処理...
Perthite Gemstone: Properties, Meanings, Value & More
パーサイトの宝石:特性、意味、価値など
このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

処理...

perthite gemstonePerthite is a type of gemstone composed of two or more intergrown feldspar minerals. The term is also used to describe the type of texture characteristic of the mineral.

What colors are perthite? Perthites are usually banded, with the base color of one feldspar and stripes or veins of another feldspar. The stone can be various colors, but it’s often white to brown with pinkish banding. Some exceptional specimens display optical effects like iridescence.

Gemstones that can sometimes be classified as perthites are amazonite, rainbow lattice sunstone, and moonstone. Many perthites are used as decorative stones.

Today, we’ll go over all of perthite’s properties, varieties, history, and prices!

perthite gemstoneImage credit: Zimbres assumed, CC-BY-SA-3.0

What Is A Perthite Stone?

Perthite is a type of feldspar sometimes used as a semi-precious gemstone. The mineral is sometimes called “anperthite.”

When perthite is adularescent (called moonstone or adularia), it can be used as a June birthstone and astrological Cancer stone. Rainbow lattice sunstone, sometimes considered a perthite variety, is an alternate July and August birthstone.

In terms of industrial perthite uses, a large portion of perthite’s composition is alkali feldspar. Alkali feldspars are great for potassium-argon dating and making glazes for glass and pottery.

Perthite Specifications & Characteristics

Perthite is part of the feldspar mineral group of aluminum tectosilicates containing calcium, sodium, and/or potassium. The main subgroups are plagioclase and alkali.

Plagioclase feldspar minerals range from albite (NaAlSi3O8; sodium endmember) to anorthite (CaAl2Si2O8; calcium endmember).

Alkali feldspars — also called potassium feldspar or K-feldspar — are potassium aluminosilicates that generally range from albite to microcline (KAlSi3O8; potassium endmember). As you can see, albite is technically in both groups.

So, what is the composition of perthite? Perthite is an intergrowth of multiple feldspars. Distinct albite crystals are intergrown with orthoclase or microcline. The general formula of perthite is (K,Na)AlSi3O8.

Orthoclase or microcline is usually the host, while the albite is usually present as exsolved lamellae. “Exsolved” means the two minerals had to “unmix” and separate, creating distinct areas of each mineral. “Lamellae” are thin layers often visible as color banding.

Exsolved lamellae is part of what’s called “perthitic texture.” But what is a perthitic texture?

perthite texture in microcline thin sectionPictured above: Thin section sample of microcline with perthitic texture | Image credit: Marguliesgm, CC-BY-SA-4.0

Perthite Texture

Outside of the specific mineral, “perthite” or “perthitic” can describe any type of exsolution in feldspars. On one level, perthitic textures are separated by their sizes (more on that next). On the other hand, perthite can have many textures of its own, like “lamellar” or “patchy” intergrowths.

Here are perthite’s properties listed:

  • Mohs hardness: 6-6.5

  • Color: White, reddish-brown, gray, colorless, black, pale pink, red, green, blue-green, brown, orange, yellow; Often color-banded

  • Crystal structure: Triclinic or monoclinic in parts, depending on feldspars present

  • Luster: Vitreous or pearly

  • Transparency: Transparent to opaque, usually opaque

  • Refractive index: 1.52201.538; Alkali portions will have lower RI, albite & plagioclase will have higher RI

  • Density: 2.55-2.69

  • Cleavage: Perfect on {001}, good/distinct on {010}

  • Fracture: Conchoidal, uneven, or splintery

  • Streak: White

  • Luminescence: Sometimes fluorescence - patchy blue and green in LW-UV & SW-UV (Zimbabwe specimens)

  • Pleochroism: None

  • Birefringence: 0.005-0.011

  • Dispersion: None

  • Optical phenomena: Possibly iridescence, adularescence, aventurescence

Breaking things down further, what are the different types of perthites?

perthite feldspar varieties antiperthitePictured above: An antiperthitic intergrowth of K-feldspar (the veinlets) in the Na-feldspar | Image credit: Eurico Zimbres, CC-BY-SA-2.5

Types of Perthite

There are various types of perthites which can be separated by categories. The first important distinction is perthite and antiperthite.

So, what is the difference between perthite and antiperthite? It has to do with the “host” feldspar.

Perthites By Predominant Host Feldspar

A “host mineral” is the main, predominant mineral that makes up a rock — in this case, the main feldspar. The lamellae are less dominant and form after the host. This category has three types of perthites:

  • True Perthite: Alkali host (orthoclase or microcline) with albite lamellae

  • Antiperthite: Plagioclase host (albite and/or oligoclase) with orthoclase lamellae

  • Mesoperthite: Nearly equal amounts of alkali and plagioclase feldspars

“True” or “regular” perthite and antiperthite textures can be similar, and these textures can be distinguished by size.

Perthites By Intergrowth Size

There are three types of perthites separated by the size or thickness of their intergrowth:

  • Macroperthite: Intergrowth is large and seen with the naked eye or basic hand lens

  • Microperthite: Intergrowth is small and only seen with magnification

  • Cryptoperthite: Intergrowth is very small (submicroscopic) and only seen with microscope or X-ray diffraction

Perthites By Type of Feldspar

As if the separations so far weren’t enough, some separate perthites based on the specific feldspars present:

  • Perthite: Usually microcline with albite or oligoclase

  • Orthoclase Perthite: Albite or oligoclase with orthoclase

  • Amazonite Perthite: Albite or oligoclase with green microcline (amazonite)

Speaking of amazonite…

Perthite Gemstones

Classifying which gemstones are technically “perthites” can be a bit tricky, given the mineral vs texture definitions. But with a grain of salt, the perthite gemstones are:

  • Amazonite: A green microcline variety; Perthite when intergrown with albite or oligoclase

  • Moonstone: Though often considered an orthoclase variety with alternating albite layers, moonstone can be a plagioclase or alkali feldspar. In 1988, the Gemological Institute of America (GIA) described moonstone’s composition as having “alternating parallel planes of potassium- and sodium-rich feldspars forming an assemblage called a microperthite.”

  • Rainbow Lattice Sunstone: Extremely rare orthoclase variety from Australia with aventurescence caused by iron oxide inclusions and adularescence reportedly caused by “exsolution lamellae (cryptoperthite).”

Phew, that covers all the varieties. Now let’s get into perthite’s history!

perthite gemstones rainbow lattice sunstonePictured above: Rainbow lattice sunstone

Perthite History

Perthite was first discovered around 1841 in Ontario, Canada. Scottish-Canadian physician and amateur mineralogist Dr. James Wilson made the discovery.

Dr. Wilson is also credited with discovering the minerals wilsonite (named after him) and peristerite (an albite variety).

Since perthite was named after Perth or Perth County (also in Ontario), many publications incorrectly state its discovery happened there. However, Dr. Wilson actually found it in Burgess Township (now Tay Valley Township), which is about 8.5 kilometers (~5 miles) south of Perth.

Dr. Wilson sent his original specimens to a Chemistry professor at the University of Glasgow, Dr. Thomas Thomson, for analysis. Thomson published a description of the new mineral (containing a somewhat botched analysis) and named it “perthite” in 1843, since Wilson lived in Perth.

From 1847 to 1852, Canadian geologist Thomas Sterry Hunt published three papers with more accurate analyses of perthite. Unfortunately, he accidentally listed the location as Bathurst Township in two papers.

The original perthite specimens contained microcline, but it was called “orthoclase” early on, since microcline wasn’t officially described until German mineralogist August Breithaupt did so in 1876. The presence of microcline in perthite was confirmed by American mineralogist James Dwight Dana in 1882.

perthite healing stone amazonitePictured above: Amazonite cabochon

Perthite Healing Properties

As a primarily brown and white healing stone, perthite’s meaning reflects the cleansing and grounding properties of white and brown gemstones, respectively. It can be used as a chakra stone for aligning all chakras.

Additionally, perthite crystals are said to promote harmony, new beginnings, and positivity.

Perthite Gemstone Properties

Besides the gemstone varieties — rainbow lattice sunstone, moonstone, and amazonite — most perthites aren’t used as gemstones, so there aren’t standard grading criteria. We’ll still go over how the common value factors apply to perthite, though:

  • Color: Since many perthites have somewhat boring white colors, any with brighter colors like green or red may have higher value. The presence of optical effects like adularescence, iridescence, and aventurescence also boosts value.

  • Cut: Perthite is rarely to never faceted, unless it’s a gem variety like moonstone or rainbow lattice sunstone. Most perthites are rough (uncut) or cut into cabochons and beads.

  • Size: Cut perthites may cost more in larger sizes. The largest single perthite crystal ever documented, found in South Dakota’s Hugo Mine, was 35 ft x 15 ft x almost 6 ft.

perthite gemstone unmixing and twinning in microcline specimenPictured above: Perthite unmixing (the gray irregular spots) in microcline with cross-hatched (or tartan) twinning. Crossed nicols image, magnification 10x (Field of view = 2mm) | Image credit: Strekeisen, CC-BY-SA-4.0

Perthite Formation & Sources

Perthite minerals form when a homogenous, melted mixture of alkali and plagioclase feldspar cools slowly. The cooling causes the feldspars to separate (exsolve).

What type of rock is perthite found in? Perthites are common in granite pegmatites and igneous rocks like dalmation stone and balgarite.

Mining Locations

Cuttable perthite specimens are found in various locations in Canada. Other significant sources include:

  • Arizona, USA

  • South Dakota, USA

  • Zimbabwe

  • Norway

Onto prices!

perthite moonstone gemstone cabochonPictured above: Moonstone cabochon

Perthite Gemstone Price & Value

Most perthite gemstones for sale are rough (uncut) or only polished.

You can find nice peach-colored, palm size, rough perthites for around $10-$15 each. Similar polished specimens are generally $20 to $30.

Attractive specimens from Perth may be slightly higher, around $40 to $50 each.

You can also find lovely perthite necklaces for around $15.

Perthite Care and Maintenance

Luckily, gemstone care for perthite isn’t too difficult. The main considerations are its perfect cleavage, so we recommend protective settings for perthite jewelry.

You can clean perthite with warm water, mild soap, and a soft toothbrush.

Store separately from other gems to avoid scratches.

Is Perthite Perfect For You?

There are lots of feldspars out there — they’re the most common mineral in Earth’s crust, after all. Perthite offers a beautiful mixture of them and a reminder that none of us are just one thing.

Buy perthite and more beautiful gemstones today!

パーサイトは、2 つ以上の相互成長した長石鉱物で構成される宝石の一種です。この用語は、鉱物の特徴的な質感のタイプを説明するのにも使用されます。

パーサイトって何色ですか?パーサイトは通常、縞模様があり、1 つの長石の基本色と別の長石の縞または葉脈があります。石の色はさまざまですが、白から茶色で、ピンクがかった縞模様が入っていることがよくあります。いくつかの例外的な標本は虹色のような光学効果を示します。

パーサイトとして分類されることがある宝石には、アマゾナイト、虹格子サンストーン、ムーンストーンがあります。多くのパーサイトは装飾石として使用されます。

今回はパーサイトの性質、種類、歴史、価格などを詳しく解説します!

パーサイト宝石画像クレジット: Zimbres と仮定、 CC-BY-SA-3.0

パーサイト石とは何ですか?

パーサイトは長石の一種で、半貴石として使用されることもあります。この鉱物は「アンパーサイト」と呼ばれることもあります。

パーサイトがアジュラレッセント(ムーンストーンまたはアデュラリアと呼ばれる)である場合、 6 月の誕生石および占星術の蟹座の石として使用できます。虹格子サンストーンは、パーサイトの変種とみなされることもあり、 7 月8 月の誕生石の代替品です。

工業用パーサイトの用途に関しては、パーサイトの組成の大部分はアルカリ長石です。アルカリ長石は、カリウム - アルゴン年代測定や、ガラスや陶器の釉薬の製造に最適です。

パーサイトの仕様と特徴

パーサイトは、カルシウム、ナトリウム、および/またはカリウムを含むアルミニウムテクトケイ酸塩の長石鉱物グループの一部です。主なサブグループは斜長石とアルカリです。

斜長石長石鉱物は、曹長石(NaAlSi3O8; ナトリウム端成分) から灰長石(CaAl2Si2O8; カルシウム端成分) まで多岐にわたります。

アルカリ長石 - カリウム長石または K-長石とも呼ばれる - は、一般に曹長石から微斜長石(KAlSi3O8、カリウム端成分) までの範囲にあるアルミノケイ酸カリウムです。ご覧のとおり、曹長石は技術的には両方のグループに属します。

では、パーサイトの組成は何でしょうか?パーサイトは複数の長石が連成してできたものです。特徴的な曹長石の結晶が正長石または微斜長石と相互成長します。パーサイトの一般式は (K,Na)AlSi3O8 です。

通常、正長石または微斜長石がホストですが、曹長石は通常、溶解した薄板として存在します。 「溶解」とは、2 つの鉱物が「溶けて」分離し、各鉱物の異なる領域が形成される必要があることを意味します。 「ラメラ」は、色の縞として見えることが多い薄い層です。

溶解したラメラは、いわゆる「パーサイト組織」の一部です。しかし、パーティティック テクスチャとは何でしょうか?

微斜長薄片のパーサイト組織上の写真: パーサイト組織を持つ微斜長石の薄切片サンプル |画像クレジット: Marguliesgm、 CC-BY-SA-4.0

パーサイトのテクスチャ

特定の鉱物以外では、「パーサイト」または「パーサイト」は長石のあらゆる種類の溶出を表すことができます。あるレベルでは、パーサイト質テクスチャはサイズによって分類されます (詳細は次で説明します)。一方、パーサイトは、「層状」または「斑状」連晶など、独自の多くの質感を持つことができます。

パーサイトの特性は次のとおりです。

  • モース硬度: 6-6.5

  • カラー:白、赤茶色、灰色、無色、黒、淡いピンク、赤、緑、青緑、茶色、オレンジ、黄色;カラーバンドが多い

  • 結晶構造: 存在する長石に応じて、部分的に三斜晶系または単斜晶系

  • 光沢: ガラス質または真珠質

  • 透明度: 透明~不透明、通常は不透明

  • 屈折率: 1.52201.538;アルカリ部分の屈折率は低く、曹長石と斜長石の屈折率は高くなります。

  • 密度: 2.55-2.69

  • 谷間: {001} では完璧、{010} では良好/顕著

  • 骨折: 貝殻状、不均一、または破片状

  • スジ:白

  • 発光: 時々蛍光 - LW-UV および SW-UV で斑点のある青と緑 (ジンバブエ標本)

  • 多色性: なし

  • 複屈折: 0.005-0.011

  • 分散: なし

  • 光学現象: おそらく虹色、アデュラレッセンス、アベンチュレッセンス

物事をさらに詳しく分析すると、パーサイトにはどのような種類があるのでしょうか?

パーサイト長石の品種アンチパーサイト上の写真: Na 長石中の K 長石 (細脈) の反パーサイト作用による連晶 |画像クレジット: Eurico Zimbres、 CC-BY-SA-2.5

パーサイトの種類

パーサイトにはさまざまな種類があり、カテゴリごとに分類できます。最初の重要な違いは、パーサイトとアンチパーサイトです。

それでは、パーサイトとアンチパーサイトの違いは何でしょうか?それは「ホスト」長石に関係しています。

主なホスト長石によるパーサイト

「ホスト鉱物」とは、岩石を構成する主な主要な鉱物であり、この場合は主長石です。ラメラはそれほど優勢ではなく、宿主の後に形成されます。このカテゴリには 3 種類のパーサイトがあります。

  • 真のパーサイト: 曹長石の層状構造を持つアルカリ母岩 (正長石または微斜長石)

  • アンチパータイト: 斜長石ホスト (曹長石および/またはオリゴ長石) と正長石のラメラ

  • メソパーサイト: ほぼ同量のアルカリ長石と斜長石長石

「真の」または「通常の」パーサイトおよびアンチパーサイトのテクスチャーは類似している場合があり、これらのテクスチャーはサイズによって区別できます。

連晶サイズ別パーサイト

パーサイトには、連晶のサイズまたは厚さによって 3 つのタイプがあります。

  • マクロパーサイト: 連晶が大きく、肉眼または基本的なハンドレンズで見ることができます。

  • マイクロパーサイト: 連晶は小さく、拡大しないと見られない

  • クリプトパーサイト: 連晶は非常に小さく (顕微鏡以下)、顕微鏡または X 線回折でのみ確認できます。

長石の種類別パーサイト

これまでの分離では不十分だったかのように、存在する特定の長石に基づいていくつかのパーサイトが分離されました。

  • パーサイト: 通常、曹長石またはオリゴ長石を伴う微斜長石

  • 正長石パーサイト: 曹長石または正長石を含む少長石

  • アマゾナイト パーサイト: 緑色の微斜長石 (アマゾナイト) を持つ曹長石またはオリゴ長石

アマゾナイトといえば…

パーサイトの宝石

鉱物とテクスチャの定義を考えると、どの宝石が技術的に「パーサイト」であるかを分類するのは少し難しい場合があります。しかし、少し話してみると、パーサイトの宝石は次のとおりです。

  • アマゾナイト: 緑色の微斜長石の変種。曹長石または乏長石と混晶した場合のパーサイト

  • ムーンストーン: ムーンストーンは交互の曹長石層を持つ正長石の変種とみなされることが多いですが、斜長石またはアルカリ長石である可能性があります。 1988年、アメリカ宝石学会(GIA)はムーンストーンの組成を「カリウムとナトリウムに富んだ長石の平行な面が交互に並び、マイクロパーサイトと呼ばれる集合体を形成している」と説明しました。

  • Rainbow Lattice Sunstone : 酸化鉄インクルージョンによって引き起こされるアベンチュレッセンスと、「溶出ラメラ (クリプトパーサイト)」によって引き起こされると報告されているアデュラレッセンスを持つ、オーストラリア産の非常に珍しい正長石の品種です。

ふーん、これで全種類がカバーできました。それではパーサイトの歴史を見ていきましょう!

パーサイト宝石虹格子サンストーン上の写真: 虹格子サンストーン

パーサイトの歴史

パーサイトは、1841 年頃にカナダのオンタリオ州で初めて発見されました。スコットランド系カナダ人の医師でアマチュア鉱物学者のジェームズ・ウィルソン博士がこの発見をしました。

ウィルソン博士は、ウィルソナイト (彼の名前にちなんで命名) とペリステライト (曹長石の一種) という鉱物を発見したことでも有名です。

パーサイトはパースまたはパース郡 (これもオンタリオ州) にちなんで命名されたため、多くの出版物はその発見がそこで起こったと誤って述べています。しかし、ウィルソン博士は実際にパースから南に約8.5キロメートル(約5マイル)離れたバージェス郡区(現在のテイバレー郡区)でそれを発見した。

ウィルソン博士は、分析のためにオリジナルの標本をグラスゴー大学の化学教授であるトーマス・トムソン博士に送りました。トムソンはこの新しい鉱物の説明(多少失敗した分析を含む)を発表し、ウィルソンがパースに住んでいたため、1843年にそれを「パーサイト」と名付けました。

1847 年から 1852 年にかけて、カナダの地質学者トーマス ステリー ハントは、パーサイトのより正確な分析を記載した 3 つの論文を発表しました。残念ながら、彼は誤ってその場所をバサースト郡区として 2 つの新聞に記載しました。

元のパーサイト標本には微斜長石が含まれていましたが、微斜長石はドイツの鉱物学者アウグスト・ブライトハウプトが 1876 年に記載するまで微斜長石が正式に記載されていなかったため、初期には「正長石」と呼ばれていました。パーサイトにおける微斜長石の存在は、1882 年にアメリカの鉱物学者ジェームス・ドワイト・ダナによって確認されました。

パーサイト ヒーリング ストーン アマゾナイト上の写真: アマゾナイト カボション

パーサイトの治癒特性

主に茶色と白のヒーリングストーンとしてのパーサイトの意味は、それぞれ茶色の宝石の浄化とグラウンディングの特性を反映しています。すべてのチャクラを整えるチャクラストーンとして使用できます。

さらに、パーサイト結晶は調和、新たな始まり、前向きさを促進するといわれています。

パーサイト宝石の特性

虹格子サンストーン、ムーンストーン、アマゾナイトなどの宝石の種類のほかに、ほとんどのパーサイトは宝石として使用されていないため、標準的なグレーディング基準がありません。ただし、共通の価値要素がパーサイトにどのように適用されるかについては、引き続き説明します。

  • : パーサイトの多くはやや退屈な白色をしているため、緑色や赤色などの明るい色のパーサイトは価値が高い可能性があります。アデュラレッセンス、イリデッセンス、アベンチュレッセンスなどの光学効果の存在も価値を高めます。

  • カット: ムーンストーン、虹格子、サンストーンなどの宝石品種でない限り、パーサイトがファセットカットされることはほとんどありません。ほとんどのパーサイトは原石 (カットされていない)、またはカボションやビーズにカットされています。

  • サイズ: カットパーサイトは、サイズが大きくなると価格が高くなる場合があります。これまでに記録された最大の単一パーサイト結晶は、サウスダコタ州のヒューゴ鉱山で発見され、35フィート×15フィート×ほぼ6フィートでした。

微斜長石標本におけるパーサイト宝石の混合と双晶化上の写真: クロスハッチ (またはタータンチェック) 双晶を伴う微斜長層で分離しているパーサイト (灰色の不規則な斑点)。クロスニコル像、倍率10倍(視野=2mm) |画像クレジット: Strekeisen、 CC-BY-SA-4.0

パーサイトの形成と源

パーサイト鉱物は、アルカリと斜長石の長石の均質な溶解混合物がゆっくりと冷却されるときに形成されます。冷却により長石が分離(溶解)します。

パーサイトはどのような種類の岩石で見つかりますか?パーサイトは、花崗岩のペグマタイトや、ダルメーション ストーンやバルガライトなどの火成岩によく見られます。

採掘場所

切断可能なパーサイト標本はカナダのさまざまな場所で見つかります。その他の重要な情報源は次のとおりです。

  • 米国アリゾナ州

  • 米国サウスダコタ州

  • ジンバブエ

  • ノルウェー

価格について!

パーサイト ムーンストーン宝石カボション上の写真: ムーンストーン カボション

パーサイト宝石の価格と価値

販売されているほとんどのパーサイト宝石は、原石 (未カット) または研磨のみされています。

きれいな桃色の手のひらサイズの原石パーサイトが、1 個あたり 10 ~ 15 ドル程度で見つかります。同様の研磨された標本は通常 20 ドルから 30 ドルです。

パース産の魅力的な標本は若干高く、1 つあたり約 40 ドルから 50 ドル程度です。

素敵なパーサイトのネックレスも 15 ドル程度で見つかります。

パーサイトのケアとメンテナンス

幸いなことに、パーサイトの宝石のお手入れはそれほど難しくありません。主な考慮事項は完璧なへき開であるため、パーサイト ジュエリーには保護設定をお勧めします。

パーサイトは、ぬるま湯、中性洗剤、柔らかい歯ブラシで掃除できます。

傷が付かないように、他の宝石とは別に保管してください。

パーサイトはあなたに最適ですか?

そこには長石がたくさんあります。結局のところ、長石は地球の地殻で最も一般的な鉱物です。パーサイトはそれらの美しい混合物を提供し、私たちの誰もが単一のものではないことを思い出させます。

今すぐパーサイトやより美しい宝石を購入してください!

このテキストは機械翻訳されました。 オリジナルを表示しますか?

この記事は役に立ちましたか?

1 人がこの記事が役に立ったと答えています

Gemstone Encyclopedia検索してください

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones

A-Z Of Gemstones
記事379
Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information

Additional Gemstone Information
記事60
Did You Know?

Did You Know?

Did You Know?
記事78
Drawing Design Awards

Drawing Design Awards

Drawing Design Awards
記事2
Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers

Gem Rock Auctions Verified Sellers
記事3
Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information

Holistic Gemstone Information
記事34
How To's

How To's

How To's is where you will find helpful articles from gem Rock Auctions on how to cut gemstones, select gemstones and buy gemstones.
記事9
News

News

News and events on Gem Rock Auctions
記事48
Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones

Technical Information on Gemstones
記事30