処理...
Albite Gemstone: Properties, Meanings, Value & More
アルバイト宝石:特性、意味、価値など
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

albite gemstoneAlbite is a feldspar mineral that’s often found in other gemstones, sometimes creating unique effects. Is albite a gemstone itself? Yep! Albite gemstones are typically white and translucent.   

Is albite a rock or a mineral? It’s a mineral, although feldspars are an essential part of around 60 percent of rocks on Earth’s surface. Albite is among the most abundant feldspar minerals.

Today, we’ll be discussing everything you need to know about albite, includings its symbolism, history, prices, and more!

albite gemstone

What Is An Albite Stone?

Albite is used as a semi-precious gemstone, as an ingredient in other gemstones, and for industrial purposes. Astrology-wise, albite is a zodiac stone for Aquarius.

One gemstone where albite makes an appearance is trapiche emerald, a rare and valuable Colombian emerald variety where albite (or other minerals) causes a six-pointed pattern resembling wheel spokes. 

Albite can also make up a portion of verdite, a rock used as a gemstone. The third gemstone you’ll see albite in is amazonite, where it creates white streaks, though these streaks often lower amazonite’s value. 

Next, what is albite used for industrially? The most common industrial albite uses are for creating glass, ceramics, abrasives, and refractory products.

Feldspar minerals like albite are also important for soil nutrition. They usually weather at Earth’s surface, providing soil the nutrients needed for successful plant growth. Their weathering also often creates clay minerals that are equally important in agriculture, along with creating abrasives like toothpaste and decor like pottery and ceramics.

Albite Specifications & Characteristics

Feldspar minerals are split into two overarching series: potassium (or alkali) and plagioclase. The albite mineral is part of the plagioclase feldspar series, also called the anorthite and albite system. 

You can tell plagioclase minerals apart by the presence of etched grooves (striations) along one of their two cleavages. They are all sodium calcium aluminosilicates with variations in the amount of sodium and calcium in each. 

Albite feldspar is at least 90 percent sodium, but contains almost no calcium. In other words, anorthite (the calcium-rich plagioclase counterpart) makes up less than 10 percent of albite’s composition. The pure albite formula is NaAlSi3O, though most specimens are impure.

If potassium replaces 10 percent or less of the sodium content in albite, the mineral becomes anorthoclase. Anorthoclase is sometimes considered a potassium-rich albite variety. 

Other plagioclase minerals include anorthite, andesine, oligoclase, labradorite, and bytownite. 

Here are the remaining albite properties:

  • Mohs hardness: 6-6.5

  • Color: Colorless, white, pink, red, yellow, green, gray

  • Crystal structure: Triclinic

  • Luster: Vitreous (glassy) to pearly, pearly on cleavages

  • Transparency: Transparent to opaque

  • Refractive index: 1.52-1.54

  • Density: 2.57-2.69

  • Cleavage: Perfect on [001]; Very good on [010]; Imperfect/indistinct on [110]

  • Fracture: Uneven to conchoidal

  • Streak: White

  • Luminescence: Sometimes fluorescent - white in LW-UV; Kenyan material lime green in X-rays

  • Pleochroism: None

  • Optical effects: Sometimes chatoyancy

Types of Albite

There are a few albite varieties and a few gems that are partly composed of albite, all of which we’ll discuss below.

Peristerite

peristerite albite gemstone varietyImage credit: Iridescent Peristerite-Oligoclase Feldspar | Flickr

Peristerite is a white or blue albite variety containing oligoclase, layered to create iridescence and even adularescence (internal glow) occasionally. 

Its name comes from the Greek peristera for “pigeon” because the iridescence in pigeon neck feathers resembles peristerite’s iridescence.

Cleavelandite

Cleavelandite%2C_l%C3%A9pidolite.jpgImage credit: Parent Géry | Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license

Cleavelandite is a plated albite variety composed of thin, tabular (table-like) sheets stacked together. Former names include “keiselspath” and “granular and radiated albite.” 

Moonstone

Moonstone albite Gemstone variety

Moonstone is a commonly whitish-blue gemstone known for its milky translucence, pearly luster, and unique glow. It can also be various other colors like orange, gray, and green (to name a few) but white is most common.

These gems aren’t solely albite, but rather composed of alternating layers of albite and orthoclase feldspar. Besides creating moonstone’s structure, these layers also allow light to appear as if it’s glowing from within the stone through a phenomenon called adularescence. 

Labradorite & Spectrolite

spectrolite albite gemstone variety

Labradorite and its full-spectrum Finnish variety spectrolite are composed of 30-50 percent albite and 50-70 percent anorthite. Like prior varieties, the two feldspars layer to create a unique iridescence called labradorescence. 

Maw Sit Sit

maw sit sit albite gemstone variety

Maw sit sit is a rare, bright green jade-like gemstone with black and dark green veining. It’s a rock composed of albite, jadeite, and other minerals. Trade names include “jade albite” and “chloromelanite,” though chloromelanite is actually a similar-looking jadeite variety. 

Albite Meaning & History

Albite symbolizes liberation, confidence, and resilience through difficult transitions. The name “albite” derives from the Latin term albus, for “white” after its typically white coloring.

Some historical alternate names for albite include:

  • Analbite

  • Kieselplath

  • Hyposclerite

  • Cryptose/Cryptoclase

  • White feldspar

  • White schorl

  • Olafite

  • Tetartine

  • Sodaclase

  • Acid plagioclase

  • Albitic plagioclase

  • Sodic plagioclase

  • Natro-feldspat

  • Soda feldspar

The mineral’s official discovery occurred in 1815 when Swedish chemists Johan Gottlieb Gahn and Jöns Jacob Berzelius described specimens from Dalarna, Sweden.

Some varieties, particularly maw sit sit, are more modern finds. Maw sit sit was only discovered in 1963, when Swiss gemologist Edward Gubelin found the mineral in Burma. 

albite healing crystal

Albite Healing Properties

Like all gems, the color of albite can play a role in its benefits as a healing stone. Most albite is colorless to white, joining other white gemstones in offering mental clarity and purification.

Pink albite is also a popular choice, and it joins other pink gemstones in promoting self-love, romantic harmony, and compassion for others. 

Now, what does albite provide in the physical, emotional, and chakra realms?

Physical Healing

Physical benefits of albite are similar to its emotional benefits in largely revolving around the brain. The albite crystal is believed to improve memory and treat brain illnesses such as dementia, migraines, and strokes.

Plus, feldspar stones in general are said to treat arthritis, hair loss, and skin disorders. 

Emotional Healing

The brain is the center of our emotions, and albite has wonderful mental benefits. It’s known for stimulating the mind and encouraging clearer thinking.

Additionally, albite is said to provide motivation and increase intuition while getting rid of self-doubt, brain fog, or indecisiveness. 

Chakra Healing

Chakra healing involves resolving negative symptoms resulting from a certain energy point (chakra) in your body being blocked. The goal is to open the chakra to restore balance to the entire system.

Albite is a chakra stone for the crown chakra, located just above the head in a swirling crown of energy. This is the highest spiritual center. Feeling close-minded or shut off from the world are symptoms of a blocked crown chakra. Opening it with albite brings in higher awareness and connection with your spiritual power. 

albite gemstone with quartz and topaz

Albite Gemstone Properties

Gemstone experts look at where a stone falls on a few different categories to make an overall determination of the stone’s value. In albite’s case, these value properties are color, cut, clarity, and carat weight. 

First, what color is albite? 

Color

Albite’s color is usually colorless to white, but it can also be pink, gray, red, green, yellow, blue, or even black. 

These colors (besides the colorless and white hues of pure albite) are the result of inclusions. For instance, green specimens often get their color from chrome jadeite jade. Sometimes, the stone intergrows with other gems, like ruby in albite often seen as gray with red spots. 

Since most white albite is somewhat boring to most buyers, any interesting color will raise the stone’s value. 

Cut

Though faceted albite isn’t super common, it’s valuable. Most are colorless gems first cut from the very tips of cleavelandite.

Most albite varieties are cut as cabochons, including the ruby in albite stone mentioned above and chatoyant albite. Otherwise, albite crystals are sold raw and uncut. 

Clarity

Clarity describes the amount of visible inclusions in a gemstone. Albite is commonly included, likely giving it a Type II or Type II colored gemstone clarity grade

While common inclusions like epidote usually lower albite’s value, fibrous inclusions increase value if they give the stone chatoyancy, the “cat’s eye” effect. 

Carat Weight

Faceted albite gems with good clarity are typically only 1-3 carats. Any gem larger than this would be significantly more valuable. 

Chatoyant (cat’s eye) albite stones have been cut at sizes reaching 50 carats. 

Before they can be cut or sized, how do albite crystals form? 

Black TOURMALINE With FLUORITE And ALBITE Specimen From Skardu Pakistan

Albite Formation & Sources

There are two albite variants depending on its formation: low albite vs. high albite (or analbite). High albite has a greater volume and can form when low albite is heated at temperatures above 1,380 °F (750 °C). 

If temperatures go beyond 1,920 °F (1,050 °C), the crystal becomes monoclinic and is classified as monoalbite. Beyond 2,010–2,050 °F (1,100–1,120 °C), albite will melt.

Interestingly, high albite has also been found in meteorite craters!

Overall, albite forms inside igneous rocks as they form at low temperatures. It’s most often in pegmatites, granites, and greenschists. 

Mining Locations

Where is albite found? Gem-quality albite predominantly comes from Myanmar, Madagascar, and Brazil. Virginia, USA, is also significant for producing high-quality, facetable, colorless crystals. Cleavelandite’s important sources are Brazil and the US states of South Dakota and Virginia. 

Other significant albite gemstone sources include:

  • Austria

  • Canada (albite & peristerite)

  • Kenya

  • Madagascar

  • Scandinavian Peninsula

  • South Africa

Crucial question time: what is the value of albite? 

albite rough crystal with epidote

Albite Stone Price & Value

Faceted albite is the rarest, especially when colored, making its prices the steepest. Most faceted pieces are pale pink, and these gems range from $50 to nearly $300 per carat, though most are around $100 per carat.

Most cabochons and tumbled stones featuring albite are ruby in albite, and these range from $5 to $40 each. Moonstone cabochons are similarly priced. 

The most expensive variety is maw sit sit (sometimes labeled as chloromelanite or jade albite), with cabochons around $500 to $800 each or $12-$25 per carat. 

Albite rough is almost always combined with other stones, meaning the other crystal’s value can influence the price of the rough. For instance, albite with topaz rough can be $0.15-$0.30 per carat, while albite with bright blue or green tourmaline can reach $50 per carat. 

Albite Care and Maintenance

Albite requires pretty standard gemstone care, though its cleavages may mean the stone will break upon a hard, sharp impact. To reduce this risk, we recommend buying albite jewelry with protective settings.

Safely clean albite with a soft toothbrush that’s been dipped in a mixture of warm water and mild soap. Rinse away any soapy residue and dry the stone with a soft, microfiber cloth. 

Store albite separately from other gems to avoid scratches. It’s best to store them in a dry environment, as moisture may lead to weathering-like deterioration over time for rough specimens. 

pink albite crystal

Allured by Albite?

Though they may not be as sparkling or shiny as other gems, albite stones offer diversity and unique optical effects like iridescence and adularescence. Despite being a common mineral, albite gemstones stand out from the crowd, and they’re sure to catch the eye of any passerby!

Buy albite gemstones today!

アルバイト原石アルバイトは、他の宝石によく見られる長石鉱物で、独特の効果を生み出すことがあります。アルバイトは宝石そのものですか?うん!アルバイトの宝石は通常、白く半透明です。

アルバイトは岩石ですか、それとも鉱物ですか?長石は地球の表面にある岩石の約 60% の重要な部分ですが、これは鉱物です。アルバイトは、最も豊富な長石鉱物の 1 つです。

今日は、アルバイトのシンボル、歴史、価格など、アルバイトについて知っておくべきことをすべてお話しします。

アルバイト原石

アルバイト石とは?

アルバイトは、半貴石として、他の宝石の原料として、また工業目的で使用されます。占星術的には、アルバイトは水瓶座の星座石です。

アルバイトが出現する宝石の 1 つは、アルバイト (または他の鉱物) が車輪のスポークに似た 6 つの尖ったパターンを引き起こす、希少で価値のあるコロンビアのエメラルドの品種であるトラピッチェ エメラルドです。

アルバイトは、宝石として使用される岩であるバーダイトの一部を構成することもあります。アルバイトが見られる 3 番目の宝石はアマゾナイトで、白い筋ができますが、これらの筋はアマゾナイトの価値を下げることがよくあります。

次にアルバイトは工業的に何に使われているのでしょうか?最も一般的な工業用アルバイトの用途は、ガラス、セラミック、研磨剤、および耐火製品の作成です。

アルバイトのような長石鉱物も、土壌の栄養にとって重要です。それらは通常、地表で風化して、植物の成長に必要な栄養素を土壌に提供します。それらの風化はまた、しばしば農業において同様に重要な粘土鉱物を生成し、歯磨き粉のような研磨剤や陶器やセラミックのような装飾品を生成します.

アルバイトの仕様・特徴

長石鉱物は、カリウム (またはアルカリ) と斜長石の 2 つの包括的なシリーズに分けられます。アルバイト鉱物は斜長石長石シリーズの一部であり、アノーサイトおよびアルバイト システムとも呼ばれます。

斜長石鉱物は、2 つの劈開のうちの 1 つに沿ってエッチングされた溝 (条痕) の存在によって区別できます。それらはすべて、それぞれに含まれるナトリウムとカルシウムの量が異なるナトリウム カルシウム アルミノケイ酸塩です。

アルバイト長石は少なくとも 90% がナトリウムですが、カルシウムはほとんど含まれていません。言い換えれば、アノーサイト (カルシウムが豊富な斜長石の対応物) は、アルバイトの組成の 10% 未満しか占めていません。ほとんどの標本は不純ですが、純粋なアルバイトの式は NaAlSi3O です。

カリウムがアルバイトのナトリウム含有量の 10% 以下を置き換えると、鉱物はアノルトクレースになります。アノルトクレースは、カリウムが豊富なアルバイトの変種と見なされることがあります。

他の斜長石鉱物には、アノーサイト、アンデシン、オリゴクレース、ラブラドライト、バイトナイトが含まれます。

残りのアルバイト プロパティは次のとおりです。

  • モース硬度:6~6.5

  • : 無色、白、ピンク、赤、黄、緑、灰色

  • 結晶構造: 三斜晶系

  • 光沢: ガラス質 (ガラス質) から真珠のように、劈開は真珠のよう

  • 透明度: 透明から不透明

  • 屈折率: 1.52-1.54

  • 密度: 2.57-2.69

  • 劈開: [001] にぴったり。 [010] に非常に適しています。 [110] の不完全/不明瞭

  • 骨折: 凸凹~コンコイド状

  • ストリーク: ホワイト

  • 発光: 時々蛍光 - LW-UV で白色。 X線で見たケニア産のライムグリーン

  • 多色性: なし

  • 光学効果: 時々 シャトヤンシー

アルバイトの種類

いくつかのアルバイトの変種と、部分的にアルバイトで構成されているいくつかの宝石があり、それらについてはすべて以下で説明します.

ペリステライト

ペリステライト アルバイト 宝石の種類画像クレジット: 虹色のペリステライト - オリゴクレース長石 |フリッカー

ペリステライトは、オリゴクレースを含む白または青のアルバイトの変種で、層状になって虹色やアデュラレッセンス (内部の輝き) を作り出すこともあります。

鳩の首の羽毛の虹色がペリステライトの虹色に似ていることから、その名前はギリシャ語の「鳩」のperisteraに由来します。

クリーブランダイト

クリーブランダイト%2C_l%C3%A9pidolite.jpg画像クレジット: Parent Géry | Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported ライセンス

クリーブランダイトは、薄い板状 (テーブルのような) シートが積み重なったメッキアルバイトの変種です。以前の名前には、「keiselspath」と「粒状で放射状のアルバイト」が含まれます。

ムーンストーン

ムーンストーン アルバイト 宝石の種類

ムーンストーンは一般的に白っぽい青色の宝石で、乳白色の半透明、真珠のような光沢、独特の輝きで知られています。オレンジ、グレー、グリーンなどのさまざまな色(いくつか例を挙げると)もありますが、最も一般的なのは白です。

これらの宝石はアルバイトだけではなく、アルバイトと正長石の長石の交互の層で構成されています。これらの層は、ムーンストーンの構造を作り出すだけでなく、アデュラレッセンスと呼ばれる現象によって石の内部から光が輝いているように見せることもできます。

ラブラドライトとスペクトロライト

スペクトロライト アルバイト 宝石の種類

ラブラドライトとそのフルスペクトルのフィンランド産スペクトロライトは、30 ~ 50 パーセントのアルバイトと 50 ~ 70 パーセントのアノーサイトで構成されています。以前の品種と同様に、2 つの長石が層をなして、ラブラドレッセンスと呼ばれる独特の虹色を作り出します。

モー シット シット

マウ シット シット シット アルバイト 宝石の種類

マウ シット シットは、黒と濃い緑の筋模様が入った、希少な明るい緑色の翡翠のような宝石です。アルバイト、ジェダイト、その他の鉱物からなる岩石です。商品名には「ジェード アルバイト」や「クロロメラナイト」などがありますが、クロロメラナイトは実際には似たようなジェダイトの変種です。

アルバイトの意味と歴史

アルバイトは、困難な移行による解放、自信、回復力を象徴しています。 「アルバイト」という名前は、ラテン語のalbusに由来し、通常は白い色にちなんで「白」を意味します。

アルバイトの歴史的な代替名には次のものがあります。

  • アンバイト

  • キーゼルプラス

  • ハイポスクレライト

  • クリプトース/クリプトクラーゼ

  • 白長石

  • ホワイトショール

  • オラファイト

  • テタルチン

  • ソーダクレース

  • 酸性斜長石

  • アルビティック斜長石

  • ソディック斜長石

  • ナトロ長石

  • ソーダ長石

この鉱物の公式な発見は、1815 年にスウェーデンの化学者 Johan Gottlieb Gahn と Jöns Jacob Berzelius がスウェーデンのダーラナからの標本を記述したときに起こりました。

いくつかの品種、特にマウ シット シットは、より現代的なものです。モー シット シットは、スイスの宝石学者エドワード グベリンがビルマで発見した 1963 年に初めて発見されました。

アルバイトヒーリングクリスタル

アルバイト治癒特性

すべての宝石と同様に、アルバイトの色はヒーリング ストーンとしての効果を発揮します。ほとんどのアルバイトは無色から白色で、精神的な明晰さと浄化を提供する他の白い宝石に加わります。

ピンク アルバイトも人気のある選択肢であり、自己愛、ロマンチックな調和、他者への思いやりを促進するために、他のピンクの宝石に加わります。

では、アルバイトは肉体的、感情的、チャクラの領域で何を提供するのでしょうか?

物理治癒

アルバイトの身体的利点は、大部分が脳を中心に展開するという点で、感情的利点に似ています。アルバイト結晶は、記憶力を改善し、認知症、片頭痛、脳卒中などの脳疾患を治療すると考えられています。

さらに、長石は一般に、関節炎、脱毛、皮膚疾患を治療すると言われています.

心の癒し

脳は私たちの感情の中心であり、アルバイトには素晴らしい精神的な利点があります。心を刺激し、より明確な思考を促すことで知られています。

さらに、アルバイトはモチベーションを高め、直感を高め、自己不信、脳の霧、または優柔不断を取り除くと言われています.

チャクラヒーリング

チャクラ ヒーリングでは、身体の特定のエネルギー ポイント (チャクラ) がブロックされていることから生じる負の症状を解消します。目標は、チャクラを開いてシステム全体のバランスを回復することです.

アルバイトはクラウン チャクラのチャクラ ストーンで、エネルギーの渦巻くクラウンの頭のすぐ上にあります。これは最高の精神的中心です。心を閉ざしたり、世界から切り離されたりするのは、クラウン チャクラがブロックされていることの症状です。アルバイトでそれを開くと、より高い意識とあなたのスピリチュアルな力とのつながりがもたらされます。

クォーツとトパーズを含むアルバイト宝石

アルバイト宝石の特性

宝石の専門家は、石がいくつかの異なるカテゴリのどこに該当するかを調べて、石の価値を総合的に判断します。アルバイトの場合、これらの値のプロパティは、カラー、カット、クラリティ、およびカラット重量です。

まず、アルバイトって何色?

アルバイトの色は通常、無色から白ですが、ピンク、グレー、赤、緑、黄、青、さらには黒の場合もあります。

これらの色 (純粋なアルバイトの無色および白色の色合いに加えて) は、 インクルージョンの結果です。たとえば、緑色の標本は、多くの場合、クロム ジェダイトジェードから色を得ます。時々、この石は他の宝石と混ざり合うことがあります。アルバイトのルビーはしばしば赤い斑点のある灰色に見えます。

ほとんどのホワイトアルバイトはほとんどのバイヤーにとってやや退屈であるため、興味深い色は石の価値を高めます.

切る

ファセットカットされたアルバイトはあまり一般的ではありませんが、価値があります。ほとんどは、クリーブランダイトの先端から最初にカットされた無色の宝石です。

ほとんどのアルバイト品種はカボションとしてカットされます。これには、上記のルビー イン アルバイト石やシャトヤン アルバイトが含まれます。それ以外の場合、アルバイト結晶は未加工でカットされていない状態で販売されています。

明瞭さ

クラリティは、宝石に含まれる目に見えるインクルージョンの量を表します。アルバイトは一般的に含まれており、タイプ II またはタイプ II のカラー宝石のクラリティ グレードを与える可能性があります。

通常、エピドートのような一般的なインクルージョンはアルバイトの価値を下げますが、繊維状のインクルージョンが石にシャトヤンシー、つまり「キャッツアイ」効果を与えると価値が上がります。

カラット重量

ファセットカットされた透明度の高いアルバイトの宝石は、通常、わずか 1 ~ 3 カラットです。これよりも大きい宝石は、はるかに価値が高くなります。

シャトヤン(キャッツアイ)アルバイト石は、50カラットに達するサイズでカットされています。

アルバイトの結晶はどのように形成されるのでしょうか?

スカルドゥ パキスタン産のフローライトとアルバイト標本を含むブラック トルマリン

アルバイトの形成とソース

その形成に応じて、低アルバイトと高アルバイト (またはアナルバイト) の 2 つのアルバイトの変種があります。高アルバイトは体積が大きく、低アルバイトを 1,380 °F (750 °C) を超える温度で加熱すると形成されます。

温度が 1,920 °F (1,050 °C) を超えると、結晶は単斜晶になり、単アルバイトに分類されます。 2,010 ~ 2,050 °F (1,100 ~ 1,120 °C) を超えると、アルバイトは溶けます。

興味深いことに、高アルバイトは隕石のクレーターからも発見されています!

全体として、アルバイトは低温で形成される火成岩の内部で形成されます。ほとんどの場合、ペグマタイト、花崗岩、および緑の片岩にあります。

採掘場所

アルバイトはどこにありますか?宝石品質のアルバイトは、主にミャンマー、マダガスカル、ブラジルから産出されます。米国バージニア州は、高品質でファセットテーブルを作成できる無色の結晶を生産することでも重要です。クリーブランダイトの重要な供給源は、ブラジルと米国のサウスダコタ州とバージニア州です。

その他の重要なアルバイト宝石の産地には、次のものがあります。

  • オーストリア

  • カナダ (アルバイト & ペリステライト)

  • ケニア

  • マダガスカル

  • スカンジナビア半島

  • 南アフリカ

重要な質問タイム: アルバイトの価値は?

エピドート付きアルバイト原石

アルバイト石の価格と価値

ファセットアルバイトは最も希少で、特に着色されている場合は、その価格が最も高くなります。ほとんどのファセット ピースは淡いピンク色で、これらの宝石の価格は 1 カラットあたり 50 ドルから 300 ドル近くになりますが、ほとんどは 1 カラットあたり約 100 ドルです。

アルバイトを特徴とするほとんどのカボションとタンブルされた石はアルバイトのルビーであり、これらはそれぞれ 5 ドルから 40 ドルの範囲です。ムーンストーンのカボションも同様の価格です。

最も高価な品種はモー シット シット (クロロメラナイトまたはヒスイ アルバイトとラベル付けされることもあります) で、カボションはそれぞれ約 500 ドルから 800 ドル、または 1 カラットあたり 12 ドルから 25 ドルです。

アルバイト原石はほとんどの場合、他の石と組み合わされます。つまり、他の結晶の価値が原石の価格に影響を与える可能性があります。たとえば、トパーズの原石を含むアルバイトは 1 カラットあたり 0.15 ~ 0.30 ドルですが、鮮やかな青または緑のトルマリンを含むアルバイトは 1 カラットあたり 50 ドルに達することがあります。

アルバイトのお手入れとメンテナンス

アルバイトは非常に標準的な宝石のお手入れが必要ですが、その劈開は石が強く鋭い衝撃で壊れることを意味する場合があります。このリスクを軽減するために、保護設定のあるアルバイト ジュエリーを購入することをお勧めします。

ぬるま湯と中性洗剤を混ぜたものに浸した柔らかい歯ブラシで安全にアルバイトをきれいにします。石けんの残留物を洗い流し、柔らかいマイクロファイバーの布で石を乾かします。

傷を避けるため、アルバイトは他の宝石とは別に保管してください。乾燥した環境で保管することをお勧めします。湿気は、粗い標本の場合、時間の経過とともに風化のような劣化につながる可能性があるためです。

ピンクアルバイトクリスタル

アルバイトに誘われた?

他の宝石ほどきらめきや輝きはないかもしれませんが、アルバイト ストーンは多様性と、虹色やアデュラレッセンスなどのユニークな光学効果を提供します。一般的な鉱物であるにもかかわらず、アルバイトの宝石は群を抜いて際立っており、通行人の目を引くこと間違いなしです!

今日アルバイトの宝石を購入してください!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

Gemstone Encyclopedia検索してください

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
記事379
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
記事60
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
記事78
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
記事2
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
記事3
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
記事34
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
記事9
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
記事48
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
記事30