処理...
Rhodonite Stone: Meaning, Healing Properties, Uses & More
ロードナイトストーン:意味、癒しの特性、用途など
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

RhodoniteNo gemstone collection is truly complete without the compelling rhodonite stone. Rhodonite’s rosy pink coloring is reminiscent of warm, flushed cheeks on a summer afternoon. Its black streaks, along with its rarity, infuse it with depth and intrigue. 

As one of the main sources of rhodonite, the U.S. takes great pride in the stone. Massachusetts even claimed rhodonite as their official state gemstone in 1979. No country takes greater pride in rhodonite than Russia, however. As the first and most abundant source of rhodonite for many years, Russia considers rhodonite one of its national symbols.

Wherever you’re from, you’re sure to enjoy rhodonite’s benefits, unique appearance, symbolism, and healing powers.

This guide will cover everything you need to know about the rhodonite stone, from its mineral properties down to uses, meanings, and spiritual benefits.

Rhodonite gemstone

What is a Rhodonite Stone?

The rhodonite stone is a manganese silica stone that ranges from rose to crimson in color. Known for its dark matrix of manganese oxide inclusions, rhodonite doesn’t shy away from other minerals. The inside of rhodonite can be a party of various elements, from calcium to zinc.

Speaking of parties, does your birthday fall under Taurus or Cancer? You’re in luck! Rhodonite is a modern zodiac stone for these two signs. If the traditional emerald or ruby birthstones are too flashy for you, you’ll love rhodonite’s down-to-earth energy. Plus, its symbolism is rooted in unwavering love, perfect for the Taurus and Cancer traits of loyalty and compassion.

While rhodonite isn’t a birthstone, it’s perfect to use during fall. Its warm autumn colors and grounding vibrations can enhance your connection to Earth and make the adjustment to a new season easier.

Just like the changing seasons, rhodonite’s specifications can vary a bit.

Rhodonite Specifications and Characteristics

Rhodonite is a manganese silicate stone that can show optical effects like pleochroism, although weakly, and sometimes chatoyancy. Manganese is a crucial mineral for all life forms — without it, we wouldn’t have oxygen to breathe! 

You might recognize the term “silicate” from other gems like quartz or tourmaline. However, rhodonite is in a sub-group of silicates called the pyroxene group, while quartz and tourmaline stones belong to different groups. It sounds complicated, but just know that each group’s gems have different chemical structures that influence their crystal shape.

  • Chemical compound: Manganese inosilicate (but composition can vary)

  • Mohs scale: 5.5-6.5

  • Color: Rosy red, pink, crimson, red-orange, brownish-red, gray; Black veining is typical

  • Crystal structure: Triclinic

  • Luster: Vitreous (glass-like); Sometimes pearly

  • Transparency: Transparent to translucent; Sometimes opaque

  • Refractive index: 1.71-1.75

  • Density: 3.5-3.7

  • Cleavage: Perfect 2 direction; Prismatic

  • Luminescence: Present; Fluorescent; Both Long-Wave and Short-Wave UV light

rhodonite stones

Rhodonite Varieties and Alternate Names

Rhodonite stones can vary based on which inclusions are present. One of the varieties is fowlerite, a zinc-rich form. Another variety is Pajsbergite, named for the city in Sweden where this type of rhodonite is found. 

Some languages call rhodonite by their own name. For example, rhodonite sometimes goes by Hermannite in Russia or Cummingtonite in Germany. 

Pyroxmangite isn’t a variety of rhodonite, but rather a polymorph. The two are indistinguishable without the aid of intensive scientific tests. Some consider the calcium-rich bustamite to be another variety of rhodonite, but others claim it’s a separate stone.

Whichever variety suits your fancy, you’ll first want to know the properties that factor into buying your perfect rhodonite stone. 

Rhodonite Gemstone Properties

Whether you’re a first-time buyer or a long-time collector, knowing the qualities that factor into a stone’s value before you buy it is important.

For rhodonite, its key qualities are its color, clarity, and cut.

Color

It’s probably obvious by now that rhodonite is famous for its rosy red shade. Yet another identifying color for rhodonite is its dark brown or black inclusions. These inclusions appear as veins or color zones, and they’re caused by manganese oxide. 

Some rhodonite stones have so much manganese oxide, they appear almost completely black due to surface oxidation (rust).

Other inclusions in rhodonite can affect its coloring as well. For instance, bustamite inclusions in rhodonite masses lead to brown or reddish-brown spots. Small green spots can occur with sphalerite inclusions, while galena inclusions create a deeper reddish-brown coloring.

Clarity

Most gemstones receive a clarity grade based on how many inclusions they have and their visibility. Colored gemstones don’t have an international grading standard, but the Gemological Institute of America has created a basic 3-tier system. Based on the GIA’s system, transparent rhodonite would fall under Type III, while opaque rhodonite is “O” for Opaque.

As the Type III classification suggests, rhodonite stones are heavily included. While inclusions typically reduce a stone’s value, rhodonite’s inclusions are one of its most intriguing properties. Because transparent rhodonite is so rare, the opaque variety with striped or swirling inclusions is more popular amongst most buyers. 

Rhodonite’s most common inclusion is manganese oxide, which appears as the black dendrites we discussed above. Magnesium, calcium, and iron are typically present in rhodonite as well. Zinc is present sometimes, but not as often.

Cut

Because of rhodonite’s perfect cleavage, it’s often too delicate to be faceted by anyone who’s not a highly skilled expert. Translucent rhodonite gemstones and jewelry are available, but these pieces are rarer and command higher prices. 

The more common cuts for rhodonite include sleek and polished cabochons, tumbled stones, and beads. Carvings and sculptural items are also popular for rhodonite. 

In fact, rhodonite’s potential for carvings is where its history began.

Rhodonite gemstone

Rhodonite History

Rhodonite’s history technically started in Russia. While the stone wasn’t officially recognized until 1819, miners in the Ural Mountains had been digging up large pieces since 1790. 

Talented Russian carvers created all sorts of magnificent pieces from rhodonite stone: vases, obelisks, and even the sarcophagus of Czar Alexander II’s wife, Maria Alexandrovna. It’s no wonder rhodonite is considered the country’s national symbol.

As Russia started sending rhodonite carvings as diplomatic gifts, its popularity grew around the world. Eventually, the American company Tiffany & Co. used rhodonite from Massachusetts to create sophisticated kitchenware, including knives and place settings. While that particular mine is now closed, you can still see beautiful pieces from the collection on display at the American Museum of Natural History.

One common thread throughout rhodonite’s history is its use as a protective talisman. Beyond the gifts from Russian Czars, everyday folks in the Ural Mountain area started giving rhodonite to travelers and newlyweds as a protection stone. Greeks and Romans wore rhodonite amulets during long trips, and many believed it would increase the wearer’s heart rate to warn them of imminent danger.

Rhodonite spiritual meaning and metaphysical properties aren’t limited to the past! So, what is the meaning of rhodonite now?

Rhodonite Stone Meaning

Rhodonite got its official name in 1819 by German naturalist Christoph Friedrich Jasche. He used the Greek word rhodon, which means “rosy,” to reference the stone’s signature pinkish-red color. 

Before 1819, rhodonite had only been known in Russia. The locals there called it Orletz, Russian for “eagle stone.” The story goes that residents found small rhodonite pieces inside eagle nests, prompting the nickname. It also prompted a local tradition of putting rhodonite in babies’ cribs or gifting it to new parents as a soothing protection stone.

Rhodonite isn’t only known for its protective properties. Rhodonite serves as a symbol of self-realization, helping to clarify one’s true purpose in life. In fact, many rhodonite lovers praise its humanistic qualities.

Rhodonite’s spiritual energies make it a great healing stone. On that note: how do you use rhodonite stone for healing?

LARGE RHODONITE SPECIMEN

Rhodonite Spiritual and Healing Properties

Spiritually, rhodonite is often called a “Stone of Compassion” for its many heart-healing properties. Rhodonite benefits those who struggle with their emotions, be it through bitterness or trauma.

Have you ever wanted to open your heart to someone, but felt it was too scary? Rhodonite can help by enhancing your self-confidence and helping you heal from emotional scars. Furthermore, rhodonite can give you the mental clarity to see where you’re holding yourself back.

Even for those of us with open hearts, rhodonite can attract new love to us. It can also help us care for others more, bringing out our generosity of spirit. After all, sometimes helping others can get you out of your own head.

Physically, rhodonite is known to help with hearing and skin disorders. Additionally, offering help to those dealing with wounds, bug bites, or rashes. Rhodonite is also purported to improve memory.

Speaking of memory, some of us might have some memories we’d like to forget. If your memories have made you build up emotional walls, rhodonite can help open your heart again. Once you’re open to receiving love, rhodonite can attract love to you.

What chakra is rhodonite good for? It’s probably no surprise, but rhodonite helps balance the heart chakra! When the heart chakra is unbalanced, we might feel too scared of getting hurt to put ourselves out there. With rhodonite, the heart chakra can open, allowing us to love ourselves and the people around us more fully.

Rhodonite Specimen

Rhodonite Stone Origins and Sources

Rhodonite forms in areas where heat and water are present, either at surface level or much deeper. The process involves cool rocks being chemically altered by hot, mineral-rich water or magma.

Most rhodonite specimens are found as dense, finely-grained masses. Other minerals, like bustamite or quartz, are almost always mixed into these masses as well. Finding facetable, transparent rhodonite crystals is rare, and these specimens only range in size from 2-3 carats.

Mining Locations

Rhodonite mines are typically situated around manganese ores. Different mines are often known for producing either rhodonite masses or transparent crystals, depending on their environment.

The most impressive rhodonite masses have come from Russia, Australia, and Sweden. Sweden also produces some of the finest transparent rhodonite crystals, along with Japan and Brazil. Other abundant rhodonite deposits are in Canada, Tanzania, and Argentina.

Where is rhodonite found in the U.S.? While Massachusetts is the only state that claims rhodonite as their official gemstone, New Jersey’s Franklin Furnace mine produced some of the most iconic rhodonite crystals at its prime. Other U.S. rhodonite deposits are in California, Montana, and Colorado.

If you enjoy looking for gemstones yourself, you may be wondering: How do you identify rhodonite?

Rhodonite Identification

As we’ve discussed, rhodonite often gets confused with other similar-looking stones. How can you tell if rhodonite is real? The easiest way is to know the stones that get mislabeled as rhodonite and how they differ from true rhodonite stones.

  • Rhodochrosite: Rhodochrosite is softer than rhodonite. Rhodochrosite is soluble in hydrochloric acid, while rhodonite isn’t. Rhodonite’s veining is dark, while rhodochrosite has white swirling bands.

  • Thulite: Thulite is harder than rhodonite and doesn’t have the dark color banding that rhodonite does.

  • Rhodolite: Rhodolite is a type of garnet stone, while rhodonite is a silica stone. Rhodolite is transparent, unlike the more commonly opaque rhodonite. Lastly, rhodolite has higher clarity than rhodonite. 

Knowing how to differentiate rhodonite is helpful for both explorers and everyday buyers. Let’s discuss rhodonite stone price and the factors that affect it.

Rhodonite Price and Value

Large rhodonite crystals or dark crimson specimens are the most valuable forms of rhodonite. Transparent rhodonite specimens are hard to come by, so they command higher prices. 

Transparent, crimson rhodonite crystals between 1-10 carats can cost anywhere from $150-$500 per carat, and sometimes more for richer-colored stones. Similar rhodonite stones over 10 carats can be $500-$1000 per carat. 

You can still find affordable rhodonite jewelry; it’s just more likely to be the opaque variety. Opaque rhodonite usually costs between $0.25-$2.50 per carat. Cabochons that show chatoyancy are the most valuable opaque variety and can be up to 5 carats.

No matter what kind you buy, you can get the most bang for your buck by ensuring your rhodonite stone lasts with proper cleaning and care.

Rhodonite Care and Maintenance

The softest rhodonite is the transparent variety, while opaque rhodonite tends to be tougher because of its inclusions. If you have a transparent rhodonite stone, be sure to take extra caution when handling it. 

With either variety, take care to avoid hard blows to your rhodonite gem. The stone’s brittleness and perfect cleavage make it especially vulnerable to cracks or breakage.

You should also make sure your rhodonite stone doesn’t come into contact with: 

  • Ultrasonic cleaners

  • Harsh chemicals

  • Intense heat

In terms of how to cleanse rhodonite stone, here are our top methods:

  • Hold the stone under a stream of water twice a month.

  • Keep the stone near a piece of selenite or amethyst.

  • Bury your rhodonite in soil for a day.

  • Place rhodonite under moonlight or the light of sunrise.

rhodonite cabochons

Ready for Rhodonite?

Now that you’ve got a handle on rhodonite, you can see why this uncommon stone is an underrated beauty. It may not be as widespread as other gems, but that’s what makes it so special and worthy of your attention.

Whether you want to show your pride as a Taurus or Cancer or start healing emotional wounds, rhodonite can get you there. Better yet, tap into your generous spirit by giving a rhodonite bracelet or rhodonite stone ring as a gift. 

Looking for a gem as unique as you? Find Your Rhodonite Stone Today!

ロードナイト魅力的なロードナイトストーンがなければ、ジェムストーンコレクションは完全ではありません。ロードナイトのバラ色のピンクの色は、夏の午後の暖かく、顔を紅潮させた頬を彷彿とさせます。その黒い筋は、その希少性とともに、深みと陰謀を吹き込みます。

ばら輝石の主要な供給源の1つとして、米国は石に大きな誇りを持っています。マサチューセッツ州は1979年にロードナイトを公式の州の宝石として主張しました。しかし、ロシアほどロードナイトに誇りを持っている国はありません。長年にわたってロードナイトの最初で最も豊富な供給源として、ロシアはロードナイトをその国のシンボルの1つと見なしています。

どこから来たとしても、ロードナイトの利点、独特の外観、象徴性、そして癒しの力をきっと楽しむことができます。

このガイドでは、ロードナイト石について知っておく必要のあるすべてのことを、その鉱物特性から用途、意味、精神的な利点までカバーします。

ロードナイトジェムストーン

ロードナイトストーンとは何ですか?

ばら輝石は、バラ色から深紅色までのマンガンシリカ石です。酸化マンガン含有物の暗いマトリックスで知られているロードナイトは、他の鉱物から遠ざかることはありません。ばら輝石の内部は、カルシウムから亜鉛まで、さまざまな元素の集まりである可能性があります。

パーティーといえば、あなたの誕生日はおうし座とガンのどちらに該当しますか?あなたは運がいいです!ロードナイトは、これら2つの兆候を表す現代の干支石です。伝統的なエメラルドルビーの誕生石が派手すぎる場合は、ロードナイトの地味なエネルギーを気に入るはずです。さらに、その象徴性は揺るぎない愛に根ざしており、忠誠心と思いやりの牡牛座と蟹座の特徴に最適です。

ロードナイトは誕生石ではありませんが、秋に使用するのに最適です。その暖かい秋の色と接地振動は、地球とのつながりを強化し、新しい季節への調整を容易にすることができます。

季節の移り変わりと同じように、ロードナイトの仕様は少し異なる場合があります。

ロードナイトの仕様と特性

ロードナイトは、多色性のような光学的効果を示すことができるケイ酸マンガン石ですが、弱く、時にはキャッツアイ効果があります。マンガンはすべての生命体にとって重要なミネラルです。マンガンがなければ、呼吸する酸素がありません。

クォーツトルマリンのような他の宝石から「ケイ酸塩」という用語を認識しているかもしれません。ただし、ロードナイトは輝石グループと呼ばれるケイ酸塩のサブグループに属し、石英とトルマリンの石は異なるグループに属します。複雑に聞こえますが、各グループの宝石には、結晶形状に影響を与えるさまざまな化学構造があることを知っておいてください。

  • 化合物:マンガンイノシリケート(ただし、組成は異なる場合があります)

  • モース硬度: 5.5-6.5

  • 色:バラ色の赤、ピンク、深紅、赤オレンジ、茶色がかった赤、灰色。黒静脈が典型的です

  • 結晶構造:三斜晶

  • 光沢:ガラス質(ガラス状);時々真珠のような

  • 透明度:透明から半透明。時々不透明

  • 屈折率: 1.71-1.75

  • 密度: 3.5-3.7

  • 胸の谷間:完璧な2方向。プリズマティック

  • 発光:存在;蛍光;長波と短波の両方のUV光

ロードナイト石

ロードナイトの品種と別名

ロードナイト石は、どの含有物が存在するかによって異なります。品種の1つは、亜鉛が豊富な形態のファウレライトです。別の品種は、このタイプのロードナイトが見られるスウェーデンの都市にちなんで名付けられたPajsbergiteです。

一部の言語では、ロードナイトを独自の名前で呼んでいます。たとえば、ロードナイトはロシアのヘルマナイトやドイツのカミントン閃石を通過することがあります。

パイロクスマンガン石はさまざまなロードナイトではなく、多形です。この2つは、集中的な科学的テストの助けがなければ区別できません。カルシウムが豊富なバスタマイトを別の種類のロードナイトと見なす人もいますが、別の石であると主張する人もいます。

どちらの品種があなたの好みに合っていても、あなたは最初にあなたの完璧なロードナイト石を購入する要因となる特性を知りたいでしょう。

ロードナイトジェムストーンの特性

あなたが初めての購入者であろうと長年のコレクターであろうと、購入する前に石の価値に影響を与える品質を知ることは重要です。

ロードナイトの場合、その重要な品質は、その色、透明度、およびカットです。

バラ輝石がバラ色の赤い色合いで有名であることは、今ではおそらく明らかです。ばら輝石のさらに別の識別色は、その暗褐色または黒色の含有物です。これらの封入体は静脈またはカラーゾーンとして表示され、酸化マンガンが原因です。

一部のロードナイト石は酸化マンガンが非常に多く、表面の酸化(錆)によりほぼ完全に黒く見えます。

ロードナイトに含まれる他の含有物も、その着色に影響を与える可能性があります。たとえば、ロードナイトの塊にバスタマイトが含まれていると、茶色または赤褐色の斑点が生じます。閃亜鉛鉱の含有物では小さな緑色の斑点が発生する可能性がありますが、方鉛鉱の含有物はより深い赤褐色の色を作成します。

明快さ

ほとんどの宝石は、それらが持っている含有物の数とそれらの可視性に基づいて透明度グレードを受け取ります。カラージェムストーンには国際的な評価基準はありませんが、ジェモロジカルインスティテュートオブアメリカは基本的な3層システムを作成しました。 GIAのシステムに基づくと、透明なロードナイトはタイプIIIに分類されますが、不透明なロードナイトは不透明の場合は「O」です。

タイプIIIの分類が示唆するように、ロードナイト石が多く含まれています。インクルージョンは通常、石の価値を低下させますが、ロードナイトのインクルージョンはその最も興味深い特性の1つです。透明なロードナイトは非常にまれであるため、縞模様または渦巻き状の含有物を含む不透明な品種は、ほとんどの購入者の間でより人気があります。

ロードナイトの最も一般的な含有物は酸化マンガンであり、これは上記で説明した黒いデンドライトとして現れます。マグネシウム、カルシウム、鉄は通常、ロードナイトにも含まれています。亜鉛は時々存在しますが、それほど頻繁ではありません。

切る

ロードナイトは完全に劈開しているため、繊細すぎて、熟練した専門家ではない人が直面することはありません。半透明のロードナイトジェムストーンとジュエリーが利用可能ですが、これらの作品はより希少であり、より高い価格を要求します。

ロードナイトのより一般的なカットには、なめらかで磨かれたカボション、タンブルストーン、ビーズが含まれます。ばら輝石には彫刻や彫刻品も人気があります。

実際、ロードナイトの彫刻の可能性は、その歴史が始まった場所です。

ロードナイトジェムストーン

ロードナイトの歴史

ロードナイトの歴史は技術的にはロシアで始まりました。石は1819年まで公式に認められていませんでしたが、ウラル山脈の鉱山労働者は1790年以来大きな破片を掘っていました。

才能のあるロシアの彫刻家は、ロードナイト石からあらゆる種類の壮大な作品を作成しました。花瓶、オベリスク、さらには皇帝アレクサンドル2世の妻マリアアレクサンドロヴナの石棺です。ロードナイトが国の国家のシンボルと見なされているのも不思議ではありません。

ロシアが外交官の贈り物としてロードナイトの彫刻を送り始めたとき、その人気は世界中で高まりました。最終的に、アメリカの会社Tiffany&Co。は、マサチューセッツ州のロードナイトを使用して、ナイフや場所の設定などの洗練された台所用品を作成しました。その特定の鉱山は現在閉鎖されていますが、アメリカ自然史博物館に展示されているコレクションの美しい作品を見ることができます。

ロードナイトの歴史を通して共通する糸の1つは、保護のお守りとしての使用です。ロシア皇帝からの贈り物に加えて、ウラル山脈地域の日常の人々は、保護石として旅行者や新婚夫婦にばら輝石を与え始めました。ギリシャ人とローマ人は長い旅行中にロードナイトのお守りを身に着けていました、そして多くはそれが差し迫った危険を彼らに警告するために着用者の心拍数を増加させると信じていました。

ロードナイトの精神的意味と形而上学的特性は過去に限定されません!では、今のロードナイトの意味は何ですか?

ロードナイトストーンの意味

ロードナイトは、1819年にドイツの博物学者クリストフフリードリッヒジャシェによって正式な名前が付けられました。彼はギリシャ語のrhodonを使用しました。これは「バラ色」を意味し、石の特徴的なピンクがかった赤色を指します。

1819年以前は、ロードナイトはロシアでしか知られていませんでした。そこで地元の人々はそれを「ワシの石」を意味するロシア語のオルレッツと呼んだ。住民がワシの巣の中に小さなばら輝石の破片を見つけ、ニックネームを促したという話があります。それはまた、ばら輝石を赤ちゃんのベビーベッドに入れたり、それを癒しの保護石として新しい親に贈ったりするという地元の伝統を促しました。

ロードナイトはその保護特性で知られているだけではありません。ロードナイトは自己実現の象徴としての役割を果たし、人生における真の目的を明確にするのに役立ちます。実際、多くのロードナイト愛好家はその人道的な資質を賞賛しています。

ロードナイトの精神的なエネルギーは、それを素晴らしい癒しの石にします。そのメモについて:どのようにロードナイト石を癒しに使用しますか?

大きなロードナイト標本

ロードナイトのスピリチュアルとヒーリングの特性

精神的に、ロードナイトはその多くの心の癒しの特性のためにしばしば「思いやりの石」と呼ばれます。ロードナイトは、苦味やトラウマなど、感情に苦しんでいる人に利益をもたらします。

誰かに心を開きたいと思ったことがありますが、それが怖すぎると感じたことはありますか?ロードナイトは、自信を高め、感情的な傷跡を癒すのに役立ちます。さらに、ロードナイトは、あなたが自分を抑えている場所を確認するための精神的な明晰さを与えることができます。

心を開いている私たちにとってさえ、ロードナイトは私たちに新しい愛を引き付けることができます。それはまた、私たちが他人をもっと気遣うのを助け、私たちの寛大な精神を引き出すことができます。結局のところ、他の人を助けることがあなたを自分の頭から追い出すことができる場合があります。

物理的には、ロードナイトは聴覚障害や皮膚障害に役立つことが知られています。さらに、傷、虫刺され、または発疹を扱う人に支援を提供します。ロードナイトはまた、記憶力を改善するとされています。

記憶といえば、忘れたい思い出があるかもしれません。あなたの記憶があなたに感情的な壁を築き上げさせたなら、ロードナイトはあなたの心を再び開くのを助けることができます。あなたが愛を受け入れることに心を開いたら、ロードナイトはあなたに愛を引き付けることができます。

ロードナイトはどのチャクラに適していますか?おそらく驚くことではありませんが、ロードナイトはハートチャクラのバランスをとるのに役立ちます!ハートチャクラのバランスが崩れていると、怪我をするのが怖くて自分をそこに置くことができないかもしれません。ロードナイトを使用すると、ハートチャクラを開くことができ、自分自身と周囲の人々をより完全に愛することができます。

ロードナイト標本

ロードナイト石の起源と起源

ロードナイトは、表面レベルまたははるかに深い場所で、熱と水が存在する領域で形成されます。このプロセスでは、冷たい岩石が、ミネラルが豊富な高温の水またはマグマによって化学的に変化します。

ほとんどのロードナイト標本は、緻密で細粒の塊として見られます。バスタマイトや石英などの他の鉱物も、ほとんどの場合、これらの塊に混合されます。ファセットで透明なロードナイト結晶を見つけることはまれであり、これらの標本のサイズは2〜3カラットにすぎません。

採掘場所

ロードナイト鉱山は通常、マンガン鉱石の周囲にあります。さまざまな鉱山が、環境に応じて、ロードナイトの塊または透明な結晶のいずれかを生成することで知られています。

最も印象的なロードナイトの塊は、ロシア、オーストラリア、スウェーデンから来ています。スウェーデンはまた、日本とブラジルとともに、最高級の透明なロードナイト結晶のいくつかを生産しています。他の豊富なロードナイト鉱床は、カナダ、タンザニア、およびアルゼンチンにあります。

ロードナイトは米国のどこにありますか?マサチューセッツ州はロードナイトを公式の宝石として主張している唯一の州ですが、ニュージャージー州のフランクリンファーニス鉱山はその素数で最も象徴的なロードナイト結晶のいくつかを生産しました。他の米国のロードナイト鉱床は、カリフォルニア、モンタナ、コロラドにあります。

自分で宝石を探すのが好きなら、疑問に思うかもしれません。ロードナイトをどのように識別しますか?

ロードナイトの同定

すでに説明したように、ロードナイトは他の似たような石と混同されることがよくあります。ばら輝石が本物かどうかをどうやって見分けることができますか?最も簡単な方法は、ロードナイトと誤ってラベル付けされた石と、それらが本物のロードナイト石とどのように異なるかを知ることです。

  • 菱マンガン鉱:菱マンガン鉱はばら輝石よりも柔らかいです。菱マンガン鉱は塩酸に溶けますが、ばら輝石は溶けません。ロードナイトの縞模様は暗く、菱マンガン鉱には白い渦巻き状の帯があります。

  • チューライト:チューライトはロードナイトよりも硬く、ロードナイトのような暗い色の縞模様はありません。

  • ロードライト:ロードライトはガーネットストーンの一種で、ロードライトはシリカストーンです。より一般的に不透明なロードライトとは異なり、ロードライトは透明です。最後に、ロードライトはロードライトよりも透明度が高くなります。

ロードナイトを区別する方法を知ることは、探検家と日常の購入者の両方にとって役立ちます。ロードナイト石の価格とそれに影響を与える要因について説明しましょう。

ロードナイトの価格と価値

大きなロードナイト結晶または暗い深紅色の標本は、ロードナイトの最も価値のある形態です。透明なロードナイトの標本は入手が難しいため、価格が高くなります。

1〜10カラットの透明な深紅色のロードナイト結晶は、1カラットあたり150〜500ドルの費用がかかる場合があり、色の濃い石の場合はさらに高くなることもあります。 10カラットを超える同様のロードナイト石は、1カラットあたり500ドルから1000ドルになる可能性があります。

あなたはまだ手頃な価格のロードナイトジュエリーを見つけることができます。それは不透明な品種である可能性が高いです。不透明なロードナイトは通常、カラットあたり0.25ドルから2.50ドルの費用がかかります。キャッツアイ効果を示すカボションは、最も価値のある不透明な品種であり、最大5カラットになる可能性があります。

どんな種類を購入しても、ロードナイト石が適切なクリーニングと手入れで長持ちすることを保証することで、あなたはあなたの支出に見合う最高の価値を得ることができます。

ロードナイトの手入れとメンテナンス

最も柔らかいロードナイトは透明な品種ですが、不透明なロードナイトは含まれているために硬くなる傾向があります。透明なロードナイト石をお持ちの場合は、取り扱いに特に注意してください。

どちらの種類でも、ロードナイトの宝石に強い打撃を与えないように注意してください。石のもろさと完全なへき開により、特にひび割れや破損に対して脆弱になります。

また、ロードナイト石が次のものと接触しないようにする必要があります。

  • 超音波洗浄機

  • 過酷な化学物質

  • 強烈な熱

ロードナイト石をクレンジングする方法に関して、ここに私たちのトップの方法があります:

  • 月に2回、石を水の流れの下に置きます。

  • 石を亜セレン酸塩またはアメジストの近くに置きます。

  • ばら輝石を土に1日埋めます。

  • 月明かりまたは日の出の光の下にロードナイトを置きます。

ばら輝石カボション

ロードナイトの準備はできましたか?

ロードナイトを理解したので、この珍しい石が過小評価されている美しさである理由がわかります。他の宝石ほど普及していないかもしれませんが、それが特別で注目に値する理由です。

おうし座やガンとしてのプライドを示したい場合でも、感情的な傷を癒し始めたい場合でも、ロードナイトはあなたをそこに導くことができます。さらに良いことに、ロードナイトブレスレットまたはロードナイトストーンリングをギフトとして贈って、寛大な精神を活用してください。

あなたと同じくらいユニークな宝石をお探しですか?今日あなたのロードナイトストーンを見つけてください!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

Gemstone Encyclopedia検索してください

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
記事377
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
記事60
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
記事78
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
記事2
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
記事3
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
記事34
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
記事9
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
記事48
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
記事30