と相互作用し、スペクトル色の閃光で石を離れます。あなたが目にするのは、石を動かすと変化する色と形の鮮やかな混合物です!

オパールを独自のクラスに昇格させるのは、この注目に値する機能です。

さまざまな種類の貴重なオパールの中で、ブラックオパールは最も希少な形態です。黒い色は実際にはボディトーンであり、虹色の虹色が踊り、目を眩ませる背景として機能します。不透明なグレー、グリーン、ホワイトは、色の遊びを示す貴重なオパールの最も一般的なボディトーンの一部です。それ以外にも、オパールファミリーの宝石を特定する方法はいくつかあります。

色のオパールジェムストーンプレイ

仕様と特性

  • 色:すべての色。黒が最も希少です。貴重なオパールは、どのプライマリーボディトーンでも虹色に見えます。

  • 結晶構造:アモルファス固体

  • 光沢:亜硝子体からワックス状

  • 透明度:可変

  • 屈折率:1.450 + 0.020 / -0.080

  • 密度:2.09g / cm3

  • 切断:なし

オパールを特定したので、それはどういう意味ですか?すべての宝石のように、歴史は象徴的な意味の長いリストを持つオパール石を帰因させました。次に、オパールの意味と象徴性についてもう少し深く掘り下げてみましょう。

オパールストーンの意味

オパール石には、何世紀にもわたる民間伝承の豊かな歴史があります。古代ローマでは、オパールは愛と希望を象徴していました。他の文化では、オパールは王族、幸運、そして幸運と広く関連しています。その長い歴史のために、オパールの意味は時々矛盾する象徴と理論に起因します。それは一般的に幸運の象徴と見なされていますが、オパールは不運を意味すると広く見なされています-それはすべてあなたが誰に尋ねるかによって異なります!

しかし、真実は、オパールは不運を抱えているのではなく、ポップカルチャーや文学でそのように関連付けられているだけです。何千年もの間、オパールは幸運を表していた。オパールの評判が落ち込んだのは、14世紀のペストまでではありませんでした。この悲劇的な健康危機の中で、人々はオパールの所有者が死ぬ直前にオパールの色が最も明るいと信じていました。伝えられるところでは、彼らが通過したとき、オパールはすべての輝きと火を失いました。

数世紀後、ウォルター・スコット卿はアン・オブ・ガイアーシュタインを出版し、フィクションの物語では、キャラクターの1人がオパールのお守りを使って神秘的な力を得ましたが、聖水が石に落ちると、キャラクターはすぐに死にます。

ご覧のとおり、不運のお守りとしてのオパールの評判は、純粋に神話と伝説です。この宝石が世界で最も大切なものの1つであることを証明する現実の特性とオパールの利点があります。

10月の最初の誕生石であるオパールも、おそらくその異世界的な外観のために、超自然的な起源と力に関連付けられています。 干支のカレンダーでは、オパールは9月23日から10月22日までの誕生日のてんびん座に分類されます。

石は文化の中で希望、純粋さ、真実の象徴として広く見られており、天から落ちたとさえ言われていました。

ルーズオパールジェムストーン

オパールのスピリチュアルとヒーリングの特性

ホリスティックヒーラーはオパールを使って感情と宇宙意識を強めます。オパールを身につけると、身につける人の創造性や知性が高まり、自分とのつながりが高まるとよく言われます。オパールを身につけると想起と記憶が強化されるとさえ信じている人もいます。

治癒のために、オパールストーンは感染症や発熱を治療すると同時に、肝臓と腎臓を浄化することがあります。オパールは、月経困難症を緩和し、出産時の痛みを和らげることで、女性にとっても優れた石です。オパールの癒しの特性は、時の試練に耐えてきたホリスティックな健康理論に基づいており、ますます多くの人々が肉体的、精神的、感情的な癒しのために石の特性に引き寄せられています。

オパールの特性は形而上学だけにとどまりません。次に、オパールの宝石に関して考慮すべき重要な購入要因のいくつかを検討します。

オパールジェムストーンのプロパティ

地球から抽出されると、オパールの石は通常カットされ、高級ジュエリーに使用されます。宝石学者は、高品質のオパール宝石を識別するための失敗防止方法を考案しました。これには、色、透明度、およびパターンの分析が含まれます。メキシコのファイヤーオパールとペルーのオパールを代表的な例として使用しましょう。

どの色のオパールが最も価値がありますか?貴重なオパールの石では、珍しい背景色と色の遊びの組み合わせが最も重要です。黒オパール石は最も希少であり、そのため、それらは最も高い価格を命じます。オパール市場でより入手しやすい製品はメキシコからです。メキシコのファイヤーオパールは、ベースが明るい赤みがかったオレンジ色である必要があります。オレンジ、黄色、青の虹色がかった石は、火のように見えるので最も価値があります。

明快さ

オパールの透明度は、透明度から乳白色までの透明度の尺度です。透明度の望ましいレベルは、オパールの種類によって異なります。一部のオパール石は、透明度が高いほど高く評価されます。ペルーのオパールのような他のものは、それらをより青またはピンクに見せるために不透明度が高く評価されています。

色のパターンまたは遊び

明快さに加えて、オパールのパターンは各オパールの石の価値を劇的に変えます。石の色の遊びは、一般的に、ピンファイア、フラッシュ、ハーレクインの3つのカテゴリのいずれかに当てはまります。ピンファイアパターンは小さな色の斑点であり、フラッシュパターンはより大きなセクションに表示され、ハーレクインパターンは、エッジが接触している大きな長方形の色のパッチで識別できます。価値は主に見る人の目にありますが、普遍的には、色の遊びが多ければ多いほど良いです。

オパールを見て魅了されたと感じるなら、それはおそらく高品質の色の遊びを持っていることを覚えておいてください!しかし、このオパールガイドを参照するか、評判の良い宝石学者または宝石商に相談して、宝石の品質が同等であることを確認することをお勧めします。

では、これらのオパールの特性すべてが、貴重な宝石としての石の歴史にどのように影響するのでしょうか。

オパールの歴史

オパール石の最も初期の既知の使用法は、紀元前4000年にケニアにまでさかのぼります。古代の遺物は、1939年に洞窟で考古学者によって発見されましたが、前述のように、オパールは何世紀にもわたって、探検家がそれらを発掘するのを待っている洞窟や隙間に隠れています。 。

ローマ人、エジプト人、ギリシャ人、および他の偉大な古代文明は、愛する人や偉大な支配者にオパールを崇拝し、贈りました。オパールは、文明のタイムラインのずっと後の段階まで、庶民にアクセスできませんでした。

これらの輝く石には活気に満ちた歴史があることを私たちは知っていますが、オパールはどこから来たのですか?

粗いオパール標本

オパールストーンの起源とソース

オパールは何世紀にもわたって世界のさまざまな地域で小さな斑点で浮上していましたが、1890年代にオーストラリアのオパールは世界を席巻し、世界のオパール供給と宝石市場を急速に支配しました。

その後、20世紀後半に、最初の発見がオパール市場を揺るがしました。鉱山労働者は、シェワ州のメンツギシェ地区で印象的な新種のオパールを発掘しました。エチオピアのウェロオパールは現在、オーストラリアに次ぐ世界第2位のオパール供給に貢献しています。

オーストラリアは世界の貴重なオパールの約95%を生産しています。下の土地は、最も希少な形のオパール石であるブラックオパールを見つける唯一の既知の場所でもあります。他の多くの宝石と同様に、土地に存在する景観と化合物は、どの石が生産されるかに影響を与えます。オーストラリアの乾燥した気候とミネラルが豊富な砂岩は、ダイヤモンドサファイア、翡翠石など、さまざまな宝石に最適な環境を構成しています。

ペルーとメキシコのファイヤーオパールストーンも、オーストラリアとやや似た気候で形成されるため、一般的です。それでも、貴重で一般的なオパール石の手入れとメンテナンスの要件を理解することは重要です。適切な注意を払えば、オパールは一生以上続くので、大切な家族の相続人になります。

お手入れとメンテナンス

オパールは、他のほとんどの貴重な宝石と同様に、細心の注意を払って取り扱う必要があります。石はとても柔らかくて水っぽいので、傷がつきやすく、壊れたり、欠けたりする可能性があります。ジュエリーに使用する場合は、正確にセットまたはラップする必要があります。これは、日常の着用中に石が安全であることを確認するための最良の方法です。

宝石商は、オパールを保護して日常の摩耗に耐えられるようにする方法を創造的に考案しました。それでも、オパールの活気と色の遊びを最もよく表示するために、定期的にオパールを掃除することをお勧めします。

貴重なオパールストーンをきれいにするには、中性洗剤と温水を使用してください。柔らかい毛の歯ブラシだけで宝石をこすります。オパールに損傷を与える可能性があるため、漂白剤や刺激の強いクリーナーは絶対に避けてください。それらを水に浸して浸すことも、いくらかの損傷を引き起こす可能性があるので、可能であればオパール石を沈めないでください。より良い維持はあなたがあなたの石の価値を維持するのを助けるでしょう、それでそれは時の試練に耐えることができます。

さらに、オパールストーンをジュエラーに持ち込み、年に1〜2回クリーニングします。宝石商は、宝石の設定に蓄積したものや残留物を取り除くこともできます。

オパールペア

価格と価値

すべての宝石と同様に、オパールはカラットの重量で価格設定されていますが、市場に出回っている石の種類が多いため、カラットあたりの価格は石によって異なります。一般的なオパールの価格は1カラットあたり10ドルからですが、より希少で貴重な形のオパール宝石、特に最も火が多く独特の色のパターンを示すものの場合、価格は1カラットあたり最大6,000ドルになります。

信じられないかもしれませんが、「 The Virgin Rainbow 」と呼ばれるオパールの石は、なんと100万ドルの価値があります。この驚くべきオパールは現在、これまでに発見された中で最も高価なオパール石であり、アデレードの南オーストラリア博物館にあります。この石の巨大なサイズ、ゴージャスな黒い色、そして全体的なパターンが十分でなかった場合、色の遊びは実際に暗闇の中で輝きます!

オパールがムーンストーンや他の虹色の石と混同されることは珍しいことではないので、オパール石を購入するときは透明度と色を確認することが重要です。信頼できるソースから購入し、シミュレートされたオパールに注意してください。

貴重なオパールの市場では?

このオパールガイドを締めくくる前に:オパールストーンは何に適していますか?まあ、本当にたくさんのこと。オパールは、魅力的でユニークな魅力的な石であるだけでなく、貴重なオパールは非常にまれで、ほとんどオーストラリア産です。オパールの宝石を手に入れる準備ができている場合は、定期的に石を身につけることの精神的、精神的、形而上学的な利点からも恩恵を受けるでしょう。

オパールの購入に興味がある場合は、Gem Rock Auctionsが信頼できる情報源であり、高品質のオパールストーンを競争力のある価格で提供しています。

あなたのオパールのニーズと欲求のすべてについては、今日ジェムロックオークションにアクセスしてください!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

1 人がこの記事が役に立ったと答えています

Gemstone Encyclopedia検索してください

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
記事377
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
記事60
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
記事78
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
記事2
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
記事3
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
記事34
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
記事9
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
記事48
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
記事30